おうちごはんがいいよね!

2020年1月17日 (金)

おでんを煮る

200117-oden

夕飯の買い物に行こうと外に出たとたん、あまりの寒さにお鍋かおでんのことしか頭に思い浮かばなくなる日がある。そんな日はちかくのスーパーに行っても白菜が売り切れてたり、おでんの材料がことごとくなくなってたりする。
今年はまだそこまで寒い日がないので作らずにいたら、娘から「おでん作って」とリクエストがあった。
これはうちではきわめてめずらしい。
わたしは子供のころ夕飯がおでんだとうれしかったけど、うちのひとたちはあまりおでんが好きじゃないので。
とくに息子は昔コンビニでアルバイトして以来、おでんが嫌いになってしまったらしい。その気持ちはよくわかる。まだ寒くもならないうちからコンビニからおでんの匂いがしてくると自分も心底げんなりするから。レジの横に蓋もしないでおでんが煮えてるのを見ると不衛生だと思うし、おでんなんて家で作ってもたかがしれてるだろうと思うけど、ひとり暮らしだったりするとそうもいかないのかな。
おでん、というと結婚したばかりのころ、当時すでにおじいさんだった職場の知り合いがお祝いに来てくれて、そのとき用意したのがおでんだった。いまにして思うともうちょっと気の利いたものを作れなかったかと思うけれど、冬で、お酒を呑む人だったのと駅前においしい練り物屋さんがあって、そこの具材で作るとおいしいからだった。おでんなんてもともと料理ともいえない、出汁と具材のよさで味が決まるものだから、具材は大事。阿佐ヶ谷には CONTXT-Sに行く曲がり角においしい蒲鉾屋さんがあって、いちどあそこの材料でおでんを作ってみたいと思うけど、なかなかその機会にめぐまれない。今日は昼から大根だけ下茹でしておいて、午後遅く娘と国分寺のデパ地下のスーパーに材料を買いに行った。帰ってくるころはもう真っ暗で、あの超人的に元気だった件のおじいさんももう90を越えたこと、90越えて去年は大変な手術をしたことを妹から聞いたことなんかをあれこれ思い出してたら、なんだかさみしい気持ちになってしまった。
冬の夜はさみしい。
とくに寒い夜はなおさらだ。
明日は予報では雪だっていうけど、こんな日に息子は何を食べていることやら。
そんなことを思いながらおでんを煮てたら突如 iPhone が鳴って、「チリビーンズや」って息子からメールがきた。キッチンのガスコンロにのった片手鍋の写真付き。それを見たらなんだか一気に気持ちが明るくなった。親なんて子供が元気なのがいちばんほっとするもんです。「ちなみにうちは今夜はおでんでーす!」と送ったら息子からは一言、「おでんやだわ」ですと ww ww
できあがったおでんはテーブルのカセットコンロに移して温めながら食べる。
ふだんはたしなむ程度もお酒を呑まない我々だけど、こんなときはきまって燗酒が飲みたくなるわたしです。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

日曜のブランチ*

19bagna-cuda-salad

このあいだ友達に「野菜とあえるとおいしいから」ってもらったバーニャカウダソース。なんにもラベルが貼ってなかったからわからなかったんだけど、松原のお惣菜IZUMI のものらしい。バーニャカウダソースだけど、薄味だからあえたほうがおいしいって。
それで今朝は、ゆでたじゃがいもとアスパラガスとハーブチキンとパプリカとミニトマトで、バーニャカウダサラダ。ちょっとオリーブオイルと塩コショウを足して。
友達がわざわざ買ってきてくれただけあってとってもおいしかった。
何よりいつもの自分のつくるものとは目先が変わっていい。
彼女んちは夫婦そろって食通で、特に旦那さんのつくる料理はプロはだしで、もっぱら夕飯の支度は旦那さんの領域らしい。それってサイコーじゃないかとわたしは思うんだけど、でもそこにもうまくやるヒケツがあるらしい。男脳と女脳。いろいろむずかしい。わたしは最近そういうの、みーんな面倒になっちゃって、いずれ1人になるならなるでそれでいいやとか思う今日このごろ。若いときにはわからなかった『空気みたいな人がいい』というのが妙に納得できたりして。
それから、おとといつくったいちごジャム。

