season colors

2018年7月14日 (土)

錆びた自転車か公園のブランコ

18hydrangea_in_july

身体の軋みは朝おきたときがいちばんひどい。
起きようとすると右肩に痛みが走って右腕をどうしたらいいかわからない、自分の身体を持て余している自分がいて、どうやって起きようかと布団の上でしばらく考えてしまう。これじゃまるで動くたびにキーキー鳴る錆びた自転車か公園のブランコみたいだ。起きたら起きたで腕を棚にのせときたいくらいにしんどい。腕がこんなに重たいものだったなんて。ゴリラやオランウータンはあんなに長い腕を肩からぶらんぶらん垂らしてて、首や肩がおかしくならないんだろうか。そこは人間と骨格がちがうから?
そんなふうで、腕が回るんだろうかと不安に思いながら泳ぐ気満々だなんてまったくどうかしてると自分でも思う。競泳水着ってキツくできてるから、肩が痛いと水着を着るだけでも一苦労・・・・・。そんなにまでしてプールに行こうとするのは重力から解放されたいからなのか、いっときでも水中に痛みをリリースできると思うからなのか、自分でもわかんない。でもプールに行くことくらいしか思いつけないほど今日も朝からモーレツな暑さ。人死にがでそうな暑さだ、とはベランダで洗濯物を干していた娘の言。

さすがに今日は先週より泳げなかった。
肩も腕もぜんぜん思うように回らなくて。
ビリからちんたらちんたら自分のペースで無理しない程度に泳ぐのがやっと。
泳ぎ終わってクラブの外へ出るやみんな口々に「あっつい!」と叫んだ。
そしたらFさんが「でも豪雨の被害に遭って避難してる人たちのこと考えたら、暑い日にプールで泳いでるわたしたちは贅沢で申し訳ないようだよね。」といった。
うん、ほんとにそう。
ふだん何気なく享受していることも何かひとつ失ったら成り立たないのだということ、いつも忘れないようにしないとね。
それで、大事にしないと。
帰り、いつもの路地で曲がって目線で探したら、いたいた。
猫おじさんちの家のデッキで失神してるみたいに伸びてるパンダ。
君もそのご老体で今年のスーパー猛暑はさぞかしキッツイだろうけど、でもなんとしてでも生き延びてくれ!!

180714panda

| | コメント (1)

2018年7月 7日 (土)

サルビア・ディスコロールが咲いた *

18salvia_discolor

モルダナについでサルビア・ディスコロールが咲いた。
これも去年、咲かなかったハーブ。
花がついたのはやっぱり一輪だけだ。
黒い花がブラックドレスみたいにシックなセージ。
セージってハーブのサイトで見るとほとんど虫がつかないって書いてあるけど全然そんなことはなくて、葉裏にベタベタした白い綿毛みたいなものを出す虫がいっぱいつく。セージの白い葉裏や白い茎に擬態するようについてて、ぱっと見ただけじゃわからないくらい小さな小判型青白いの変な虫。このサルビアだけじゃなくてホワイトセージにもいっぱいついて、みつけるたびに歯ブラシでこそげ落とすけど見るといつもついてる。今日はかわいいラムちゃんにまでついてて嫌になった。
今日、2週間ぶりのプール。
昨日みたいなひどい雨だったら今日は行かないつもりだった。
重たいプールバッグさげて傘を持って歩くにはあまりに肩が痛すぎて。
でも雨が降ってないとなったら行くしかない。
こんなんで動くんだろうか、肩と腕。
間違っても今日はプルのドリルばっかり、なんてことにならないことを祈るだけ。

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

嵐みたいな

18monarda_didyma_01

昨夜は一晩じゅう、風の音がすごかった。
暑いから窓をうっすらあけて寝たのだけれど、あんまり戸がうるさくガタガタいうからあきらめて閉めきって寝た。
今朝もまだ嵐みたいな風が吹き荒れてる。
空を見上げると雲の様子もなんだかすごいから、また台風でもくるのかなと思って予報を見たけど、そういうわけでもないらしい。
娘がここ数日は強風マークがついてた、って。
台風でもないのにそれってなんで? 季節風じゃない。 季節風? モンスーン。
そんな会話をした。
夏の南風。
今日もすごく蒸し暑い。

