Health&Beauty !

2017年1月14日 (土)

冬のアロマバーム

17aroma_balm

いよいよ空気が乾燥してきたので、ひさしぶりにアロマバームをつくった。
ホホバオイルにカレンデュラオイル、シアバターにビーズワックス、それにネロリにフランキンセンス、ベルガモットにラヴェンダー・アルパインの精油を入れて。
材料さえあればつくるのはなんてことないのだけれど、こんなこともできないときはまったくできない。

それとおなじで、まいあさ官足法のウォークマットをガシガシ踏んで(白湯を飲み)、オイルやアロマバームで手入れをしておければ足はいつでもきれいなのだけど、冬はそういうことをちょっと怠っただけでも、すぐに踵が荒れてくる。
ここ数日、なんだか右の踵が痛いなと思っていたら、なんと硬くなった踵にカッターで切ったみたいな亀裂が入って血が滲んでいた。これじゃ痛いわけだ。

今日、3週間ぶりのプール。
ここから厳寒のふたつきが、プールの最もつらい時期。
何よりプールの水がつめたいし、コーチの話を聴いてる時間が長いとすぐに身体が冷えてしまう。温水プールにジャグジー、シャワーを何度も浴びるせいで肌もすごく乾燥してしまうから
なんでもひとつつくるよりまとめてつくるほうが面倒がないから、アロマバームもまとめてつくった。
おなじレーンで泳ぐHさんにあげるため。
あなたからもらったアロマバームをなくならないように大事大事にチマチマ使ってるの、なんていわれてしまうと、つい何度でもつくってあげようと思ってしまう。
雪がちらちら舞って寒い午後。

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

ロコモを考える

16locomore

年に何度かやってしまうのだけど、今日は大幅に寝坊した。
枕元の携帯の時計を見たときすでに10時半。
たくさん寝たすっきり感より寝すぎた気怠さのほうが勝っていて、一瞬今日はプールはもうやめようかと思ったくらいだ。
夜のあいだ雨の音がすごかった。
西のほうでずっと消防車と救急車の音が鳴っていてやけに賑やかだった。
朝までのあいだにたくさん変な夢を見たけど起きたらぜんぶ忘れてしまった。

でも起きたらけっきょくプールに行くための動きかたをしていて、まずはとにかく朝食をすませちゃわないと・・・・・
プールに行くころ、もう雨はやんでいて、自転車飛ばしながら準備体操にはもう間に合わないかと思ったけど、途中からなんとか間に合った。
でも今日の人の少ないこと!
どのレーンも人が少なくて、わたしのレーンもいつもの半分。
今日はいったどうしたの? とコーチが首を傾げるほど。
そしてアップを泳ぎはじめて「あれ?」と思った。
ここ最近クロールを泳いでてもぜんぜん身体が前に滑らなかったのに、今日は久しぶりに滑る感覚を味わった。
今週思い当たることといえば、このあいだMBTを買ったときにもらったDVDをもう一度見直して、歩くときの姿勢を意識するようになったくらい。
せっかくMBTシューズを履いているのに、いつのまにか長年の慣れで、いいかげんな歩きかたになっていて、返って姿勢が悪くなっていたから。
まずMBTを履くと膝がまっすぐに伸びる。
それから息を吸って背筋を伸ばし、頭と首と肩の位置に気をつけて、身体の中心を意識しながらブレないようにつま先を軽く上げて踵から足の真ん中でしっかり着地して、スイングしながらまっすぐ地面をうしろに蹴るようにして歩くだけで、けっこうあちこちの筋肉にが入るのがわかって、それをつづけているとあちこち痛くなってくる。
正しい歩きかたができるようになるまではそれくらいやって、やっとMBTを履いている意味があるんだと思う。
そして、たったそれくらいのことを1週間やっただけで水の中での体感が違うってこと。つまり先週までのわたしは体幹がまっすぐじゃなかったってことだ。

先週ジャグジーで話した人が言ってたけれど、ふつうに歩けてるときは歩くために身体のいろんな部分の筋肉を使っていることなんかまったく考えずに無意識に歩いているけれど、ひとたび歩けなくなって歩かないでいる時間が長くなると、すっかり筋肉が衰えてしまって何をするにも大変だったって。いかになんでもないとき、何をするんでも自然にバランスよく身体のあちこちの筋肉を使って動いていたかがわかったって。
ほんとにそうだと思う。
人が脚をまっすぐにして立てるのだって、脚の筋肉以外にも股関節やお尻や腰や背中の筋肉にちゃんと力が入っているから立てるのだ。
このあいだ突然わかってしまったのだけれど、父の足の小指にいつもタコができて治らないのは、身体の重心が常に外側にあるからなのだった。そう思って靴の底を見たらやっぱり変な偏った形にすり減っていた。
ちなみに外に出たら前から来る老人の歩きかたと脚の形を注意して見るといい。
かなり多くの老人が膝が笑って(股関節がひらいて)、ひどいO脚でカニみたいによちよち歩いている。
老人だけじゃない。
街にでるとうちの娘ですら「あれはもう整体行きレベルだね!」というようなひどい脚のかたち、ひどい歩きかたをした若い人をたくさん見る。
20代でそれだと、早いとこ自分で気づいて治さないかぎり間違いなく年をとったらまともに歩けなくなるぞ、と心配になる。
超高齢化社会になって日本人は『ロコモ』に対する意識が高まっているとはいうけれど、実際に予防のために何かやっている人はどれだけいるんだろう。
いつも書いてる、わたしの好きなアンドルー・ワイル博士は本の中で、『まさか50になるまで何もスポーツをやらないできたとは思いたくないが』と前置きしている。

