しあわせの力♡

2017年3月26日 (日)

川越八幡宮

17kawagoehachimangu

子供のころから西武線の『本川越』に乗っているのに、いままで一度も終点の本川越まで乗ったことがなかったのです。
わたしの子供たちは小さいころ母に菓子屋横丁に連れて行ってもらったりして何度か行ったことがあるのだけれど、わたしはそのころ土日も関係なく働く身だったから一緒に行くどころじゃなかった。
今日、外は一日つめたい雨だったけど、もう夕方ころになって「行くなら今日しかない!」と思い立って行って来ました。
なぜかというと、ここは足腰の健康にまつわる神さまが祭られているから。
子供が小さかったころよく見ていたTV『日本昔ばなし』でも紹介された『相撲をとった狐さんの話』に由来しているそうです。
近々、ちょっと大変なオペを受けることになった友達のために、オペが無事に終わってまた元通り元気に歩けるようになるように、それから、この友達とわたしの父が一生自分の足で立って歩けるように、しっかり祈ってきました。

それと、、、今日のお目当てはこれ。
足腰のお守り。

17kawagoehachimangu_01

足あとが付いてて、なかなかユニークなお守りです。
そしてユニークといえば、ここには『ぐち聞きさま』といって、聖徳太子の姿をした神さまもいて、この神さまに悩みを聞いてもらうと心がすっきりして心穏やかにすごせるそうです。
わたしは基本、『言ってもしょうがないことは言わない』という主義なのだけど、このところストレスを感じることが多くて、ちょっとお姿を見て話を聞いてもらいたいようだったけど、あいにく今日は時間が遅くてもう見ることができなかった。代わりにストレスに弱いうちの家族みんなのために、心安らぐお守りを買ってきました。このお守りが向かい合った二羽の白い小鳥ついた、なかなかラブリーなお守りなんです。
クリーム色とピンクとあって、息子・娘・自分のために色違いで買ってきました。

17kawagoehachimangu_02

かつての城下町だった川越は、『時の鐘と蔵の町』といわれるように、情緒あふれる古い蔵造りの町並みが有名な観光名所です。
今日は帰りに蔵のカフェでもみつけてお茶でもして帰ろうと思っていたのだけれど、お守りを買うとき住職に聞いたら、ここから徒歩だと蔵の町まではかなりあるし、早い時間に閉まってしまうお店が多いというので、雨もひどくなるいっぽうだし寒いので、今日はあきらめてまっすぐ帰ってきました。

うちからだと電車に乗ってもたったの30分。
こんな近いところにこんな観光名所があったとは。
いつか天気のいいお休みの日に、ぶらぶらお散歩しに行きたい。

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

PowerVoiceミーティング♪

17a_la_campagne

今日は午後から素敵な人と仕事のミーティング。
自分のほうが早く着いて待ってるつもりが、電車が遅れてタッチの差で先に着いた彼女。
わたしが席に着くなり配色の違う2冊のノートを差しだして「早苗さん、どっちか好きなほう取ってください」っていうから「じゃ、ピンク!」といってピンクと緑の配色のノートをもらったのだけど、これあんまり軽いから思わず2冊買っちゃったんです、って。
もう2時なのにまだお昼を食べてない彼女がランチをすませるあいだ軽く話をしていて、彼女何をいいだすかと思ったら、わたしが彼女にはじめて送ったメールをカギ付けて保存しておいたんだって。
なんだ、彼女もわたしとおんなじだなあ、と思った。
わたしも直さんからきたメールをカギ付けて保存してたりするから。
(いや、といっても「今日はライブに来てくださってありがとうございます!」みたいな、なんてことないフツーのメールなんですけど。)
そのメールが昨日、携帯いじってたらふいに出てきて、それ読んだらあらためてそのときのわたしの熱さが伝わってきて、これまでずっと自分1人で孤独に仕事してきたから、早苗さんのこと仲間なんていっていいのかわからないんですけど・・・・・、といいかけたから、わたしは「何いいたいのかわかった! でもそんなの、わたしだっておんなじだよ!」といったのでした。
彼女はこの十数年、本社から遠く離れて1人で黙々と様々な葛藤を抱えながら仕事してきたわたしにはじめてできた仲間、というか相棒です。
つまらない相手だといくらでも黙っていられるわたしだけど、この相棒とだといくら時間があっても足りないくらい話は尽きなくて。
ひとつのことからいろんなイメージが湧いてくるし、いろんな可能性、やりたいことが見えてくる。声のこと、からだのこと、歌のこと、音楽のこと、言葉のこと・・・・・・
そんなわけで今日も気づけばあっという間の4時間。
よくまあ、これだけ仕事のことを夢中で話しつづけられるもんです。

