season colors

2020年11月28日 (土)

冬の日のプール


201128sky
よく晴れてまぶしい光でいっぱいの朝。
でも北風がつよくて木枯らしが吹きすさんでいる。
ここから先は日に日に冬が深まっていくばかりだろう。
今日はプールに行くのがちょっとこわかった。
府中街道沿いのあの樹林が、すっかり更地になってしまっているんじゃないかって。
でも、だいぶスカスカになったものの、まだぜんぶはなくなってなかった。
すこしは残されるのか、それとも単に細くて切り倒しやすい樹を先に切ってしまって、大木は後回しにされているだけなのか。わからない。スカスカになってしまった樹林の中からは今日も鳥たちの賑やかな囀り声が聞こえてきて、鳥はいつだって元気。
ここの樹がこんなに無残に切られてしまうことを思ったら、家の近所のテニスコートの跡地はまだよかった。『都内唯一の公園の中のマンション』という触れ込みのおかげか、すべてではないにしろ、主要な大きな樹は切られることなく、いまもその姿を残しているから。
2011tree-shadow
コロナのおかげでプールは11月になっても喚起のためにあちこち窓は開いてるわジャグジーは相変わらず再開しないわで、プールに入ってるあいだも出てからも寒くて、人とのコミュニケーションはほぼ抹殺された感じでちっとも楽しくないし、このぶんだと12月に様子を見て1月2月は休会するようだな、と思う。それでそのままやめることになるかもしれない。そんなに寒い思いしてプールで泳ぐことが身体にいいとも思えないし、楽しくなければお金払ってつづける意味もない。20年つづいた習慣だけど、逆に20年って、やめるにはいい節目かもしれない、とも思う。今日なんとなく、20年おなじ番号のロッカーを使っていたのを違う番号に変えてみた。つまんない、ちいさなことから大きなことまで、意識して変えていけば、いつかまったく違う景色のなかにいるかもしれない。
すべては意識と、意図することが大事なのだとしたら。

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

ホワイトセージ*

20whitesage

わたしのベランダには育てるには難易度が高いといわれる植物がいくつかあって、ばらもそのうちに入るかもしれないけれど、最も難易度が高いと思われるのがセルリアとホワイトセージ。セルリアはまだまだ栽培方法が確立されていない植物だし、ホワイトセージはたぶん、高温多湿の日本の気候に合っていないから。でも、セルリアは一鉢枯らしただけで他の4鉢は一株を除いてずいぶん大きくなって毎年花を咲かせてくれるし、ホワイトセージは3株とも元気。生活の木ハーブガーデンでほんとに小さい苗を買ってきて最初の2年は毎夏枯れそうになってもうだめかと思ったけれど、涼しくなってくるころからだんだん持ち直して、いまはどれも茎が太くなって木質化している。ここに二鉢しかないのは、一株は葉っぱが伸び放題になってたのを夏に収穫したから。葉を刈ったついでに乾燥させてスマッジング用のドライセージをつくってみたのだけれど、焚いてみたらいつもの買ったセージみたいにいい匂いがしなかった。ただ煙いばかりで。でも難易度の高い植物が元気に育つってことは、わたしは緑の指をしてるんだろうか。

昨日の夜は一晩中、北風が吹き荒れた。
その前、夜遅くに電話がかかってきて、昨夜ようやく諸々話がついて、わたしはもといた会社の仕事から完全に手を引くことができた。退職から1年2ヶ月もかかって。やっと。
それで今日は仕事上のすべてのアカウントを削除したり、サイトのログイン設定を変えてもらう依頼をしたり・・・・・・。こんどはコンピュータの中の断捨離。わたしのいけないところはもう必要なくなった相手との大量のメールが詰まったメールフォルダを削除することくらいのことでも躊躇してしまうことで、微かなさみしさや痛みを感じてしまうこと。中には、それをとっておいて再び見たからってネガティブな気持ちにしかならないのに、って相手とのやりとりもあって、それをなかなか消せない自分の馬鹿さかげんに呆れるけれど、今日はこころを鬼にしてバンバン削除した。どうしても消せない愛する友人2人のを隠しフォルダに残して。わたしは丁寧なのかアホなのかわからないけれど、それが自分なんだからしかたない。仕事に関しても14年ってわたしにとっては大した時間で、それがもたらしたもの、変えてしまったもの、パツンとなくなった影響はとても大きい。わたしは何をするにも時間がかかるんだ。しかたない。そしてこんなときにはいつも「どんな感情が湧いても自分をいたわってください」といった森さんの言葉を思い出す。その意味をこの一年ずっと噛みしめている。いつか「自分のハイヤーセルフとつながるにはどうしたらいいですか?」とわたしが訊いたら、その答えは「浄化と瞑想とグラウンディングです」だった。けだし明快。
わたしは今年ずっとそれをやってきたのだ。
コンピュータの中を片づけて、いらなくなった仕事の資料をぜんぶシュレッダーにかけて掃除をしたら、またセージを焚こう。キッチンを掃除してガスファンヒーターをつなげて冬に備えよう。それからちょっとずつ、ほんとうの自分になるためのリハビリをはじめよう。わたしはもう14年前のわたしじゃない。
ゆっくりでも、いまのわたしなりのやりかたで。