アンチエイジングなんて、無理に年齢に逆らって若くあろうとは思わないけれど、でもやっぱり街でふとショーウィンドーに映った自分の姿を見るたびに落ち込むんじゃ、生きてること自体嫌になりそうだから、グッドエイジングのために自分ができることくらいはすこし努力してもやろうと思う。
スイミングクラブに行ってみんなを見てるとよくわかるけど、少々お顔にシワができたって老けてきたって70歳の女性には70歳の輝きがある。
何かすこしやっただけでも、感覚を敏感にしていれば変ちょっとの変化にもすぐ気づく。
そんな小さな変化にも気づかないで落ち込んで諦めて投げやりにしてしまったら、文字通りローリングストーンのように年齢の坂をただ転がり落ちてしまうだけ。
顔も身体も動かさないでいるとあっという間に筋肉が落ちる。
身体を動かそう、顔を動かそう、こころを動かそう、頭を動かそう、今日からやろう、いまからやろう。

これは誰のために書いているかといったら、いま読んでくれているひとのためでもあるけど同時にいつだって自分自身のためでもあるのです。
少なくともいつまでも自分ひとりでシャンと立って、その時々のひかりをまとっていられるように。
わたしの場合は何はともあれ、まずは早寝早起きから。
これ長年の課題!

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

猫の手かしますにゃ

15cat_hot_pac

実家に行っているあいだ、前のオペの後とおなじように父が時々みぞおち

にグキっ!と激痛が走る、手でしばらく押さえているとおさまる、というので

患部を適度な重みで温めたらいいんじゃないかと思って、昨夜Amazonで

ホットパックを探していたら、父用のベルト付きのとは別にこんなのをみつ

けて、ちょうど自分も眼精疲労がひどかったのと猫のパッケージにやられて

買ってみた。

あずきのチカラ 目もと用 ほぐしネコ

電子レンジでたった30秒温めて目の上に5分のせるだけ。

ふだんはごろごろするような時間もまったく皆無なのだけれど、一日の終わ

り、お風呂の順番を待ってるあいだにホットカーペットに横になってこれを目

の上にのせてたら、いつのまにか眠ってしまってました。

ほわん、とほのかに温かいのと、適度な重みがいいかもしれない。

安かったので、会うといつも目の充血が気になってる友達の分も買った。

来年、最初に会うときのお年賀にしよう♪

それにしても、昨日の深夜にポチっとやって、今日もう届くとは。

Amazon、神ですね。

Amazonで年末年始も関係なく働く人たち、ありがとうございます!