世の中にはいろんな考え方の人がいて、自分がやってることを頭から否定されることもあるけれど、そういうことももうあんまり気にならなくなってきました。
自分がこれだけ面白いと思うことは、自分とおなじように面白いと思ってくれる人がきっといると思うからです。

そういうわけで、5月に東京でまたPowerVoiceセミナーやります!
詳細は近々、オフィシャルサイトから告知予定です。

滅多にないこと、仕事の宣伝でした(*^-^)

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

ウェイクアップ・コール

17herkimerdiamond

時は片時も止まっていなくて、ひとたび満ちた月は満ちた端からまた欠けていく。
移ろうひかり。時間。
彼女のことは今日から『ウェイクアップ・コール』と呼ぶことにした。
そうすれば物言いに乱暴で意地悪なところがあっても、全ては人の目を覚ますために現れた人なんだと思えば、それさえありがたいと思えるかもしれない。
欠けていく月とともに自分の中にあるよけいなものも捨ててしまおう。
さよなら、昨日までのわたし。

写真は、『ウェイクアップ・コール』といったらこの石。
わたしの宝物のハーキマー・ダイアモンド☆

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

バースデー・フラワーと今日のオラクル*

17birthday_flowers

食卓に花がある。
娘がわたしの誕生日に買ってきてくれた花。

17ranunculus

そのままコサージュにしたいような、かわいい絞りのラナンキュラス。
こんな絞りのラナンキュラスを見たのははじめてかもしれない。
これが今日のいちばんいいもの。
で、今日もしあわせな一日がおくれるはずたったのだけれど残念。
昨日の夕方から胸に引っかかってることがあって午後には苦しくなって、そうだ、Close Your Eyesで買いものをするといつも付いてくるオラクルカードがあったっけ。
と思って届いた封筒をあけてみると、カードにはこんな言葉が書いてあった。



   無理に何かをしようとしてはいけないよ
  人生をなすがまま解き放ってあげなさい
  見てごらん
  神は毎日何百万個の花を咲かせているよ
  つぼみになんの力も加えないで

            バグワン・シュリ・ラジニーシ



それで、ふう~っと固くなったみぞおちがゆるんだ今日のわたしです。
それにしてもよくもまあ、毎度こんなぴったりなカードがやってくるもんです。
おそるべし、波動。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

朝の月とおひさま。

170125morning_moon

朝おきてベランダに出たとき、まだおひさまは昇ってなくて、
空のたかいところに細い月だけがあった。

冬の太陽はとてもゆっくりと昇る。
でも、ひとたび昇りはじめたら、その光はすごくパワフル。

太陽のエネルギーを目いっぱい身内にとりこんで、
深く、大きく深呼吸する。
自分のしろい息が蒸気機関車みたい。

部屋にもどって、掃除をしようと部屋中の窓をあけて、
部屋に散らかった資料を拾いはじめたら、
下から知樹さんのZINE『やさしいともだち』がでてきて、
何気なくひらいたページに書いてあった言葉。



 あなたの部屋の窓は
 あなたにしか開けれないんだよ
 風をよぶのはあなた
 風に吹かれるのはあなた



今日もあたらしい一日がはじまる。
もうすぐ新月。

170125the_rising_sun

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

Fortune remedy ☆

17fortune_remedy

Hello darkness, my old friend
I’ve come to talk with you again ......