19strawberry-jam

金曜の午後、今週ずっとかかりっきりだったパワーポイントのマテリアルがやっとできあがって、バカみたいに集中してたせいで肩こり眼精疲労著しく、「やっと終わったあ~!!!」とばかりにコンピュータの前から離れて外に散歩にでも行こうかと思ったところに新生そら屋さんから「加工用の無農薬の苺が入りました!」というメールが届き。疲れてるからもういまからつくりたくない、と思ったけど、娘に「家でつくったいちごジャムおいしいよね~」といわれて、しかたなく自転車でひとっ走り。加工用の無農薬いちご2キロと洗双糖1キロと無農薬レモンふたつ買ってきた。急だったからあたらしい瓶を用意する間もなく、家にある大小さまざまなミュージアムグッズの瓶をかき集めて煮沸消毒して。収穫したままで洗ってないといういちごを50度洗いしてせっせとヘタを取り。夕食後、大鍋いっぱいのジャムを「あー、疲れたあー」といいながらへらで掻きまわしつづけるどこまでもハハなわたし。つくってるあいだはなんとなくいつもとちがって、これでおいしくなかったらやだなあと思ったけれど、一晩たったらこの通り。おいしいいちごジャムができました。
いつもより酸味の強いいちごだったから砂糖多めにしたつもりだけど、糖度35度。
あんまり甘くないさっぱりした味です。
これも路地もののいちごが出回る5月ならではの味わい。
いちごの季節もあとわずか。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

いちごサンドとコーヒー

19ichigo-sand

わーい! やったー!
今日のお昼は、いちごサンドとコーヒーです ♪
こないだ夕飯に『ふわとろデミオムライス』をつくったときの生クリームが余ってたからなんだけど、今日はじめて生クリームを泡立てた娘。
うちにはハンドミキサーなんてものはないから、泡だて器を使って泡立てるコツを最初にレクチャーした。
わたしはそれをたしか小学校か中学のときの家庭科の調理実習で覚えた記憶があるのだけれど、娘に「やらなかったの?」と訊いたら、「やったけど、そのときはハンドミキサーを使った」って。へえ~、時代がちがうとそうなのか、と思ったけれど、なんでも最初は自分の手でできるほうがよくないですか? とわたしは思ふ。
しかして、できあがってどーん! と出てきた、いちごサンド。
「もしかして、いちごまるごと入れた?」と訊いたら、「セブンでいちごサンド買うとまるごと入ってるから」って。
ひゃあ~、すごい迫力です。
でも食べたらおいしい! 
リッチテイスト!
家でつくるののいいのはホイップじゃなくて生クリームを使ってることです。
しかも生クリームをあんまり甘くしてないから思いのほかあっさり食べられました。
わたしはこれを2年前、京都に行ったとき、老舗のフルーツパーラー『ホソカワ』でぜひとも食べたかった。でもあのときは85の父が一緒でそれどころじゃなかった。
いちご好き、生クリーム好きにはたまらないフルーツサンドイッチ。
ふぅー、すっごく満足しましたー ♪

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

緑のパスタ*

19genovese-pasta

世の中にはバジルが嫌いな人もいるけど、うちはみんな大好きです。
今日、休日のお昼はわたしがつくった。
こないだカルディで買ってきたバジルのペストとカザレッチャで。
この『カザレッチャ』というパスタ、うちの子供が好きなんだけど、2分くらい長くゆでてもけっこうカタいのです。
昔うちにまだテレビがあったころ、『ビストロSMAP』を見ていたらその日のゲストがソフィア・ローレンで、キムタクがつくったパスタをひと口食べるや「パスタのゆで方がやわらかすぎる!」と言って、キムタクが(え、それで?!)と言わんばかりに目をまるくしたのが印象的だったけど、いったいイタリア人って、どれだけカタイのが好きなんですかねえ。
それで消化に悪くないのか(噛みすぎて)エラが張ったりしないのかと思うけど、うちの息子なんか今日のパスタを食べて「2分短くてもいい」といったりするのです。
わたしはあんまりカタすぎるのはヤダ。
食べてて疲れるから。
ジェノベーゼは瓶詰めのバジルのペストを使ってもそれなりにおいしいけど、無農薬のバジルをたくさん手に入れて自分でつくったらどれだけおいしだろうって、いつも思います。
ああ、そうそう、そういう意味で、こないだ国分寺のピアッドジョルノで食べた自家製ジェノベーゼのパスタは絶品でした。
材料が変わってて、サルシッチャと筍のジェノベーゼパスタ 。
サルシッチャというのは、チョリソーみたいなの。
たまに外でパスタを食べると素材の組み合わせのアイディアをもらえていい。外で食べてほんとうにおいしいと思えるパスタは意外と少ないから、あの店は貴重。
今日のは冷凍庫にあった枝豆を入れたんだけど、けっこうおいしかったです。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