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

リハビリ終了。

Feldenkrais_2

今日、保険で受けられるリハビリ150日間がついに終了した。

意外とあっという間だったなあ。

最初は週に1度か2度、行き帰り含めて午前中の2時間くらいを家から抜け

出して出かけて行くことすら自分に続けられるかどうかわからなかったけど、

こうして終わってみれば大切な習慣が生活から抜け落ちたみたいでちょっと

さみしくもあるのが自分でも不思議。

学生じゃなくなって以来、人から何かを教えてもらう機会も経験もがなかった

私にとって、スイミングスクールでコーチから水泳を教えてもらうというのは

とても新鮮で水泳以上に学ぶところが多かったけど、今回のこともまたそう

だった。これまで病院はおろか、整体やカイロプラクティック、リフレクソロジ

ーにさえ行ったことのなかった(つまり自分の身体を人にどうにかしてもらう

という経験がまるでなかった)私にとって、今回のリハビリもまったくもって得

難い経験だった。肩の痛みがどうにも我慢できなくなって受診した整形外科

だったけれど、リハビリルームではまず自分の骨格を専門家の目で客観的

に見てもらうことができた。これには驚いた。

自分でも自分の身体の欠点は少しは自覚しているつもりだったけど、作業

療法士さんにいわれるほどひどいとは思わなかった。

姿勢が悪い。前傾姿勢で重心が前に行き、肩が内側に巻き肩になって顎が

前に出て、首がストレートネック気味になっている。左右の鎖骨の位置、肩

甲骨が左右対称じゃなく、ズレがある。肩甲骨、胸郭がとても硬い。首も肩も

ものすごく凝っている。ハム筋がない。体幹の筋力が低下している、etc ・・・

仕事柄、健康の知識はそれなりにあったし、食にも気をつけ添加物をできる

だけ摂らないようにし、週1とはいえども10年以上スイミングを続けてきた

自分だったから、これにはしばらく落ち込んだ。これだけやってこの程度か、

と心底がっかりした。つまり、いままでのじゃ全然足りなかったんだ、と。

でも、もちろん、専門家から客観的に見てもらうことの意味の大きさは重々、

理解していた。わかったら、あとは直せばいだけだから。

そして、はじまった150日間。

定規や分度器を持った作業療法士さんたちにどれだけ鎖骨や肩甲骨を測

られたことだろう。彼らの目はまるで骨を透かして見ているようだった。

人間の骨がいかに精妙にシステマチックに組み立てられ、関節のまわりの

筋肉やスジがいかに複雑に組み合わさり複雑な動きを可能にしているか。

で、その精妙な骨と複雑な筋肉に、日常の変な姿勢、変な癖で妙な負荷を

かけ続けたらどうなるか・・・・・・。

行ってただ気持ちよく身体を揉んでもらうのと違って、リハビリは少々痛くて

も使わないうちに縮んでしまった筋肉を伸ばしたり、負荷をかけたりしなきゃ

ならないから、最初のころはとにかく痛いし、汗をかくし、終わった後は疲れ

て眠いし、内臓も動くからかお腹は下るし、骨格を調整している間はどこか

が良くなっても別のところに支障が出たり ・・・・・・ 、と大変だった。

作業療法士さんに何度もいわれたことは、いままで長年の癖で良くない姿

勢を正しい姿勢だと間違って記憶してしまっている脳の情報を、ここで新し

く正しい情報に上書きしないといけない、ということだ。

たとえば一昨日いわれたのは、私の左半身に重心が余計にかかっていて

右半身が浮いている状態だとしたら、それは右脚の存在が脳では希薄に

なっていて、それで左にばかり強く指令が出ていることが原因かもしれない

から、脳に右脚のニューロンをインプットしたほうがいい、ということだった。

こう書くとなんだか難しいことみたいだけれど、身体性のいいのは物理的に

動かすことで対応できることですね。

とはいえ長年、自分の身体に染みついた姿勢や癖を直すのはヨイジャナイ。

リハビリ150日間で私の姿勢が改善され、骨格が矯正されたかといったら

ぜんぜん完全じゃないし、まだまだ途上 ・・・・・・

でも、「あなたみたいな症状で月単位で治った方はほとんどいませんよ、年

単位でかかると思ったほうがいい」と先生にいわれた肩の痛みもいまでは

格段に良くなって夜もふつうに眠れるようになったし、痛みで目が覚めるこ

ともなくなった。左肩と左腕の動きも外旋の問題(動きの制限と痛み)が残

ったほかはほぼちゃんと動くようになったし、あれだけ痛くて夜も眠れなかっ

たことを思うと、これはほんとうにありがたいことです。

それにまだできてないことのほうが多いけれど、前にくらべたら私はずっと

自分の身体に対してコンシャスになった。

そして自分の身体の改善もさることながら、リハビリルームでは実にいろい

ろなことを学ばせてもらった。人の身体のあらゆるところは様々に故障する

ということ、年をとって筋力がなくなるとはどういうことかということ、人を介

護するにも介護してもらうにも、こころを開かなくてはならないということ。

もっとも大きなところでは作業療法士さんたちのお年寄りに対する接し方。

これにはほんとうに感心したし、ほんとうに勉強になりました。

どういうわけかリハビリルームでは私の病院嫌いが知れ渡っていたらしく、

あの病院嫌いな人がこれだけ通って来てくれてるのはきっとここを気に入っ

てくれたからだろう、といわれていたようなのだけれど、ほんとにリハビリ、

行ってよかったです。

最初にリハビリにつなげてくれた整形の先生にも、これまで5ヶ月一生懸命

リハビリしてくれた作業療法士さんたちにも、そして縁あってここを教えてく

れたカメラマンのナカタさんにも感謝、感謝です。

リハビリは今日までだったけれど、昨日最期だった作業療法士の先生に、

前にお貸ししていたフェルデンクライスの本を返してもらった。

これは私が『「鍛える」とは無縁の身体調整法』と呼んでいるもので、ごくわ

ずかな動き、わずかな力で、脳と身体のつながりを改善し、こわばった筋肉

を緩め、魂の乗り物である身体の中にもっと楽にいられる方法をイラストで

具体的に解説した本。

リハビリしながらの会話でこの本のことを話したら、その作業療法士さんが

興味を示してくれたのでお貸ししたのだけれど、聞けば上の病棟の(あまり

動きたくない)お年寄りたちにやってもらっていた、とのこと。便利に使ってく

ださっていたのならさしあげてもよかったかな、とも思うけれど、これ私の大

事な本で、リハビリ150日が終わった後はもう自分でなんとかするしかない

から、これからは作業療法士さんに教えてもらった自主トレーニングと、この

フェルデンクライスの本を見ながら実践しようと思います。

『いつまでも自分の脚で立って歩くために』なんてことを考えるのはまだまだ

先のことと思っていたけど、でもその先ですらいま現在の積み重ねの上に

あるということを考えるなら、正しい姿勢と必要な筋肉を維持するための努

力は、誰にだって必要なことだと思うのです。

| | コメント (0)

