おうちごはんがいいよね!

2017年11月12日 (日)

今年もやっと栗ごはん*

17kuri_gohan

このあいだ近所のスーパーで見た栗。
とっても大きくてまるまる太っててツヤッツヤでぷっくり割れてて、見るからにおいしそうだった。POPには『最上級の栗!』って書いてあった。
茨城産の栗。

17kuri_gohan_02

それで栗なんか剝いてる暇もなかったのに思わず買ってしまったのだった。
買ったからにはダメになる前につくらなきゃならない。
こんな大きな栗。

17kuri_gohan01

渋皮煮にしてもおいしそうだったけどさすがにそんな時間はないし、それにお砂糖であまく煮るより栗そのものの自然な味を味わいたくて、やっぱり栗ごはんにすることにした。
洗った栗をボウルに入れて、熱いお湯をかけて数分置いて。
お湯に浸かったままの状態の栗をひとつずつ剝いてゆく。
思えばわたしの栗好きは母譲りだと思う。
あのひとは栗が大好きだった。
ただゆでただけの栗を包丁で半分に切って、スプーンですくって食べるのも好きだった。まだ小学校の低学年のころ、栗ごはんにする栗の皮を剝くのを手伝っていて、勢い余って栗を握った左手の人差し指の間接の上の皮をスパッと落としてしまった傷はいまでも残ってる。わたしが木を削るのにカッターナイフをうまく使えるのは、子どものころから包丁を使ってたからだと思う。
なんとか日が暮れる前にできました。
栗ごはん。

17kuri_gohan02

自分でつくると2合の白米に栗、ごろっごろ。
そして、ほくほく!
栗ごはんは、栗を剝いているうちはため息がでるけど、食べはじめるとおいしくて、またつくろうって思う。あともう1回くらいつくれるかな。
おかずは何にしようって考えて、厚揚げと小松菜の甘辛煮、鮭ときのこのホイル焼き、お豆腐とエノキタケのお味噌汁にした。
そして今日の空!

171112sky

晩秋から冬にかけての晴れた日はほんとに空がきれいで、雄大で、みとれる。
雲の複雑な色あい。
自然は偉大なペインター。

171112sky_01

| | コメント (1)

2017年11月 4日 (土)

栗あんぱん

17kurianpan

ケシの実がたくさんついた栗あんぱん。
とってもローカルな話をすると、からんどりえ展を出たあと近くにあったサンメリーで買ってきた。試食したらあんこがちゃんと栗の味がして、すごくおいしかった。それどころか、今朝食べたらところどころに大きな栗がごろっと入ってて、これならちょっと高くてもいいやって思った。1個200円。
栗あんぱんは、なんたってこの形が好き。
りんごとくるみのサラダと。
冬間近の秋色の朝ごはん。

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

シリアルブレックファースト

17breakfast11

ひさしぶりに光が射して明るい食卓。
ときどきパンを食べるのに飽きちゃって、今朝はヨーグルトにシリアル、キウイにフローズンブルーベリーをのせて。
それに青切りミカンにレバーデトックスティー。
緑と紫がきれいな朝。

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

雨の朝のかぼちゃスープ

17pumpkin_soup

雨の音を聞きながら眠り、雨の音で目覚めた。
もうずっと雨・雨・雨・雨・雨だ・・・・・・
うんざりする。
乾かない洗濯物、ペタペタするフィローリングの床、頭はしけった麩みたい。
昨日、夕方みんなでコーヒー・ブレイクしてたらチャイムが鳴って、郵便配達人から渡されたのは、平べったい大きな四角いダンボールの包み。
しばらく連絡のなかった友達からで、「LP?」と言いながらあけたら自分を描いた絵が1枚でてきた。添えられた手紙には「あんまりうまく描けなかったけど捨ててしまうのは悲しいのでヘタだけど送る」とあって、「親友の証です」と書いてあった。
その友達が描いてくれたわたしの絵はちっとも美化されてなくてそのまんまで、そこがいかにも生真面目な彼らしかった。美化されてないところが等身大で、つまりそれはわたしがありのまま受け入れてもらえてるってことで、友達の愛を感じた。
お金を払って描いてもらった誰の絵より。
そんなことがあったからかな。
昨日の夢に友達が出てきて、目が覚めるまでずっと一緒だった。
ごはんを食べたり買いものをしたり。他愛ない夢。
夢の中でも彼はわたしにせっせと何かくれようとしていて、わたしはべつに無理して何もくれなくてもいいんだけどなー、と思っていた。わたしはほしいものはなんでも自分で買ってしまうし、ひとから何かもらいたいとかあんまり思ってないから。
でもとにかく、彼が何か返したがっているのがとてもわかった。
夢は、どんなに他愛ない夢でもどこか何かが擦れ違っていてもどかしく、さみしい。
現実で一気にそれを埋めたくなる。

