« スープとパンの朝 | トップページ | 冬の花たち »

2018年12月 4日 (火)

冬の花

18tomoki_watanabe02

親友のMちゃんがまだ近所に住んでいたころ、冬の夜にアポなしで訪ねたら、自転車飛ばしてハアハア息切らしながらやってきたわたしの顔を見たMちゃんに、「そうちゃんは冬の花だね」といわれたことがあった。
冬の花。
わたしが夏が好きなのは、厳寒の二月生まれだからかもしれない。

今年は妹の引っ越しとブッキングしてしまったせいで初日には行けなかったけれど、昨日暗くなるころ娘と連れ立って行って来た。
渡邊知樹個展『冬の花』。
今回でたぶん、4回めとなる陶芸家の駒ヶ嶺三彩さんとのコラボ展。
今年も三彩さんの作ったたーくさんのお皿やコップやタイルに、知樹さんが絵を描いた陶の作品やアクリル画が空間いっぱいに賑やかに並ぶ。
知樹さんの個展のDMは毎回素敵なのだけれど、今回のDMもとてもよかった。
絵も言葉も。(特に言葉が。)

 春であれば過ち
 冬であれば静けさ
 いずれにせよ
 花の言葉


そのまま詩ですね。
昨日はあいにく三彩さんはいなかったけれど、前髪を切ってますますかわいくなった(知樹さんの奥さん)なっちゃんと、相変わらずとぼけた画伯が温かく迎えてくれた。この古民家のギャラリーも、なくなったらさびしい、ある意味HOMEみたいな場所だと思う。
昨日、わたしが選んだ1枚のタイル。

18tomoki_watanabe01

これにします、といってなっちゃんに渡したら、あ、それ菜摘が「これなんで売れないんだろう。いいのに」って言ってたやつだー、と横から画伯。
そう、なっちゃんとは気に入るものがいつも似てるのです。
家に帰って包みをあけてわたしが見てたら、「でも、なんでこれ裸なんだろう?」と娘。「さあ。ヌードが描きたかったんじゃない? 絵描きだから」と、わたし。ちっとも答えになってないけど、ああ、もしかしたらそんなところにあるのかもね。売れ残ってた理由。日本人って変なとこコンサバだから。
さあ、わたしの人生にはたして猫と暮らす日々はやってくるのでしょうか?
猫好きの神みたいな男の人とセットで、がわたしの理想なんですけど、、、、、、
それこそ神のみぞ知る!

渡邊知輝個展『冬の花』は、阿佐ヶ谷CONTEXT-s で、7日金曜日まで。
時間は12時から7時。
冬の木漏れ日が美しく揺れるギャラリーにお散歩がてら、ぜひお出かけください。

|

« スープとパンの朝 | トップページ | 冬の花たち »

アートのある場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スープとパンの朝 | トップページ | 冬の花たち »