2015年5月30日 (土)

コーヒー効果

15cafe_fuga

今月は珈琲豆が足りなくなってしまって、昨日、閉店間際のカフェ・フーガさん

に寄って買ってきた。いつものコロンビア・スプレモ。

マスターが豆を量って詰めてくれるあいだ、カフェの椅子に座ってぼんやりし

ていたら、目の前にあった小さなリーフレットが目に入って手に取った。どうや

ら健康雑誌に載った記事からの抜粋らしく、『1日3杯のコーヒーで健康ブレイ

ク!』というタイトルで、コーヒーの健康効果がいろいろ書いてあった。

ざっと書きだしてみると、

●コーヒー3杯程度のカフェイン摂取で、10%ほど代謝が上がる。

●カフェインによる眠気抑制効果

●二日酔いの頭痛の原因であるアセトアルデヒドを体外に排出する働きと

 肝機能を良くする働きで、二日酔い解消効果がある。

●コーヒーに含まれるクロロゲン酸がメラニンの沈着を阻害するため、メラ

 ニン抑制効果がある。コーヒーを1日2杯以上飲む人はシミが少ない、と

 いう調査結果が。

●腸の働きを活性化するカフェインと、香りのリラックス効果で、便秘予防

 効果がある。コーヒーを1日1~5杯飲む人は便秘が少ないという報告が。

●カフェインには交感神経の働きを高め、食欲抑制ホルモンの放出を刺激

 する働きがあるため、空腹時にゆっくり飲むと食欲抑制効果がある。

●クロロゲン酸による食後血糖値の上昇抑制効果により、炭水化物やデザ

 ートと一緒にコーヒーを飲むと、食後血糖値の急激な上昇を抑える効果が

 ある。

●カフェインは脂肪を分解する酵素や褐色脂肪細胞を活性化する働きがあ

 り、またクロロゲン酸には分解した脂肪を燃えやすくする働きがあるので、

 ダブルのパワーで脂肪燃焼効果がある、

●レギュラーコーヒーをドリップしたときのアロマにもリラックス効果がある。

●レギュラーコーヒーに含まれるポリフェノールのひとつであるクロロゲン

 酸は、老化や病気予防効果が注目されるコーヒー独自の抗酸化物質。

●カフェインは頭をスッキリさせて集中力をアップさせる効果があり、毎日

 コーヒーを3~5杯飲むグループでは認知症リスクが低いという報告が。

●リラックスしたときに脳から出るα派は、コーヒーの香りを嗅いだときに

 多く現れるという実験結果が。

・・・・・・ と、まあ、これだけのことが小さなリーフレットに書いてあった。

長年、珈琲が好きで質の高い珈琲を飲んでいる人だったら、ここに書いてあ

ることで効果を実感していることはいろいろあるだろう。かつてはコーヒーが

胃に悪いだけの嗜好品のようにいわれていたことを考えれば格段の地位向

上ではあるけれど、それだって飲み過ぎればカフェイン中毒や貧血になる。

同様にお酒だって自分の身体に合った適量を楽しんで飲む分には文字通り

百薬の長になるわけで。大の珈琲党としては珈琲が悪者扱いされるよりは

ずっといいけれど、でもだからって好きで飲んでいるだけで健康効果を考え

て飲んでるわけじゃないからね。

珈琲といえば、珈琲がまったく飲めなかった友人と久しぶりに会ったらすっ

かり珈琲が飲めるようになっていて驚いた。しかもブラックで。

人の味覚っていくつになっても変わるものなんだなあ、と思う。

昨日マスターとは、毎日同じようにいれてても、珈琲の味は毎日違う。

豆の挽き方や抽出するお湯の温度はもちろんだけど、季節や気温や大気、

自分の気分や体調によっても違う、という話をした。だから毎日の珈琲の微

妙な違いがわかるということは自分の感覚を研ぎ澄ましていることにほかな

らない、ましてそれが珈琲豆の焙煎ともなったらもっとでしょう、・・・・ なんて

そんな話。いつも私がリハビリに行っている病院は、エントランス近くにドリン

クの自販機があって、その横にある椅子で会計を待っているといつも珈琲の

ものすごくいい匂いがしてきて、これが自販機から出る珈琲の匂いかと思わ

ず自販機のある方角を見てしまうほどだ。

そしてその匂いを嗅いだ瞬間、ああっ! 早く家に帰って珈琲が飲みたい!