休日の遅いお昼**

19todays-lunch09

娘が作ってくれた今日のお昼。
サンドイッチに特製バジル・ドレッシングがかかったサラダ。
わたしはカフェオレをつくっただけ。
2つめのサンドイッチが2つに分割されてるのは、実は娘は2人分のランチを作ってたからです。
息子はでかけるって言ってたからいらないと思って。
でもたぶんいると思うよ、とわたしが言って、あわててもひとつ作ってました。
シャワーを浴びて、出かける準備万端にしてサンドイッチをひと口かじった息子が「うまい!」と言いました。
「これエビが入ってる」って。
そう、ひとつのサンドイッチに挟んであったのはシーフードオムレツ。
こういう凝ったことやってるから時間がかかるんだよね。
サンドイッチ作るのってけっこうめんどくさいです。
洗ってしゃっきりさせた野菜をしっかり水切りしないとならないから。
パンと中身がばらばらにならないように切るのも意外とコツがいります。
わたしはふだんのお昼にサンドイッチは作らない。
手っ取り早くパン屋で買ってきちゃうもんね。
家で作るサンドイッチのいいのは野菜たっぷりなのと中身がユニークなところかな。

二晩降りつづいたひどい雨が、朝にはやんだと思ったらまた降ってきた。
午後3時にして部屋のなか真っ暗。
気持ちよく晴れていたのは即位の儀の「剣璽等承継の儀」と「朝見の儀」の間だけだったような。
こういうのって不思議。
雨なのは穀雨の季節だからしかたないけど。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

おにぎりランチ

19todays-lunch03

今日のお昼は、娘がつくった鮭おにぎりとゴマ昆布おにぎりと玉子焼き、それに唐揚げとインスタントのほうれんそうのお味噌汁。
わたしは昨日、息子に作った残りの唐揚げを揚げただけ。
娘がつくる玉子焼きはわたしがつくるのと違って甘くない出汁味で、それがおいしかった。それで小学校の遠足のとき、自分のお弁当に入ってる甘い玉子焼きと、友達のお弁当箱に入ってる塩味の玉子焼きをよく交換してたことを思い出した。いつも甘くない玉子焼きが入ってる子は甘いのが食べたい。いつも甘いのが入ってる子は甘くない玉子焼きが新鮮で。
おにぎりとサンドイッチもおなじこと。
みんな他人の芝生が青く見える。
でもやっぱり飽きずに食べれるのは自分のうちの味だったりするんだよね。
おかあさんが5人いたら、5人のおかあさんがつくるおにぎりはそれぞれちょっとづつ違って個性的なんだろうな、と思う。わたしは具がたっぷり入ってて、海苔がびっしり巻いてあるのが好きなんだけど、今日のおにぎりはまさにそれでした。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

アランチーノをつくった!