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

ベルガモットの花が咲いた *

18monarda_didyma

去年ひとつも花を咲かせられなかったベルガモットの花が咲いた。
ベルガモットの花をはじめて見たのはコトリ花店。
変わった花を仕入れるのが好きな店主らしく、緑のガクから伸びた花びらが噴水みたいで、なんだかヘンテコな花だな、と思った。
和名は『タイマツグサ』。
これはホワイトだからあんまりイメージが湧かないかもしれないけれど、赤だとほんとに燃えさかる松明のよう。

モルダナといえば去年の初夏、パン屋さんに行った帰りに野火止め通りを走ってて、思わず「あ!」と自転車を止めたことがあった。
舗道の脇に、濃い赤紫のモルダナが見事に群生して咲いてて。
ハーブ園以外でそんなにたくさんのモルダナが咲いてるのを見たことがなかったから、こんなところにモルダナが、と思って驚いた。
よく見ればモルダナのほかにもチェリーセージやアナベルなどいろいろ植えてあって、どれも大きく育って元気な花を咲かせている。うちのベランダとは大違い。
土壌的には石やがれきがゴロゴロしてて、けしてよさそうな土とは思えないのに、いったい誰がこんなところに、こんなに上手にハーブを育ててるんだろう、と不思議になった。
そうしたら後日、花の手入れをしているおじいさんを見かけて話すことができた。
もとは農家をやっていて、リタイアしたいまは誰に頼まれてやってるわけでもないけど、ただ老後のたのしみとして、身体が動くあいだは、と思ってやっているという。
そうか、農家か。土と植物のことを熟知してるんだ、とわたしは思った。
その日も暑い日だったのに、80近くなってそれができるのはすごいことだと思う。
モルダナは、花が咲き終って秋になるとタネがまあるくボール状に残り、それがまたドライフラワーみたいで渋くてかっこいい。
そのおじいさんのおかげで、そんな秋のモルダナの様子を見ることもできた。
ささやかな生活のたのしみ。
そういうのを見るたびにわたしは地面ってすごい、と思う。
それにくらべて、わたしのベランダガーデンのハーブは小さな鉢の限られた土の中でいかにもひ弱な感じだけれど、宿根草のいいのは虫がいっぱいついて茎を短く切りつめても、冬に枯れたようになっても、水さえ完全に切らさなきゃまた元気に芽を出すこと。このモルダナも2年めにしてやっと咲いた。
ベルガモットは大好きな精油。
花も葉もとてもいい匂い。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

雨の季節のはじまり

18little_white_pet

今年はなんでも早いから、5月のうちに梅雨入りしちゃうのかと思ったらそうでもなかった。そうでもないところが自然の面白いところ。
今日、朝からしずかな雨。
関東も梅雨入り。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

爽やかな朝

18fair_bianca01

爽やかな朝。
爽やかなグリーンアイ。
爽やかなレモンドレッシングのキャベツとコーンのサラダ。
昨日もらったヴィエイユさんのぱんと。

18lemon_dressing

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

モスキートの季節

18mosquito

窓の外は雨。
外は半袖じゃ寒いくらいだけど、家の中は蒸し暑い。
窓をあけ放したまま仕事してたら蚊が飛んできたから働き者のジェントルマン登場。
またこの季節がきたか、と思う。
おひさまさえ出てれば元気なわたしはちょっとブルー。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

レモンジンジャー

18lemon_ginger

息子は整体に行くようになってから仕事に行く日の朝は珈琲はのまない。
身体を冷やすといけないからって。
珈琲が身体を冷やすかどうかは別として、カフェインを減らすのはいいと思う。
とくに息子のように腸が弱い人にとって。
それに食事と一緒に、あるいは食後すぐに珈琲をのむと、食事に含まれる鉄がカフェインに吸着されてしまって貧血になるから。
それでずっと平日の朝はヨギのレモンジンジャーティーとか出していたのだけれど、一昨日わざわざさんのブログを見たら、ポットに新生姜をすりおろして輪切りにしたレモンを入れて熱湯をかけただけのレモンジンジャーティーがめっちゃおいしい、とあったから、翌日からやっている。ちょうど近所のスーパー・マーケットで和歌山県産の小さなレモンがまとめて袋に入ってるのを売っていたから。わたし、人からいいといわれるとわりかしなんでも素直にやってみるほうです。
で、やってみたらほんとにおいしい。
簡単だし、高いお茶を買うより安上がりでいいかも。
わざわざさんのブログにもあったけど、このところ暑かったり寒かったり湿度がすごかったりで自律神経がおかしくなりそうだから、身体を温めるのはいいと思う。
息子は3ヶ月はつづけなきゃならない、という。
それで、わたしも娘も最近はこれ。
おいしい珈琲はランチかおやつの時間にとっとくとして。

