暮らしのこと

2019年1月 2日 (水)

ランドリーマグちゃん、はじめました。

19laundry_magchan

ひところ娘から『洗顔ソープ・ジプシー』と言われてたわたし。
最近は洗濯洗剤ジプシーだった。
長年使っていた古い洗濯機はいくらまめに洗濯槽の掃除をしてもすぐに洗濯物に汚れがつくようになり、添加物フリーの液体洗剤を使ってもエコナッツを使ってもときどき洗濯物が匂うようになり、そろそろ寿命かなあと思っていたらある日突然、壊れた。奇しくも父の葬儀から帰って、朝できなかった洗濯をしようとしたとき。
それでしょうがなくあたらしい洗濯機を即行で買って、こんどの洗濯機はあたらしいだけあってきっとハイテクで汚れがよく落ちてしかもエコなんだろうと思いきや。なんとネットに入れて洗った黒いシャツに何やら白いものがつくではないか。そんなこと、これまでの古い洗濯機でもなかったこと。ちょっとびっくりだった。すぐにネットで検索したらやっぱり困って検索した人がたくさんいて、原因は石鹸洗剤にあるらしい。たしかに洗濯槽の横腹についてるクズ取りを見ると、ブルーのクズ取りも真っ白になっている。水の温度が低いのも原因とあったけれど、そのときまだ9月で暑いときだ。これで冬になったらどうなるの、と思った。
それ以来、毎朝アルミの小さなコップに入れた洗剤をお湯で希釈して入れるようにしていたのだけれど、それでも多少改善されたくらい。ひどいときは再度すすぎをかけたり、洗面器に溜めたお湯でゆすいだりしないとならなくなって、なんだ、あたらしい洗濯機になってかえって手間が増えたじゃないかと思ったのだった。
けっきょく、添加物フリーの液体洗剤をやめて適度に人にやさしい合成洗剤をお湯で希釈して入れるようにしたら問題は解決したのだけれど、でもそれだってほんとうに衣類に洗剤が残ってないかどうかはわからないわけで ・・・・・・
以前、洗濯洗剤の話で盛り上がったそら屋さんが最近ベビーまぐちゃんを取り扱うようになったというのを機に、わたしも前から気になっていたランドリーマグちゃんを今年から使ってみることにした。
前に見た記事では『洗剤革命!』と書かれていたランドリーマグちゃん
情報時代だから知っている人も多いと思うけど、高純度のピュアマグネシウムの粒がふわふわしたネット袋に入っただけのもので、洗剤も柔軟剤も使わずにこれだけで汚れが落ち、オーガニックコットンのようなデリケートな衣料がふっくら仕上がるという優れもの。要はピュアマグネシウムを水道水に入れるとアルカリイオン水になって、それが洗濯物の皮脂汚れや臭い成分を分解してくれるのだというけど、その効果たるや洗剤を上回るほどだという。しかもランドリーマグちゃんの水は洗濯物だけじゃなくて洗濯槽や排水ホースまでキレイにしてくれるというのだ。
アルカリイオン水については、ずいぶん前にお掃除のデモンストレーションで家に来た営業マンにアルカリイオン精製器を勧められたことがあった。わずかなランニングコストでアルカリイオン水が好きなだけ作れて、それさえあればありとあらゆる洗剤はこれひとつでよくなり、お風呂に入れたら自宅のお風呂が温泉になり、肌も髪もキレイになって、日常的に使えばこの住宅の排水管までキレイになり、誰もがこれを使うようになれば河川を汚すこともなくなるから地球環境にも非常によい器械であると。力説されてとっても欲しくなったけど、それはとっても高価でわたしがホイと買えるようなものじゃなく。だからアルカリイオン水の効果についてはよく知っているのだけれど、なんでもそうだけど百聞は一見に如かず。というか、自分で使ってみるまでわからない。
そら屋のテンチョーはとても誠実で、店で扱うことになったものはかならずといってよいほど自分でも使ってみる人だから、いま自宅でベビーマグちゃん実験中、という。テンチョーの家では1回の洗濯物にベビーマグちゃんふたつ。わたしはコストパフォーマンスを考えて1回の洗濯物にランドリーマグちゃんひとつ。両者の違いは形状の違いと内容量の違いかと思う。
この四角いランドリーマグちゃん1個で5キロまでの洗濯物1日1回で300回、約1年間使えるという。でもそれってずいぶんアバウトな言いかたで、厳密にいったら300回なら約10ヶ月、2回洗濯した日があったらそれ以下だということだと思う。
さて、そのランドリーマグちゃん、カウントしやすいので昨日1日から使ってみた。
洗い上がりの印象は一言で言って、すっきり!
何より洗濯物が爽やかに無臭なのが清々しいし、排水口が泡立たないのがよいです。去年あちこちで香害がずいぶん話題になったけど、ほんとにみんなもっと自分の着てるものが発する香り、匂いに敏感になってほしいものです。他人に対する配慮としてはもちろん、自分の身体にも悪いから。
いまのところ言うことなしのランドリーマグちゃん、これから毎日使ってどうなるかについてはときどき書こうと思います。
主婦と生活。

| | コメント (0)