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

11月

2011sazanka_20201104091201

11月だ。
朝カーテンをあけるとサンキャッチャーからいっせいに虹が放たれて、いつのまにかすっかり冬の陽射し。今年は月が変わるたび毎月思うけど、時間がすぎるのが早すぎて、今年もあと2ヵ月で終わりだなんて嘘みたい。
今日は晴れていいお天気になったから、娘と2人でまた昭和記念公園に行った。
このあいだコスモスの丘でやっとベストな撮影ポイントをみつけたから、日の高いうちにそこで写真を撮りたいと思ったのだけれど、平日とはちがってさすが今日はお天気のいい日曜だけあって、すごい人混み。みんな家にこもりがちな生活で自然を欲してるんだと思う。花の丘に着けば、そこもコスモスをバックに自分のこどもや孫や恋人を撮るのに夢中なひとでいっぱいで、みんな自分のことしか考えてなくて、撮影の邪魔になるひとに大声で文句をいう男のひとまでいて、うちの娘はどこまでも天使系のひとでそういうのが耐えられないからみるみる表情が曇ってきて、早々にあきらめてランチをするベンチを探しにいった。
かろうじてまだ日の当たるベンチでサンドイッチとハーブティーで遅いお昼をすませたあと、原っぱのまんなかにある大きな樹の向こうに太陽が沈んでゆくのを感じながら、20分瞑想した。原っぱで遊ぶひとたちの声、近くを通り過ぎてゆくひとの話し声、鳥のさえずり、虫の羽音、ときおり風で揺れる樹々の葉擦れの音・・・・・・。家で瞑想してると20分って長く感じるのに、外ではあっという間なのがおもしろかった。
ひとは同じ場所にいる(と思っている)ときでも、実際には一瞬一瞬、次元を移動していて、瞑想前と後では違う場にいるという。とするならば、我々が明日まったく違う場所にいたっておかしくないってことだ。
だとしたら、、、、、、さあ、どこに行きたい?

写真は、駅に行く途中、「きれいだ!」と思わず撮ったサザンカ。
青空に向かって、爽やかな白の、凛。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

秋の空

201005sky
今朝、窓をあけたら一面のうろこ雲!

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

キンモクセイのにおい

2001kinmokusei
ゆうべ中秋の名月を見ようとベランダにでて、最初にはっとしたのは
月じゃなくて大気だった。
あたりを満たす、キンモクセイのにおい。
いつの間にかまたこの季節がやってきたんだ。
東の空にまるい月。
人の世界は相変わらず混沌としてるけど、人以外の自然は
時がくればいつもどおりの季節の表情を見せてくれて、
それってなんてことないことのようで、
なんというありがたさ。
今日の夕方、相棒(カメラ)連れて買い物がてら自転車でひとっ走りして
大きなキンモクセイの樹の下に。
わたしの住んでるここは緑だけが豊かな町で、それだけがよい町。
ずっと仮住まいみたいな気分で、いつか出て行こうと思いながら30年が過ぎて、
いいかげん飽き飽きしてるのはたしかだけれど、でもそれだっていつかここを離れたら
懐かしく、愛しく思うんだろうか。

夜、今日もベランダにでて何もない空を見上げて待っていたら
シャイな月がおずおずと分厚い雲のあいだから顔を見せた。
牡羊座の満月。
201002-fullmoon-01

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

復活のばら

2009easter-rose
そのひとの名は『復活のばら』。
忘れないようにここに書いておこう。
もしわたしが現実にうちのめされそうになったら彼女のことを思い出そう。
ここから脱出する方法はいくらでもあるって思おう。
わくわくを生きよう。

台風一過の今日。
風はまだつよい。
熱い陽射しの下で無心に植物の手入れをして、徹底的にベランダを掃除していたら、乾いた熱いコンクリートの上に汗が落ちた。この瞬間のプレゼンス。
わたしのちいさなベランダガーデンは隅々まで浄化され、わたしは身体の芯から汗をかいてデトックスした。
それからバスルームに飛びこんでシャワーを浴びた。
窓から入る晩夏の陽射しにきらきら輝く水滴・・・・・・。
今日は父が亡くなって2回めの命日で母の誕生日でマリアさまの誕生日だ。
ハレルヤ!

| | コメント (2)

2020年9月 3日 (木)