| | コメント (2)

2018年5月17日 (木)

いちごジャムの季節

18tochiotome

ひさしぶりにそら屋さんに加工用のいちごが入るっていうから予約して、今日うけとりに行ったのだけど、自転車で走っていても暑くて暑くて、これって5月の暑さとは思えない、どう考えても7月くらいの暑さだよ、と思った。同時にこれだけ急に蒸し暑くなったら、下手したら父は熱中症になるぞ、と心配になった。
おととい火曜に夕飯ヘルパーに行ったら、もう暑いというのにまだフリースのベストを重ね着していた父。それどころか妹が昼休みに帰ってきたらホットカーペットがついてて、電気ストーブまでつけてたというから、いくら体温調節がうまくできなくなっているとはいえ、いったいどこまで感覚がおかしくなってるんだろうと思う。冬からずっと言いつづけてる父の口癖は、「いまは寒いけど、暖かくなったらゆっくり歩いて公園に散歩に行くんだ」、だけれど、この蒸し暑さじゃ水も飲まない、ろくろく食べてない父はそれこそ命取りだと思う。
店に入ったら店長は店長で、この蒸し暑さは去年、自分が熱中症になったときとおなじ感じだから、いまクーラーをつけようかどうしようか考えていたところ、という。
ふぅ、やれやれ。まだ5月だっていうのに、今年はなんでも早すぎる。
これじゃあ、いちごジャムを作るんだって汗をかきそう。
蒸し暑い時期のいちご、というとすぐ頭に思い浮かぶのはルキノ・ヴィスコンティの映画『ベニスに死す』で、ビーチで椅子に腰かけて貴族らしく(暑苦しく)盛装した主人公の老作曲家アッシェンバッハが、どす黒くさえ見えるいちごを食べていたシーン。あんなにいちごが不吉な食べものに見えたのはあの映画だけ。
酷い連想になったけど、買ってきたいちごはいちごづくりの名人、奥木さんのいちごだそうで、加工用といっても露地物の不揃いな小さい粒のいちごじゃなくて、ジャムにするのがもったいないような、そのまま食べて十分においしい良質のいちご。
これをまず50度洗いしてヘタをとり、琺瑯の鍋に入れて糖度30%になるように洗双糖を入れてしばらく置いておく。果汁が上がってきたら鍋を火にかけ、焦がさないように木べらで掻きまぜながらどんどんアクが出てくるからアクをとり、最後にレモン1個分の絞り汁を入れてよく混ぜて適度に煮詰まったらできあがり。あらかじめ煮沸消毒しておいた瓶に詰める。今年はいちごを1キロしか買わなかったから保存用に糖度を高くする必要もないし、ゆるめに仕上げるつもり。
いちごジャムなんて1年中どこででも買えるけれど自分で作ったのは格別で、この時期だけの贅沢な味。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

白い花が風に揺れるころ

18sendan

プール帰り、自転車をこぐわたしの前からふわーっと風が吹いてきて、目の前の大きな樹木が揺れて木漏れ日に白い花がきらきら。
涼しげなセンダン。
でも午後から気温が上がって外は暑い。
瞬く間に今年もこの季節がやってきたんだ。
今日は子供がふたりとも出かけて一人になれる時間があるから、買いものに洗濯、掃除に夕飯の支度だけで終わっちゃうんじゃもったいない。
家事を終らせたら珈琲をいれよう。
自分のためだけに。
野力奏一さんの『Piano Solo』をかけて・・・・・・

18sendan_01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