19arancino

このあいだ息子に「ライスコロッケが食べたい」といわれたのです。
どうやら前につくったことあるらしいんだけど、わたしはつくったことも作り方もすっかり忘れちゃって、即座に思ったのは「げ、めんどくさっ」ってことなんでした。要はチキンライス様に味をつけたごはんをまるめて小麦粉つけて卵つけてパン粉まぶして揚げればいいんだと思うけど、まずそれがめんどくさいでしょ!
でもまあ、子供に食べたいといわれたらつくるのがハハなので、しかし何ゆえライスコロッケなんだ・・・と思いながらレシピを検索したら、ライスコロッケってシチリアの名物料理なんですってね。
その名を『アランチーノ』というらしい。
レシピを見ると、フライパンで硬めにつくったミートソース入りのリゾットをバットにあげて1時間くらい冷まして、、、とあって、もうそこで、うわ、めんどくさい、と思って炊飯器で炊くことにしたら、うちのへっぽこ炊飯器ったらちゃんと炊けなくて、けっきょく硬めのリゾットになったというしだい。それでもレシピにあった市販の缶詰のミートソースを使いたくなくて、牛ひき肉とニンニク玉ねぎパプリカにんじん胚芽米2合を炒めて『カゴメの基本のトマトソース』を入れて自分でつくったんですの。
リゾットを炊いているあいだに近所のスーパーに足りない食材を買いに行って、かぼちゃのポタージュとサラダを用意して。
まだ半分コメ状のリゾットができあがったら、大きめのバットにあけて平らにならして、冷やすこと約1時間弱。
今日はスーパーマーケットに行ったらタイムリーにも24個入りのボッコンチーノ・モツァレラが売ってたのです。
それで、ビニール手袋した娘に24等分したリゾットの中にモツァレラチーズを入れてまるめてもらいました。
これがうまいの! まんまる! ・・・たすかりました。
で、その横で、まるまったリゾットにせっせと小麦粉まぶして卵をつけてパン粉の中で転がして、、、というのを延々やって、やっとできあがった24個の恐竜の卵! ならぬ、アランチーノ。
ひっさびさに時間かけて料理つくったけど、料理ってつくればいいだけじゃなくて延々つくって洗って片づけて、、、の繰り返しだから、マジけっこう疲れます。ときどき小さなイタリア料理店なんかで『厨房パートタイム求む』なんて張り紙を見ると、どれくらいのことができれば雇ってくれるんだろう、と思ったりするけど、わたしにはできませんね。向いてないし、もうそんな体力もない。
家で食べる毎日の食事は基本シンプルでよくて、つくるのにも食べるのにもそんなに時間をかけたくない。
日々やらなきゃならないことは多いし、やりたいことだってあるから。
今日も手伝ってくれる娘がいなかったらもっと時間がかかったでしょう。
ほんとにたすかりました。

で、あとはもう揚げるばかりだというのに、「今日は早く帰ってくるから。ライスコロッケねん♪」といって出かけた息子がいっこうに帰ってこないの。まいるよね。しかたないから先に食べちゃうことにしてアランチーノを揚げて皿に盛り、ブラックペパー、パルメザンチーズ、タイムを振りかけ、ローズマリーをのせてサーブ。
さて、そのお味はというと、、、揚げたてをナイフで切ってひと口ほおばった娘が「めちゃめちゃうまい!」といった。
あー、よかったー。これだけ時間かけてたいしておいしくなかったらもう二度とつくりたくないもんねー。
食べてみてわかったのは、硬めのリゾットにする理由。
なんというか、ごはんのもさもさ感がなくて、カリっとしてるのです。
かりっ。ふわっ。中からモツァレラがとろっ。みたいな。
上にのせたローズマリー葉っぱが香り高く、ほのかに苦くてトマトの味ととてもあう。
イタリアの味。
ほんとうはトマトソースを敷いた上にアランチーノをのせる、とあったんだけど、うちはお好みでサルサソースをかけて。
これもとてもおいしかったです。
揚げ方のコツは、レシピには「揚げ湯の温度は170度」とあったけど、170度の油にアランチーノを入れたら、ちょっと火力を落として転がしながらじっくり揚げること。そうすると冷ご飯が芯まで熱くなるし、中のモツァレラチーズがほどよくトローリと溶けておいしいです。

して、ようやく帰ってきた息子は6個も食べたのに、まだぜんぜん余裕でもっと食べられる! とのたまったのでした。
6個っていったらお米だけで半合ですよ!
もう夜の10時なのに!
でも息子もめちゃめちゃうまいと、満足した様子。
かぼちゃのポタージュも息子の好物です。
ほんとにまったくやれやれだけど、子供にあれが食べたいこれが食べたいといわれるうちが花なのかもな、と思ったりして。
いわれるあいだはつくるか、とも思うのです。

それで今日のお昼は、昨日揚げずにとっておいたアランチーノ。
昼からこんなに食べたらもうお腹いっぱいで、夜はうんと軽めにしようと思います。

 