今日の空

200903sky
今日も朝から雷が鳴ったり激しく降ったりやんだり晴れたりと、目まぐるしく天気が変わる一日だった。たったそれだけのことで人間は振り回される。まったくもって計画通りに物事がはこばない。
いったい、わたしは何をやってるのかなあ、、、と思わないではないけど、いまさら焦ったところでどうなるわけでもなし。思うようにならないときはしかたがない。

夕方、晴れてきれいな空。
いつも夏から秋にかけては雲がきれいで、空ばかり見ている。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

向日葵のある食卓

2008a-table-with-sunflowers

このあいだ石田ゆり子さんのインスタグラムから雅姫のに飛んだら、キッチンにたくさん向日葵がいけてあって、それがとても絵画的ないけかたで、素敵だなと思った。
美しい日常を生きる、美しいひとたちの自然な記録。
それってまさしくパトリス・ジュリアンのいう『生活はアート』だなって思う。
彼が東京で活躍してた時代。それに憧れてた時代。
その頃といまではもうあまりに何もかもが違って見えるけど、ほんとうにそうなんだろうか。この世界にタイムラインは無数にあるっていうよ?
8月も今日入れてあと4日。
向日葵のある食卓。
魔法の水にいけてあるからきっと長持ちしてくれると思う。

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

8月最後の向日葵

200827sky-01
昨夜は夜遅くなってからものすごい音で雷が轟きはじめ、窓に稲光がピカピカしてこわかった。
夜のあいだにずいぶん降ったみたいだ。
朝起きるころには台風一過みたいな青空に雲がもくもくしていて、典型的な夏空。
そしてモーレツな蒸し暑さ!
今日は一日、雲の様子がすごかったけど、それを撮る間もなく午後遅くなって郵便局に郵便物を出しにいって、支払いをすませて通帳記入をして数字を見たら思いのほかたくさん引き落とされていて、うわっと思った。25日のペイデイにお給料が振り込まれなくなって今月でもう1年たつのに、たいていの支払いはその直後に行われるということをときどき忘れちゃっていて、はっとする。それできっと、ちょっと落ちちゃったんだろうね。フーガ珈琲でコロンビア・スプレモを200買って、家に帰って珈琲を入れて娘と飲んで、ふつうにしてたつもりだったんだけれど、うちの家族は大なり小なりHSPなひとたちで人の感情に敏感だ。
夕方、コンピュータの前で黙々と求人検索しているわたしに、マスクをしてトートバッグを肩からさげた娘が「ちょっと散歩してくる」といって出て行った。
200827sky-02
すぐ横の窓から見える空には半月よりすこし太った月が浮かんでいて、それからしばらくしたときだ。
雲行きがあやしくなってきたな、と思ってベランダに出たら、雨がぱたぱた降ってきた。
まずい、またゲリラ豪雨になるかもしれないぞ。
もうそこらへんにいるかもしれない娘に傘でも持っていくか、と思ったけれど、そういうときって、およそちゃんと出会えたことがないのだ。
あきらめて家にいたら間もなく玄関のドアがあく音が聞こえて、娘が帰ってきた。
なんと手にひまわりの花束を持って。
たいして雨には降られなかったみたいだけど、頭からシャワーを浴びたみたいに汗をかいて。
国分寺まで、花を買いに行ったらしい。
そういえばこのあいだから向日葵がほしいっていってたもんな。
さすが娘、よくわかってる。
いまの時期いちばん大切なのは、自分自身や、自分のまわりの人を気持ちよくさせることなんだ。
いやあ、8月最後の向日葵。すごくきれい。
花をいけるたび、「ほんのわずかでもいいから部屋に花を飾ってください」と家が懇願したという、ホ・オポノポノの話を思いだしてしまう。
向日葵を置いたら食卓がひときわ明るくなった。
部屋も喜んでるね。
2008himawari

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

朝のイマジネーション

2008morning-scenery
わたしは Honami さんのように毎日早起きはできないけれど、
朝起きると彼女の朝のルーティンのように家じゅうの窓という窓を開け放す。
8月になってやっと晴れた朝、玄関のドアをあけてふっと見たら、
目の前の書の額に南の青空が映っていてはっとした。
風に揺れて玄関のティンカーベルのチャイムが鳴る。
そんなことにも感謝の気持ちが湧いてくる。
今朝もこうして青空とともに在るということに。
そしてしばし、あの青空の下に海があることを想像をして、それにひたる。
昔から海の近くに住むのはわたしの夢だ。
つくづくあのとき父は房総に土地を買っておくべきだった。

今日の朝の桃は、黄金桃。
その名の通り黄金色の果実。
シャングリラ。
濃厚な甘さ。
Honami さんって誰だ、と思った方は YouTube で検索してください。
2008ougonntou

| | コメント (0)

より以前の記事一覧