« まばゆい冬のひかりのなかで | トップページ | パン焼き職人がうちにいる »

2020年11月21日 (土)

Will the day come when humans can coexist with the earth?

2011nyumen

昨日までよりちょっと気温は下がったみたいだけど、今日も朝から気持ちよく晴れて窓辺のひだまりがあったかい。
お日さまはほんとになんて偉大なんだろう! 
ただ青空に太陽が照っているだけでわたしはこんなにもしあわせだ。
そして今日も元気にプールに行けること。感謝しかない。
きらきら光る陽射しの下を自転車で走りながら「ありがとう!ありがとう!」といいながらプールに向かった。
ただ、解体されているブリヂストンの工場脇の樹木が根こそぎどんどん伐採されているのだけが腹立たしくて、かなしい。『ブリヂストンは市の緑化に貢献しています』みたいなことが書いてあったあの看板はいったいなんだったんだ。大企業のいうことなんてたいてい詭弁ばかりの大嘘つきだ。わたしがスイミングスクールに通っているこの20年ちかくのあいだ、真夏の太陽がじりじり照りつける日も北風が吹き荒れる日も突然ヒョウが降ってきた日も変わらずにいつもここに立って美しい緑を揺らしていた樹々は、いまは無残に切り倒されて根こそぎブルトーザーで無きものにされている。敷地のこんな端っこの樹木を切り倒して更地にしなきゃならないほど、敷地を有効活用せねばならないっていうのか。ここは鳥たちの居場所でもあったのに。人間はほんとにバカだ。大木となった樹は人間なんかよりよっぽど『知っている』存在なのに。ここにわずかでも林があったから車がバンバン通る排気ガスだらけの府中街道脇でも自然を感じながら走ることができたんだ。
もう20年ちかくつづけてるスイミングだから、それがない生活なんて考えられないけれど(そしてそのことにはブリヂストンにほんとに感謝しているけれど)、切られた樹木から立ちのぼる、つよい生命の証みたいな香気を感じたら心底かなしくなっていやになったから、もうプールはやめようかなぁ、なんて思いながら帰った。

そしてプールから帰って、出てきた今日のまかないお昼は中華風にゅうめん!
ウェイパーの入った鶏がらスープに、豆板醤が効いてピリ辛の鶏そぼろと青梗菜が絶妙のうまさ。
娘はこの1年あまりで料理がほんとにうまくなった。
毎日つづけること、継続は力なりって、ほんとに思う。
感謝。

|

« まばゆい冬のひかりのなかで | トップページ | パン焼き職人がうちにいる »

今日のお昼なに食べる?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まばゆい冬のひかりのなかで | トップページ | パン焼き職人がうちにいる »