と思うのです。

カフェ・フーガのマスターの焙煎したこのコロンビア・スプレモは、とにかくよく

膨らむ。昨日そういったらマスターに「今日のはすごく膨らむと思うよ。今日焙

煎したばかりだから」といわれた。

今朝いれてみたらほんとに見事にふわーっとドームのように膨らんだ。

味は濃くて深いけど、まったく雑味のないクリアーですっきりした味。

そして、すごくエネルギーが高い。

飲んだら一気に体温もボルテージもガーッと上がった。

朝の珈琲はこうでなくちゃ。

15cafe_fuga_02

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

ケアの月

14jane_austin_07

9月は静かな雨ではじまった。

本日、二百十日。

立春から数えて210日めの今日は、かつて台風が次々にやってきて荒れた

天気になることが多かったことから、厄日として注意を促すために暦に載せ

るようになったとされる。

二百十日にして防災の日。実に理にかなっている。

いずれにしても季節の変わり目には違いない。

昨日、『9月は現実的な月』と書いたけれど、それは覚醒の月でもあって、

8月が終わって今年も残り4ヶ月だと思うと身が引き締まる思いがする。

夏の暑さから解放された頭は一気にクリアになってくるし、肉体的にも気温

が高くて副交感神経優位だったのが、気温が下がってくるにつれて交感神

経優位になってくる。リラックスから緊張へ。

これから先は一年の終わりに向けて、寒い冬に向けて身構えるときだ。

厳しい現実に立ち向かっていかなきゃならない最初の月。

にもかかわらず、身体にはまだ夏の疲れも残っているし紫外線のダメージ

もある。急な気温の変化についていかずに自律神経は乱れがちだし胃も

やられてる。

というわけで、今月9月はケアの月にした。

自分の心身のケアにとどまらず、自分の身のまわりのもの、全ての。

今年の長かった梅雨以来、この夏は3株のばらが枯れてしまったけれど、

ばらのケアもしないとならない。

このあいだ、涼しくなってから久しぶりにばらの手入れをしたら、あろうこと

かカイガラムシが蔓延してしまっていたから、まずは今年初めての薬剤散

布をしなければ。それに年末年始の石灰硫黄合剤の塗布は必須だ。

忙しくても忘れないようにしないと。

それで今日さっそくバイオゴールドの薔薇の肥料とバイタルを注文した。

自分と家族には初めてフラワーエッセンスを。

アンドルー・ワイルは『癒す心、治る力』を出版した当時から『治癒系を阻害

する八つの要因』のなかに心理的要因、精神的・霊的な問題を入れていた

けれど、WHO(世界保健機構)は健康の定義を『健康とは肉体的、精神的

霊的、そして社会的に完全な活動状態のことであり、単に疾病または病弱

の存在しないことではない』と書き換えることを検討しているという。

追加された言葉は青字の部分。

つまり、健康とは単に心身のことにとどまらず、とりあえず病気じゃないとい

うことでもない、ということだ。

それでもWHOの新しい定義は完全に審議が通って書き換えられたというわ

けではまだないみたいだからなんともいえないけれど、感覚的にはついに

というか、やっとここまできたか、という感じ。

でも日本はどうかというと、依然として遅れている感が強い。

高度資本主義社会の構造(つまりいまの医療ビジネスのあり方)を根底か

ら覆すことは無理でも、まずは一般人の『スピリチュアル』という言葉に対

する変なブロックをはずすことからはじめないとだめなんじゃないだろうか

と個人的には思う。

すでに終わったと思っていた過去の病気が次々と復活しているなか、つい

に自分の中に眠っている治癒系を目覚めさせなきゃならないときが来たよ

うな気がする。

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

梅干しの黒焼き

14umeboshi

去年に続いて今年つくづく失敗したなと思っているのは、梅雨どきの梅仕事をしな

かったこと。青梅ジュースと梅干しをつくらなかったことだ。

青梅ジュースは夏場の水分補給にもってこいで、クエン酸パワーで疲労回復に効

く。何より冷やし飴みたいにして出したらあの父が滅多にないこと「とてもおいしい」

といっていたく気に入ってくれたから、父のためにもまた作ろうと思っていたのに。

そして梅干しには去年ずいぶんお世話になった。

ちょっとお腹の調子が悪いときや脂っこいものを食べて胃がもたれるようなとき、

湯のみに梅干しをひとつ入れて、そこに熱い番茶を注いで箸でほぐしたのを飲む

とすごく効く。下手な胃腸薬を飲むよりずっといい。ライヴに行って午前様で帰って

来たようなときにもこれを飲んで寝ると身体もお腹も温まって落ち着く。

つくづく梅干しって万能薬だと思う。