朝ごはんは、昨日夜な夜な作ったかぼちゃのスープ。
昔、母がはじめてこれを作ったときは新鮮だった。
粗挽きウィンナーがまるのままたくさん入ってて。
大きめに切ったかぼちゃが煮崩れてしまわないように、焼いてから入れたらいい感じにできた。粗挽きウィンナと、ホクホクかぼちゃがごろごろ入ったスープ。
土曜の朝は、泳ぐ2時間前までに朝ごはんをすましておきたいから夜な夜なこれを作ったのだけど、窓の外のひどい雨を見てたら、このなかを長靴履いて20分も歩いてプールに行く気が全然しなくなって、今日はスイミングを休んだ。
ぜんぶ行っても月にたったの4回しかないのに。
なんというていたらく。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

アイルランドパンで朝ごはん

17_ireland_pansoup

昨日、ヴィエイユさんで買ってきたパン。
左が酵母で発酵させずに重曹(SODA)で膨らませて焼いたというアイリッシュ・ソーダブレッドで、右がアイルランドのライ麦を使って酸味を出したというアイルランドぱん。

17_ireland_pan02

昨日すごくいい匂いがしてたのはこのアイリッシュ・ソーダブレッドなんだけど、こんなラフな成形でゴツゴツしたパンです。

17irish_soda_bread_2

それにくらべると、きれいにクープの入ったパンらしいパンのアイルランドぱん。

17_ireland_pan03

せっかくおいしいパンを買ったのだからおいしく食べたいと、昨日夜な夜な作ったのは豆の入った濃厚トマトスープ。
両方切ってみたのだけれど、アイリッシュ・ソーダブレッドのほうはずっしり密度の詰まったボソボソしたちょっと甘くないケーキみたいなパンで、アイルランドぱんは思ったより癖のない食べやすいパン。どちらもバターをつけるのがあうけど、アイルランドぱんにはレタスやハムをはさんでもおいしそう。
スープを作るとき、豆の入ったとろっと濃厚なスープをイメージして作ったのだけど、そのとおりにできあがってパンによく合っておいしかった。
大山さんのパンは粉をたくさん使ったずっしりしたパンだから、もうこれだけでおなかいっぱい♪

17_ireland_pansoup_2

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

りんごくるみサラダ

17ringo_kurumi_salad

昨日、外に出て歩きはじめたら左手が電気を通したみたいにピリピリしてるのに気がついた。
帰りの電車ではもう眠くて眠くて喉が渇いて渇いて、駅前のスーパーに寄って朝のサラダの材料を買おうとして、でももうトマトもきゅうりも食べたくなくて、キャベツか、と思ったけどそれもピンとこなくて、果物売り場に青森りんごが出てるのをみつけてそれを買った。今季初もの?
深夜のスーパーマーケットでは母娘連れの年配のお母さんのほうが意識はあるものの倒れてフロアの床に寝てて驚く。いったい何が?
スーパーを出るといま救急車が到着したところで、その脇をすりぬけて歩きだすとポツポツと雨。
また浄化か。
この国はどこまでも浄化を必要としてるんだな。

明け方激しく降った雨は朝息子が出かけるころにはやんで外は清らかな大気。
それで今朝はひさしぶりにりんごとくるみのサラダ。
りんごは浄化にいいし、くるみは脳にいい。
冬のあいだは毎朝飽きるまでこれを食べつづける。
大きなダンボール箱に2段に入ったりんごを二箱。
去年はそれでも足りなくてまだ買ったんだっけ。
そして去年は誰も風邪をひかなかった。
今年もじきに青森のりんご農園から手紙が来るだろう。
季節のお手紙。
あのおじいさんは元気かな?
今朝もレバーデトックスティーと。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

カニ缶でカニごはん

17kani_gohan01

今朝は仕事仲間とスカイプで話してるときにグラッときて、本棚のいちばん上に置いた器が転がりそうなほどの大きな揺れで、思わず「うわー!地震だー!」といいながら子機を握ったまま本棚を押さえたほどだった。
震源地は埼玉南部。
だんだん近くなってる。
こわい。
自分と子供が生きてる間は関東大震災なんて起こらないでくれと思うけれど、そんな虫のいい話はないか。