ときどきほんとに自然にこの歌が頭の中で流れ出すときがある。
ほんとに暗い気持ちでいるとき、落胆したとき、どうしたらいいんだろうってとき。
友達の娘は若干16にして「いったいわたしはどこに美しさを置いてきたんだろう?」といったそうだけど、あんなに無邪気に天真爛漫に笑ってた子がいつの間にか自然に笑えなくなった原因ってなんなんだろう。わたしにしたって、だんだんありのままを自分を受け入れられなくなってきているような気がする。
人が内に抱えてるものは外側からはほとんど見えない。
あんなにいつも穏やかで温厚そうに笑ってる友人が、ときに鬱に陥りそうな自分と闘ってるなんてきっと奥さんだって知らないだろう。
いま目の前の真っ赤な美しい林檎も時間が経てばいずれ萎れて腐っていくのは理の当然として、でも人間は林檎じゃないからいつだって諦めることなく自分の内なる光を見出していかないとね。
今年はたぶん、それを徹底的にやる年。
深いところから何かが変わっていく年だと感じるから。

今朝、ニュージーランドから小包が届いた。
箱をあけたら、オーダーしたいくつかのフラワーエッセンスとともに2017年のフォーチュン・コロンがプレゼントで入ってた。オーガニックなオイルと数種類のエッセンシャルオイルでできた、いい匂いのするロールオン・アロマ。
これは新月から使おう。
手首にくるくるっと塗って鼻からスゥーっと香りを吸い、ホッと息をつく。
きっとうまくいく
の、おまじない。

17fortune_remedy_01

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

Son's birthday

16sons_birthday

やっと晴れた。
そして昨日はどうなることかと思ったけれど、なんとか体調を立て直した。
まだ喉のイガイガと咳は残ってるけれど、なんとかなるだろう。
朝から大量の洗濯物と掃除。
家から病の気を一掃するために。

今日、息子の誕生日。
プレゼントは、このあいだみつけたネイビーブルーのピンストライプのジャケットと、アムレテロンさんで買った音楽の本。

【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史
憂鬱と官能を教えた学校

著者は息子の好きな菊池成孔と大谷能生。

気に入ってくれるかな?
夜は早めの夕飯を外に食べに行って、今夜も早く寝る!

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

Son fils

16son_fils_5

昨日、夜になって買いものに行こうとしてポストを覗いたらきてた。
一時帰国しているらしい、パリ在住の画家で造形作家の山下美千代さんから、いつかグループ展に行ったお礼のポストカード。
葉書にはフルネームとアドレスも書かれていて、これだけで彼女がどういう人かわかるな、と思った。
もう長いつきあいになるのに住所さえ知らない友達がいて、それをなんとなくさみしく思うわたしは、やっぱり言葉の人だからなんだろうか。自分の住んでるところもあかせないほど自分は信用されてないのかと思うし、何か思い立っても手紙も送れないし、荷物も送れない。

ポストカードの青い目のうつくしい赤ちゃんを見ていたら、自分がはじめて赤ちゃんを産んだときのことを思いだした。
あの日は満月の夜で、待機室に入れないほど出産の迫った妊婦さんがいて、わたしはストレッチャーに乗せられたまましばらく暗い廊下で待たされた。待機室のベッドに移されてからはおなじ病室にいる5人の妊婦がうんうん唸る声をさんざん聞かされて、いざ自分の番がきて分娩室に運ばれると陣痛が弱くなってしまい、「赤ちゃんの心音が弱くなってきた!」と叫ぶ医師の指示で酸素マスクを付けられるすごく緊迫したシーンがあってこわかった。
けっきょく、陣痛誘発剤を打ったら一気にお産は進んで赤ちゃんは無事に生まれたからよかったものの、一気に出てきたことでわたしは大量出血をして重度の貧血に陥った。それからはもう何がなんだかわからないまま縫合され点滴の管を付けられ取りあげられたばかりの赤ちゃんを横に置かれて家族と対面した一瞬があり、そのまま病室に運ばれて24時間歩行禁を言い渡されたのだった。