だから最近はいつも切らさずに冷蔵庫に常備してあって、それならやっぱり自分

でつくるのがいちばんだと思っていたのだけれど。

来年こそつくろう。

週末は夏風邪でまいったけれど、インフルエンザのときのように高熱で身体中が

痛くて寝ているよりほか何もできない、寝ても寝ても寝られる、というのじゃなかっ

たから、昼間ふとんの中でときどきぼんやり本を眺めていた。ちょうど自分の本棚

の脇で寝ていたからなんとなく目についた本を引っぱりだして見ていたのだけれど

仕事柄うちには代替療法や自然療法の本がけっこうあって、東条百合子の『自然

療法が「体」を変える』(副題:免疫力が増幅する”クスリを使わない”医学)のなか

に載っていたのがこれだ。

梅干しの黒焼き。

知ってる人は知ってるだろうと思うけど、知らない人のために簡単に書くと、これは

土鍋で真っ黒になるまで焼いた梅干しを、すり鉢で擂って粉にしたもの。

一見、ただの黒い粉なのだけれど、これがたいへん効果があるという。

何に効果があるかというのを本から引用してみると、『梅干しの黒焼きは、細胞が

活気づくため、疲労回復、風邪、下痢、冷え性に大変効果があります。また、脳の

老化を防ぐので、ボケ防止になります。』とある。

すごい!素晴らしい! ボケ防止にも効くなんて。

でもいったいどうして梅干しを黒焼きにして粉にするとそんなすごい効果を持つの

かは全然わからない。まさしくマジカル・ブラック・パウダーです。だからいまだに西

洋医学偏重の頭のカタイ人ならあやしいと思うかもしれない。(私もこれがトカゲの

黒焼きだったら試さない。)

でもとにかくこれはいちど試してみようと、一昨日そら屋さんに行ってみたら1個だ

けあった! 聞けばそら屋さん自身は試してみたことはないけれど、お客さんから

聞かれることがあるから置いている、とのこと。

なんたって自分は病み上がりだし息子は夏風邪真っ最中だから、試すのにこんな

適期はない。迷わず買ってきました。

飲み方もいたって簡単で、黒焼きを耳かき1~2杯くらい番茶に入れて飲むだけ。

最初は耳かき1~2杯くらいから様子を見ていって、小さじ1杯くらいに増やすとい

いらしい。疲れたときには小さじ1杯。風邪で熱が高いときはそれを日に2~3杯。

ただし幼児には強すぎるので飲ませてはいけない。

14umeboshi_01

真っ黒い粉を番茶に入れるとこんなふうに真っ黒になるけど、耳かき1~2杯程度

だとお茶の味は変わらない。小さじ1杯入れるとちょっとお茶がしょっぱくはなるけ

れど、それでも気になるってほどでもない。飲みやすいです。こんなに飲みやすく

て効果があるのはありがたい。

生姜紅茶は単純に体温を上げるためにはいいのだけれど、お腹がやられてるよう

なときには甘いものは飲みたくないし、かといって黒砂糖もはちみつも入れずに飲

むには生姜の味がキツすぎる。日常的に紅茶を飲まない人間にとっては1日に何

杯も紅茶を飲むのもキツイので、いまはこれを日に何度か飲んでいます。

黒焼きを入れた番茶を飲むと足の裏がじわっと温かくなってくるのを感じる。

まだ飲みはじめたばかりだから効果というほどの効果はわからないけれど、直観

的にはいいような気がします。

ともあれ、私の夏風邪は治ったとはいえまだ完全とはいえないし、息子は昨夜の

時点で熱が38・7度まで上がってしまって日中も7度5分と、完治までにはまだも

う少しかかりそうだから、元気になるまでしばらくこれを飲み続けてみようと思うの

です。

番茶はもちろん、ヤカンで煮だすのがいちばんだけど、手っ取り早くティーバック

のもあって、時間のないときや体力が無くて手間をかけられないときにはこんな

のが便利です。これでもじゅうぶんおいしくて胃にやさしい番茶が飲めます。

14bancya

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

久しぶりの眼科

14claire_austin_07

私の医者嫌いはひどくて、滅多なことじゃ医者に行かない。

私が医者に行くのはよっぽどのことで、たいていは急性症状のときだけ。

みぞおちと背中がものすごく痛んでいてもたってもいられない、とか、咳がひどく

て眠れないとか、とつぜん耳が聞こえなくなった、親知らずが痛む、インフルエン

ザになった、などなど ・・・・・・

だから、たいてい医者に行くとすでに以前のカルテはなくなっている。

数年前から痛む肩も、ここまできたらもう医者レベルだろうと思いつつ、やっぱり

行かない。このあいだも、それだけ痛いなら鎮痛剤を飲みなさいよ、といわれた

けれど、けっきょく飲まなかった。薬もできるだけ飲まない。男性より女性のほう

が痛みには強いといわれる。理由は、出産するから、だそうだけれど、それって

ほんとうだろうか?

