« 桜に大雪 | トップページ | 本日はメキシカン・ディナー »

2020年3月29日 (日)

休日のスペシャルおやつ ♡

20coffee-chocolate-almond-cobbler

ほんの少しまで牡丹雪から切れ切れに舞う紙のようにガンガン降っていた雪は2時前には雨に変わり、それもいまやんだ。
今日の3時のおやつは、昨日つくったコーヒーチョコアーモンドコブラー。
これ『ホーローバットで作るうちのお菓子』って本に載ってて、前からいちど作ってみたいと思いながら、材料なのか手間なのか、何かがちょこっとハードル高くて、ずっと作れないままでいたんでした。でもせっかく4週間ぶりにいい珈琲を飲むんだから何かスペシャルなおやつがほしい! ってことで昨日ようやく作ったのだけれど、作ってみたら意外となんてことなかった。
バターをやわらかくして砂糖とすり混ぜ、分離しないように卵を入れてクリーム状にするっていうようないつもの手間もなく。
それで、そういうことってお菓子作りに限らず、よくあることかもしれない、と思う。
いろいろやらない理由つけて制限かけてるのは自分の曖昧な感覚だけで、やってみたら意外とカンタンにできることってもしかしたら多いのかもしれない。今年も早や1年の4分の1が終わろうとしているいま、残りの4分の3は行動することに主眼を置くことにいたしましょう。

・・・というわけで、このコーヒーチョコアーモンドコブラー。
なんでいちど作りたかったっていうと、これ珈琲にめちゃめちゃ合いそうなお菓子だからです。
たっぷりのバターにアーモンドプードル、フリーズドライコーヒーの入った珈琲の香りのする生地の上には粗く刻んだビターチョコとアーモンドがいっぱい乗っかって。さらに食べるときは、いったん冷やし固めたコブラーを1カットずつ200℃のオーブンで3分なおし温めなおして、生クリームをかけていただく、、、という。本には「オーブンで温めなおして、ふわっとさせてから食べると、えもいわれぬおいしさです」とあって、珈琲好きのわたしにはもう、魅惑だったんですよね。
粉の分量の割合からは牛乳(+生クリーム)と溶かしバターの量が多いから焼き上がりはやわらかいのだけれど、一晩冷蔵庫で冷やした後は上の写真のとおり。ずっしり固まってます。
それを6分割してオーブンで温め、泡立てた生クリームをかけたらこのとおり。
この時点でもうおいしくないわけがない!

20coffee-chocolate-almond-cobbler-01

珈琲とチョコのいい香り。
味は意外にもそんなに甘くなくてビター。
温まった生地の触感とメルティな生クリーム、アーモンドの芳ばしさが混ざりあって、めっちゃおいしかったです。
大人の味。
珈琲にもめちゃめちゃ合う!
・・・で、カロリーが高いせいか、6分の1カットですごく満足しました。
最近うちでは何かおいしいものを作ったり食べたりすると、きまって「Sちゃん(息子)にも食べさせたいね」といいあうのだけれど、これも息子に食べさせたい味。きっと好きだろうなあ!
もっとも自分もそうだったからよくわかるけど、家を出てしまった人としてはそんなことかなりどうだっていいんだよね。よくわかる。で、それでいいんだと思うけど。でもこれは息子に限らず、誰かが家に来るときにおもてなしで作りたいお菓子かな。
オーブンから出して生クリームをのせてサーブしたとき、思わず喜んだ相手の顔を見て自分もうれしい、という。
これはそういうお菓子です。
ハンドドリップした大好きな土居珈琲のコーヒーと。
今日の珈琲は、カサブランカ農園のニカラグア。
土居珈琲さん評して「チョコレートのような香り。レモンティーを感じさせるような爽やかな酸味。バターのような質感」。珈琲をいれながらいつも思うんだけれど、いつまでこんな贅沢な珈琲が飲めますことやら。

20coffee-chocolate-almond-cobbler-02

|

« 桜に大雪 | トップページ | 本日はメキシカン・ディナー »

今日のおやつ ♡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜に大雪 | トップページ | 本日はメキシカン・ディナー »