赤ちゃんに髪が触れると不潔だから、という理由で長いおさげ髪にキッド・ブルーの乙女チックなナイティを着て、点滴を付けられたわたしはよっぽど頼りなく、幼く見えたんだろう。まだ動けないでいるわたしのところに翌日、脈と血圧をはかりに来た年配の強そうな婦長さんに「まあ、なんて細い腕してるの! こんなんで子ども育てられるの?!」といわれた言葉はそのときのわたしにはすごくキツかったなあ・・・・・・
6人部屋の病室はなんだか女子高時代の修学旅行みたいでいつも賑やかで楽しかったけど、みんなより一日遅れて変な時間に車椅子で新生児室に連れて行かれ、出産後はじめて自分の子どもと対面したときのことはいまでも忘れられない。
ナースから渡された赤んぼは泣いてもなくて、一日たっているとはいえ、とてもきれいな顔をしてた。わたしが抱くと黒目がちな瞳をこちらにきょろっと動かして、まるで「みんなわかってる」とでもいいたそうな顔で静かにまっすぐわたしを見たのだった。
このときからわたしがこの子に感じていたのは、不思議な静けさ。
静けさと、賢さ。
それから若いナースが、おかあさんこと見てますね、ちゃんとわかってるんですね、といって、わたしはその言葉に思わず泣いた。
そんな、自分にとっては大変だったお産が、あとで医者からもナースからも「安産だった」といわれて驚いた。ふつうに満月の潮力によって起こる出産はみんな安産なのだそうだ。
健康な女性だったら誰でもできる出産だけど、実はほんとうに大変なこと。
ほんとうに大変で奇跡的なこと、と思う。

今日から9月。
9月は母と息子と親友の月。
夕方6時過ぎからは乙女座の新月。
9月は現実的な月だ。
でも足が地にしっかりついてなければ夢はただの絵空事でしかない。
しっかりグラウンディングして夢に備えよう。

| | コメント (4)

2016年2月29日 (月)

閏日

16uruubi

2月もやっぱり、逃げる、かな。
誕生月の2月も今日で終わり。
でも今年の2月は1日多くて得した気分。
今年もやっぱりいろいろあるね、と息子。
2月もほんとにいろいろある月だった。
良いこと悪いこといろいろあったし、行きたかったライブにも1回しか行けなかった。
喜び悲しみ頭にくること、落ちこむこともあったけど、でも去年よりいい月だったと思えるのは、去年にくらべて自分がだんぜん元気なこと、かな。
去年のいまごろは最悪だった。
痛いとこだらけで。
つまり、体調的には一山越えたってところなのかもしれない。
それに今月はしあわせの種をひとつ手に入れた。
それは7月、いつも家族が食卓を囲むダイニングルームで花ひらく。
見慣れた部屋にあたらしいエネルギーが注がれるとき。
たぶん、まるで変ってしまう。
それがいまからとってもたのしみなのです。
先の未来にたのしみがあるって、しあわせなことです。
まさしく、しあわせの種。

それにしてもペペペさんのカレンダー、
4年分まとめて祝われちゃうのってヤダね。

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

son anniversaire

160218sky

あのひとの誕生日。

気持ちのいい天気の日でよかった!

如月。

大気はきりっと澄んで清々しく、昨日おとといの寒さもちょっとやわらいで

陽射しには微かに春の気配。

この感じ。

幸福の硬い種がぷちっと弾けるような。

すべての物事をわくわくするかしないかだけで取捨選択できたらどんなに

楽しいだろうな!

今日はわたしにとってもとくべつな日だった。

ある種記念日的な日。

人が聞いたら大げさだっていうかもしれないけれど。

またあたらしい一年。

vivid な人生を!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