そんな私が今朝起きた瞬間に「今日、眼科に行こう」と思った。

2週間くらい前から目頭がかゆくてしかたがなかったのだ。

最初はただの眼精疲労のせいだろうと思っていたのだけれど、数日たってもか

ゆみはなくなるどころかどんどんひどくなっていく。だんだんコンピュータの画面

の小さい字を見ているのもイライラしてきて、ぜんぜん集中できなくなってきた。

かゆいからつい指の関節で間頭をクキクキとやると、白目まで少し充血してき

てしまう。家にあったアレルギー用の目薬をさしても全然よくならない。とうぜん

目がそういうことになると顔もだいぶ疲れて見える。

いつか、夏の琵琶湖で泳いでひどい結膜炎になったときには、あと少し来るの

が遅かったら視力が低下したまま戻らなかったかもしれない、といわれたことが

あった。今回はたぶんアレルギーだと思うけれど変な病気だと嫌だし、朝起きた

瞬間に目がすごくかゆかったから瞬間的に今日は行こう、と思ったのだった。

それに変なことをいうようだけれど、唯一その眼科だけは好きなのだ。

洋館風の雰囲気のある建物といい、庭の緑が見える静かで明るい待合室といい

とくに大先生のころは、広くてしんとした診察室も、そこにいる老眼科医のほとん

ど物音をたてない立ち居振る舞いも好きだった。とにかくすべてが静寂のうちに

行われる場所だった。

何年か前に娘が眼鏡を作り替えたいというので連れて行ったら大先生はもう亡

くなられていて、いまは息子さんが継がれていた。大先生にはぜんぜん似てい

ない三谷幸喜似の先生で、それがゆえに私たちは見えないところでくすくす笑っ

ていたのだけれど、明るくはきはきした医者だった。それまで無音だった待合室

にごくわずかなボリュームだけれどBGMがかかっていて、それだけが唯一変わ

ったところだった。

私が自分のことで眼下に行くのは何年振りか。

夕方、終わる間際の待合室はそれほど混んでなかったけれど、それでも20分く

らいは待たされた。診察室では症状をいい、そうなる前の経緯を話し、自分では

アレルギーじゃないかと思う、と話した。彼はアレルギーの原因は血液検査をす

ればわかるけれど、アレルゲンがわかったところで症状が良くなるわけではない

し、世の中には実に様々な原因物質がありますからね。もし毎年決まってこの

梅雨の時期に目がかゆくなるというならハウスダストの可能性が高いです。なぜ

なら梅雨は湿気が多くて埃は下に落ちるけれども、ダニが増える時期だから。

血液検査をして、たとえばもし杉が原因だとわかっても、杉を撲滅することはで

きないですからね。それよりはいまの症状を治すことを先にやったほうがいい、

といった。私はもちろん、調べなくていいです、といった。

それから視力検査と眼圧測定をした。

結果は両目とも軽い近視と乱視があるけど矯正すれば視力1.0はあるから日常

的には眼鏡をかけなくてだいじょうぶ。車の運転をするなら眼鏡は必要だけど。

眼圧も正常値で問題なし、といった。それから顕微鏡で目の中を覗き、目頭を見

て、「これはそうとうかゆそうですねー」と明るくいった。

かゆみがひどそうだから、ということでステロイドとアレルギー用の2種類の目薬

を出されて、それを1日マックス4回まで、1週間は使うように。それで治らなかっ

たら2週間使ってもいい、それで治ればもう来なくてもいいです、終了です。

といわれて、その場で2種類の目薬をさされて帰って来た。

きわめて簡潔で無駄のない診察と処置だった。

それにしても眼科医ってなんて目薬をさすのがうまいんだろう!

そして今日の私の結果がいろいろ目に問題を抱えている同僚の結果だったら、

彼女はどんなに喜ぶだろうな、と思った。別の友人は肺気腫で、一度死んだ肺胞

は二度と元には戻らないし、一度視野狭窄になってしまった視野も元に戻ること

はないという。私だって何も抱えてないわけではないけれど、つくづく健康ってあ

りがたい、と思った。

どっちにしても今日はいろいろ聞きたかったことも聞けたし行ってよかった。

写真は朝咲いていたクレア・オースティン。

夕方になるとこんな風に閉じる。

それは切り花にしてもおなじで、それを見るたびに生きているんだなあ、と思う。

| | コメント (0)

2014年2月22日 (土)