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

くまプーはちみつ

19kumapoo

こないだ『クマのプーさん展』に行って買ってきたはちみつ。
カナダ産のはちみつが200グラムで1500円。
ふだんはこんなのぜったい買わないけど、この瓶のかわいさ見たら買わずにいられないよね?
我が家にはだんだんこの手のものが増えつつある。

19kumapoo01

クマのプーさんで思い出すのは、昔まだ子供がちいさかったころに友達に誘われて親子でディズニーランドに行ったときのことだ。
友達が自分の娘ふたりとわたしの娘に風船を買ってくれようとして、うちの息子に「Sくんはもうお兄ちゃんだからいらないよね?」と訊いた。彼はひとりっ子だからきっとわからないんだと思うけど、そういうの子供のころにさんざん経験してそれはちがうだろうと思ったわたしが息子に「Sもほしいんでしょ! どれがいいの?」と訊くと、息子はうつむいてちょっと考えてから、「ぼく、プーさんがいい」といった。
あれ、かわいかったなあ!
それで4人のちいさな子供たちはディズニーランドにいる間じゅう、自分の好きなキャラクターの風船を手から離して飛ばさないように歩いたんだ。
子供たちはきっともう忘れちゃったかもしれないけれど、親にとってはそんなひとつひとつのちいさな思い出が宝物。
そして子供のときから大人になるまでずっと息子はプーさん好きで、はちみつ好き。
わたしは『クマのプーさん』って、ちいさいころに読んだきりですっかり忘れてしまって、かわいい髪形した主人公はてっきり女の子かと思っていたら、展覧会に行ってそれが男の子だったことに気づいた。そういったら息子に「男の子だよ。クリストファーでしょ」といわれてしまった。子供のころ好きだったものって、いくつになってもおぼえてるもんですね。

それにしても春ってどうしてこうも眠いんでしょう。
今朝はやっとのことで朝5時半に起きた。
明日の予行演習のため。
明日は5時に起きて10年ぶりに大阪に行く。
10年前の大阪出張で泊ったリーガロイヤルホテルのルームサービスの朝食が豪華だったこと、いまでもはっきりおぼえてる。

19kumapoo02

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

今日のお昼、なに食べる?

19todays-lunch

娘が先月で仕事を辞めて今月からは昼間もいるので、これからは交代でお昼をつくることにしたのです。
自分ひとりで仕事をしているとお昼を食べ損ねて夕方になるなんてこともしょっちゅうなので、つくってくれるんだったらあたくし、何を出されても文句は言いません。
お昼なんて基本、食べれりゃいいんです。
で、昨日の夕飯は餃子で、具がちょこっとだけ余ったのでした。
それを使って今日、娘がつくってくれたのはチヂミ。
このひとはうちではいちばんの倹約家です。食材を無駄にしない。
コンピュータの前にいて「お昼できたよー!」と呼ばれて食卓につく、この新鮮さ。
いつ以来でしょうか?
やったー!
娘の仕事は遅いけど丁寧です。
このチヂミもとってもおいしかった。
これからもよろしくお願いしまーす♪

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

花冷えの朝

19souppan_1

昨日はあまりに寒すぎて、飛びこんだスーパーマーケットでは温かいスープのことしか考えられなかった。
それで今朝はひさしぶりに作ったクラムチャウダーと、薬香草園で買ってきたスピルリナとくるみのパンとラズベリーとゴジベリーのパン。
昨日すっかり凍えて疲弊して帰って、夜遅くスープなんか作ってたせいか、今日は目覚ましが鳴っても起きられず。
二度寝したら酷い夢を見た。
悪夢というより、哀しい夢。
目が覚めたら涙が一筋ほっぺたをつたってて、昨日ドリームキャッチャー飾ったのになんで、と思いながら起きた。
現実の顕在意識ではもうすっかりOKになったと思えたヒトやコトが繰り返し何度も夢に出てくるのは、ほんとうはまだ片づいてないってこと?
だとしたらどうすればいいの?

昨日つくったドリームキャッチャーは色の組み合わせが気に入ってる。
まんなかの青い星のビーズも。
天気は今朝も曇り、花冷えの朝。
娘は6年務めた職場を今日で辞める。
明日から四月、またあたらしいはじまり。 

19dreamcatcher03

| | コメント (0)

より以前の記事一覧