« 夏の終わりの、、、、、、人生はコント。 | トップページ | 向日葵のある食卓 »

2020年8月27日 (木)

8月最後の向日葵

200827sky-01
昨夜は夜遅くなってからものすごい音で雷が轟きはじめ、窓に稲光がピカピカしてこわかった。
夜のあいだにずいぶん降ったみたいだ。
朝起きるころには台風一過みたいな青空に雲がもくもくしていて、典型的な夏空。
そしてモーレツな蒸し暑さ!
今日は一日、雲の様子がすごかったけど、それを撮る間もなく午後遅くなって郵便局に郵便物を出しにいって、支払いをすませて通帳記入をして数字を見たら思いのほかたくさん引き落とされていて、うわっと思った。25日のペイデイにお給料が振り込まれなくなって今月でもう1年たつのに、たいていの支払いはその直後に行われるということをときどき忘れちゃっていて、はっとする。それできっと、ちょっと落ちちゃったんだろうね。フーガ珈琲でコロンビア・スプレモを200買って、家に帰って珈琲を入れて娘と飲んで、ふつうにしてたつもりだったんだけれど、うちの家族は大なり小なりHSPなひとたちで人の感情に敏感だ。
夕方、コンピュータの前で黙々と求人検索しているわたしに、マスクをしてトートバッグを肩からさげた娘が「ちょっと散歩してくる」といって出て行った。
200827sky-02
すぐ横の窓から見える空には半月よりすこし太った月が浮かんでいて、それからしばらくしたときだ。
雲行きがあやしくなってきたな、と思ってベランダに出たら、雨がぱたぱた降ってきた。
まずい、またゲリラ豪雨になるかもしれないぞ。
もうそこらへんにいるかもしれない娘に傘でも持っていくか、と思ったけれど、そういうときって、およそちゃんと出会えたことがないのだ。
あきらめて家にいたら間もなく玄関のドアがあく音が聞こえて、娘が帰ってきた。
なんと手にひまわりの花束を持って。
たいして雨には降られなかったみたいだけど、頭からシャワーを浴びたみたいに汗をかいて。
国分寺まで、花を買いに行ったらしい。
そういえばこのあいだから向日葵がほしいっていってたもんな。
さすが娘、よくわかってる。
いまの時期いちばん大切なのは、自分自身や、自分のまわりの人を気持ちよくさせることなんだ。
いやあ、8月最後の向日葵。すごくきれい。
花をいけるたび、「ほんのわずかでもいいから部屋に花を飾ってください」と家が懇願したという、ホ・オポノポノの話を思いだしてしまう。
向日葵を置いたら食卓がひときわ明るくなった。
部屋も喜んでるね。
2008himawari

|

« 夏の終わりの、、、、、、人生はコント。 | トップページ | 向日葵のある食卓 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の終わりの、、、、、、人生はコント。 | トップページ | 向日葵のある食卓 »