冬のアロマ

14aroma_balm

人からときどき、まめだといわれる。

家でゴロゴロしたりしないんでしょう、といわれる。

編みものをしたりジャムを作ったり木工をしたり手作りコスメを作ったりしている

かららしい。

自分では好きでやっているからそんなふうに思うことはないのだけれど、たしか

にときどき面倒なことをやりながら、これは誰でもするってことじゃないだろうな

と思ったりする。人によっては主婦であっても食事の支度をするのも面倒という

人もいるくらいだから。

もともと仕事と家事でぱつんぱつんなのに、そこによけいなことを入れるから

ますます時間がなくなる。相変わらず夜型人間だから早起きは苦手だけれど、

ひとたび起きてしまえばしゃきしゃき動ける。ときどき疲れて横になりたいと思う

こともあるけれど、よっぽど具合でも悪くない限り昼間に寝るようなことはないし

たいていの場合、ゴロゴロしたくてもそんな時間はない。

先月、JAZZバーに行ったときに友人のヴォーカリストとピアニストの女性に乾

燥する季節だからとアロマバームを作って持って行ったら、マスターが「これ、

あかぎれにも効く?」というのでマスターの手を見れば、ほんとに痛そうにあち

こち切れてしまっている。こんど作って持ってくるね、といいながら、ここ2回は

バタバタで作る暇がなかったから、またしてもプールに行けない今日はアロマ

バームを作った。

あかぎれに効く精油はベンゾインとラヴェンダーということだったけれど、ベン

ゾインがなかったのでラヴェンダーとフランキンセンスを入れて。ベースはホホ

バオイルと自家製カレンデュラオイルとアルガンオイル少々、そこにシアバター

とビーズワックス(みつろう)を溶かして。

ほかにジンジャーの入った温め系マッサージバームと、ネロリとローズウッドと

フランキンセンスの入ったしっとり系、バラの香りのローズバームも作った。

いつも書いてることながら、こういうことをしようと思うと材料と容器を常に用意

しておかないとならないのが少々面倒だけれど、この手のものを使い慣れると

市販のものがまったく使えなくなる。

マスターのあかぎれもこれでよくなるといいんですけれど・・・・・

14aroma_balm_01

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

インフルエンザの季節

14nyusankin_2

最近、電車に乗って吊革につかまっているとき何気なく目に入ってくるのが各社

の乳酸菌製品の広告ポスター。

すでに、『身体の健康は腸をきれいにすることから』、『免疫力を高めるにはお腹

の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが重要』というのは周知のことなのだと

思うけれど、これだけ大々的にあちこちに広告が貼られているということは、それ

だけニーズも関心も高いってことなのでしょう。

現代人は常に食べ過ぎ、カロリーオーバーの栄養失調状態だといわれていて、

量的には足りているようでも偏食傾向にあったり、栄養どころか身体に害になる

ようなものを食べていたりして、けして腸がきれいとはいえないところに過労やス

トレス、不規則な生活に飲酒に喫煙ときたら、自分の身体を自ら傷めつけている

ようなものだから、とうぜんその弱ったところに強力なウィルスがやってくればた

ちまち感染してしまうだろう。

今年もまたニュースで連日インフルエンザとノロウィルスの感染拡大が報じられる

季節となりました。

我が家では先週、私と同じ日に街なかに出かけて行った息子が翌日からクシャミ

鼻水・涙の劇的発症をして、本人いわく、これはどう考えても風邪の症状じゃない

から花粉症に違いない、すでに花粉症になったという人をネットの中で数人見た

から、という。「えー、まだ1月なのに?」とはいったものの、それをたまたま電話

をかけてきた医者の友人に話したところ、「そりゃ、あーた、花粉じゃなくて黄砂か

PM2.5ですよ」という。春の花粉症の原因となるスギ花粉が飛ぶにはまだ気温

も低すぎるし、飛散の条件がそろっていないというのだ。彼は関西圏の人間なの

でこんどは思わず「えー、関東圏でも?」といってしまった。強い偏西風が吹いて

いるときは関東圏ですら影響があるという。実際、友人のクリニックには風邪とも

花粉症とも症状のよく似た咳で、でもほんとうの原因はPM2.5や黄砂による大気

汚染による症状だと思われる患者がたくさん来ているそうだ。

息子の症状は大量にティッシュペーパーを消費したあげく3日くらいで終息したけ

れど、治まってから息子がいうことには、「やっぱり風邪だったかもしれない」と。

なぜかというと、自分の身体から『風邪の匂い』がしたそうだ。

それは当たってるような気がする。

そして息子の症状が比較的早めに改善したのには、この乳酸菌の力もあったの

じゃないかと思う。

ヨーグルトも含めて乳製品はできるだけ摂らないほうがいいといっている医者の

友人が唯一、勧めるのがこの明治のR1というヨーグルト。ほかのヨーグルトとくら

べて何が違うのかというと、ウイルス細胞をやっつけてくれるナチュラルキラー細

胞を活性化する力が強いのだそうだ。つまり風邪やインフルエンザにかかりにくく

なるということ。

息子の症状があまりに酷くてかわいそうだったのと、移りたくない気持ちからこの

R1を家族で4日続けて毎日食べた。朝じゃなくて夜、寝る前。正確にいうとお風

呂あがりの時間に食べて、夜効く系のサプリメントを一緒に摂った。

すると夜、お腹がぐるぐる動く感じで、4日でずいぶんお腹がすっきりした感じが

します。

そして、写真右は、前述の私が電車の広告で見た『プラズマ乳酸菌』。

プラズマ乳酸菌なんて言葉、初めて聞いたからインパクトがあったけれど、これ

はかなりキャッチーだと思う。ゆえにその時点で成功してる。で、市場価格はR1

より少し安い。詳しいことはこちらのサイトで → プラズマ乳酸菌

これは月曜、めずらしくアルバイトが休みで1人断食をしていた娘に飲ませてまし

た。日本の製品はどれもまずくないのがいい。まずいと売れない国。そこにも多々

問題はあるにしても。

かくいう私は去年の1月にインフルエンザにかかって酷い目にあった経験から、

今年は外から帰ってきたら必ず手洗い・うがいを励行しています。

ほんとにこの歳になってインフルエンザなんてかかるもんじゃありません。

・・・ というわけで、私が担当するHPの今月のキーワードは『インフルエンザ』。

今月もお役に立てていただけたら幸いです。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