お昼は、妹がお香典返しでもらったという、いいカニ缶をおすそわけでひとつもらったので、それで作ったカニごはん。白米だったらもっとおいしくできたのかなと思うけど、うちは玄米。夜は息子が仕事帰りに外で食べてくるというからカニごはんがいっぱい余っちゃうのでこれをリメイクしてカニ雑炊にして食べる。
作家ものの手書きの桜のお茶碗は縁が何ヵ所かチップしていたのを、2年前だったか3年前だったかに国分寺のくるみギャラリーの『簡単金継ぎワークショップ』に行って自分で金継ぎしたもの。備前のマグカップとこれとふたつ持って行った。教えてくれた陶芸家の堀込和佳さんからは「初めてやった割にはうまい!」といわれたけれど、自分としては不満足な出来。わたしはおなじナンチャッテ金継ぎでも、筆を使って新うるしを塗るのがやってみたい。
日常のこんな小さないとなみと、それを一気に押し流してくような天災の予兆とが常に同一線上にあって、ときどき頭の中が白くなる。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

懐かしのポテトサラダ***

17potato_salad

地上波が終了してTVが見られなくなってからもう数年経つけど、べつだん何も不便はないし、とくに見たいとも思わない。それどころかたまに実家に行ってTVを見ると、あまりのうるささと十年一日のごとくまったく変わらないTV番組の状況に呆れてしまう。こんなもの見てどこがおもしろいのかまったくわからない。昔とちがってCMも信じられないほどセンスが悪いし、ただうるさい色彩と音を垂れ流すだけ。ニュースはひっきりなしに陰惨でグロテスクな事件を報じつづけている。いったいそんななかで、どうやっておいしくごはんが食べられるんだろうと思うけれど、認知症になった父の頭はそんなことにはいっこうに頓着しないようだ。まだ年端もいかない若い女性が暴行されて殺され遺棄された、というニュースを見ながら、「茨城か。懐かしいなあ。昔、行ったことある」といったりする。
先週、夕飯を作りに行った日はTVからスーパーで買ったポテトサラダを食べた人がO157になって死亡したニュースが流れていて、それを見た父は「ポテトサラダなんて懐かしいなあ」というので、「食べたいの?」と訊いたら、なんだか食べてみたい風だった。

それで今朝の朝ごはんは、昨晩作ったポテトサラダ。
ポテトサラダなんていうのもなんてことない、庶民のお惣菜だと思うけれど、実際作るとなるとめんどくさかったりする。じゃがいもを皮ごとゆでて熱いうちに皮をむいて味付けしなくちゃならないし、冷ます時間だってある。具だくさんにしようと思ったら中に入れる野菜の下ごしらえもある。それで時間のない人はついできあいのお惣菜をかってしまうのだろうと思うけど、個人的なことをいうと、これまでポテトサラダに限らずスーパーで買ってきたサラダがおいしかったことって一度もない。それは昔、レストランの厨房で作るところを見ていたから知ってるけど、洗って水切りして千切った野菜に、最後にアルコールをスプレーするせいじゃないかと思う。あれを見た瞬間、だからホテルや飛行機の中で出てくるサラダって何を食べても消毒臭くておいしくないんだ、と思った。でもそれくらい、生野菜って雑菌が付きやすいんだと思う。そんなもの食べても栄養になんてなるどころか、お腹の善玉菌が死んでしまう。この日本で、買ってきたお惣菜を食べてO157になって死ぬなんて驚きだし、まったくもって世も末だ。
わたしも小さい子ども抱えて働いてて死ぬほど忙しいときがあったからごはんを作れない人の気持ちはよくわかるけど、できあいのお惣菜で大事な家族を失うくらいだったら、買わないに越したことはないと思う。
父と暮らす妹も朝から晩まで働いていて、ポテトサラダなんてきっと作らないと思うから、昨日たくさん作ったのを今日半分持ってゆく。
9月になっても天候が優れなくて寒かったりして、先週作ろうと思っていたものが今日は作れない。先週は暑かったから次は鯛のカルパッチョでも作ろうと思ったのだけど、今日は涼しいので煮物を作ることにした。
どちらにしたって父は長時間かけて、小鳥ほども食べないのだけど。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

夏野菜のラタトゥイユ**

17ratatouille01

土曜日にスイミングクラブで、アルガンオイルを調達したお礼においしそうなズッキーニをもらったから、昨日ラタトゥイユを作った。
今年の夏はまったくもって『夏野菜の』なんて料理がぜんぜん似合わない夏だった。
一度もかき氷を食べなかったし、スイカも食べてない。
ノースリーブのワンピースも着なかった。
でも昨日はひさしぶりに晴れて暑かったから、こんなのが似合う日だった。
夏野菜のラタトゥイユ。
ラタトゥイユにもいろんな作りかたがあるけど、今回はちょっと横着して生のトマトでもなく、トマトのカット缶でもなく、カゴメの基本のトマトソースを使ってちゃちゃっと作ったのだけど、これがなかなか悪くなかった。

