« 今年最初の山羊座の新月 | トップページ | はじめて『離婚した卵』を食べた日。 »

2019年1月 7日 (月)

七草粥

19nanakusa

前にもこれとほぼおなじような写真を撮ったことがある。
毎年この時期になると春の七草を摘んでパック詰めしているひとたちがいるんだなあと思って、ちょっとその姿を想像してみたりする。
うちの父は不動産屋だったからいつも七草まで休みで、ふだんは仕事が忙しくて夕飯にもほとんどいないような父が暮れからお正月にかけては毎日家にいて大掃除を手伝ったり、大きな伸し餅を包丁で切り分けたりしているのを見るのは子どもながらに面白かった。母は父方の家ではお正月にお雑煮を作るのは男のならわしと祖父から聞いたと言っていたけど、一度でも父がお雑煮を作ったことがあったのかなかったのか、作ったことがあるとしてどんなお雑煮だったのか、すっかり忘れてしまった。母はいつだって怒りんぼうの小言幸兵衛さんだったから、父が家にいるのは年じゅう叱られてばかりいる子どもとしては味方がいるようで心強く、松の内明けともなると、ああ、また学校かあ、というのと、ああ、また家に帰るとおかあさんしかいないのかあ、というので、ちょっと憂鬱だった。うちでは7日に七草粥など食べなかったけれど。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。春の七草はごろがいいから言えるけれど、秋の七草はわたし言えません。
そんな今日7日の朝ごはんは七草粥にお漬物、娘が買ってきた苺に3年番茶。
1月5日は苺の日だというけれど、風水的には苺にははじまりの気があって、物事のはじまりのタイミングで食べるといいそうだ。いつもは珈琲のことばっかり考えてるわたしだけれど、朝いちばんに三年番茶を沸かすと、立ちのぼる香りはきりっとして大気を浄化してくれるようで、背筋もしゃんとするようで、好き。

19nanakusa_gayu

我が家の新月の花はベランダから摘んできたボレロ。
冬のボレロは外側の花びらがグリーンがかって、内側はアプリコットピンクになってきれい。天気のいい冬の朝は部屋じゅうに虹が飛ぶ。

19bolero

|

« 今年最初の山羊座の新月 | トップページ | はじめて『離婚した卵』を食べた日。 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最初の山羊座の新月 | トップページ | はじめて『離婚した卵』を食べた日。 »