« 五月のありふれた日曜の。 | トップページ | くるみとフルーツのぱん »

2020年8月 5日 (水)

朝の桃

2008hakuhou

雨の多かった年の桃はあんまりおいしくない、って前に八百屋のおじさんから聞いたことがあったから、今年の桃はどうかな、と思いながらこのあいだおそるおそる買ってみたのだけれど、蓋を開けたらなんてことはない。ここ数年でいちばんくらいおいしい。いまのところ3回買ったけどハズレ無し。

梅雨明けとともに一気に暑くなったいま、わたしがいちばんおいしいと感じるのは桃だ。
このあいだ娘がひとくち食べて「若返るような味だね」といったけど、まさにそんな感じ。
しみるようなおいしさ。
それで、桃から生まれた桃太郎の話もあるくらいだし、ほんとに若返ったらいいのにねぇ、なんて願望がさく裂したのであった。
長雨でいま野菜がすごく高騰していて、びっくりすることに萎れたような小さなレタスがひとたま380円もする。この桃はスーパーの前に出店を開いてる八百屋さんの昨日のお買い得品で、ひとやま6個で780円の白鳳。きめ細やかな硬めの果肉がずっしり重たくて、追熟させると、とろけるような甘さ。いま高いレタスを買うくらいだったら、いっそ桃を買ったほうがいいんじゃないかとわたしは思う。
桃だっていいのは安くはないけど、でも朝たべる桃の、この目の覚めるような瑞々しさといったら!
失業してたってわたしは桃が食べたい。
できることなら出回っているあいだじゅう、毎日のように食べたい。
もっというなら桃源郷で暮らしたい。
こんなわたしを見て「桃くらい、おとうさんが買ってあげる」といってた父はいまごろ天国できっと笑ってるね。

|

« 五月のありふれた日曜の。 | トップページ | くるみとフルーツのぱん »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月のありふれた日曜の。 | トップページ | くるみとフルーツのぱん »