材料は、ナス3本とズッキーニ1本と黄色と赤のパプリカ1個ずつ、それに基本のトマトソースの缶詰1缶に、にんにくとオリーブオイル、コンソメキューブ1個と白ワインにローリエ。
作りかたのポイントは、みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで弱火でしっかり炒めたら、叩いて小さめに切ったセロリを入れてしっかり炒めること。パプリカは直火で皮が真っ黒に焦げるまで焼いたらボウルに入れてラップをして数分置き、皮をむいてから適当な細切りにしておくこと。ナスは洗ってヘタを取り4つ切りにしたら、皿に並べて塩少々をふり、出た水分をキッチンペーパーでとっておく。(このふたつは面倒でもやっておくとほんとうにおいしく仕上がる!)
そして、にんにく → セロリ → ナス → ズッキーニ → パプリカを、少量のオリーブオイルでそれぞれ順にフライパンで炒めるたびに塩少々で味付けして鍋に入れ、ぜんぶ鍋に入れ終ったら、叩いてつぶしたコンソメキューブ、ローリエ、白ワイン、基本のトマトソースを鍋に入れて焦がさないように中火から弱火で煮こむ。適度に水分がなくなったらできあがり!
AGE値の高いベーコンなんて入れなくても、作ったその日から濃厚でおいしいラタトゥイユが食べられます。
薄くスライスしてカリッと焼いたバゲッドを添えて。
我が家はつめたく冷やしたのより、あったかいのが好きみたい。

このラタトゥイユって料理も、食べるだけの人からしたらただの煮こみ料理くらいにしか思われないだろうけど、作るほうはけっこう手間がかかる。だから面倒くさがり屋の人はきっとやらない。でもこういうのは好きな音楽でもかけて、それに乗って黙々とたのしく手を動かせば難なく終わるし、うまくできます。
で、作り終わって洗いものをしながら父のことを考えていて閃いたのは何故か大根おろしに釜揚しらすをのせてお醤油をかけたので、子どもの頃よく朝ごはんに出てきたなあーって。食欲のない父は実はそんな、なんてことないシンプルであっさりしたものが食べたいんじゃないかなあと思ったのでした。
先週の月曜日に夕飯を作りに実家に行ったら、締め切った部屋の中でクーラーもつけずに、父が火照ったような顔で横になってぼぉっと見るともなくTVを見ていて、びっくりして思わず「この暑いのにクーラーもつけないで! 熱中症になるわよ!」といったのだけど、今日月曜は夕飯ヘルパーの日。

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

マロンかぼちゃのペペロンチーノ

17pumpkin_peperoncino

昨日一日、自分メンテナンスデーと決めて仕事を休んでた息子が背骨マットに寝ころびながら、「ネットがつながってないのはいいね。面倒なメールを見なくてよくて」といった。つづけて「コンピュータいじるのなんかやめて畑をやるんだ。かぼちゃ畑」というから、「なんでかぼちゃ畑なの?」と訊けば「かぼちゃが好きだから」という。しょせん寝言みたいなな話だけど男の癖にかぼちゃが好きなんて変わってる。親友のマリコなんてカボチャもイモ類も豆類もみーんな嫌いなのに。

して、昨日のお昼はそんな息子におあつらえ向きの、マロンかぼちゃのペペロンチーノ。これはもうずいぶん前のこと、南青山のスパイラル近くのイタリアンレストランでランチに食べて以来、ときどき家でもつくる。
つくりかたは最初にかぼちゃを細切りして揚げて塩・コショウしておくほかは、ふつうのペペロンチーノをつくるのと一緒。つまり、できあがったペペロンチーノにフライドパンプキンをのせてパセリを振るだけ。
はじめて食べるひとは「かぼちゃのペペロンチーノ?」と思うかもしれないけれど、パスタにフライドパンプキンをからめて食べると甘さとしょっぱさのコンビネーションが絶妙でおいしいのです。
最近ハマっているのは近所のスーパーで売ってる生産者限定のマロンかぼちゃ。ほんとに栗みたいな濃厚な甘さで、ホクホクしてて色もきれいなオレンジ色。
どこかでみつけたらぜひ、このマロンかぼちゃのペペロンチーノ、お試しあれ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