« 『挌』というもの。 | トップページ | 冬の白 *** »

2018年11月 8日 (木)

りんごのお便り **

18apple_season

先週、りんごの樹のオーナーをやってる友達に、「今年はいつ収穫に行くの? わたし、一度りんご園でりんごがたくさん生ってるとこ見たいんだよね」といったら、「来週行くよ。なんだったら一緒に行く?」といわれて、まじで急きょ会社に休日届け出して行っちゃおうかと思ったけれど、いかんせん急すぎるし、いきなり彼らの間にわたしが飛び入りしていいもんかな、というのもあったから、今年はパスして来年は一緒に行かせてもらうことにした。
それで、長野が11月頭ってことは青森は11月末くらいだから、そろそろ来るころかなあと思っていたら、やっぱり来ました、青森の長谷川りんご園さんから今年もりんごのお便りが。家族、親類総出で一年間、丹精込めて作ったりんご。今年のりんごも蜜がたっぷり入ったおいしいりんごだそうです。完熟で収穫して、採れたてを届けてくれます。たのしみ 
で、一年ほんとに早いです。
これからまた数ヶ月、アオムシのように毎日りんごばかり食べて暮らす冬がくるんだと思うと・・・・・・
そう思っていたら新月の今日、別のところからりんごのお便りが届きました。
そう、りんごの木のオーナーをやってる友達夫婦から。
収穫したての大きくて真っ赤なりんごとともに。
彼らのりんごの品種は、陽光。
ほんとに大きくて真っ赤でピカピカのきれいなりんごです。
姫りんごみたいな、おっきなサクランボみたいなかわいいミニりんごも入ってて。
「今年は初の雨の中の収穫となって大変だったけど、終わってみれば楽しかったなあーっていう感じでした!」というメッセージ付き。
しかも、いつもの年より大量に採れたそうです。
もう、そう聞いただけで自分も行きたくなってしまいます。
夢はユーリさんの白樺かごいっぱいにりんごを収穫して、りんごの樹の下で写真撮って来ることかな。で、りんごの樹の下で、っていえばすぐ思い浮かぶのはマイケル・フランクスの『Underneath The Apple Tree』ってかわいい曲で、ママライオンとぼく、つまりいってみればこれはアダムとイブの歌で、マイケル・フランクスののんびりした歌いっぷりの割にはけっこう色っぽい歌なんだよね。タイガー・イン・ザ・レインってアルバムに入ってる。
それを口笛で吹きながらさっそく剝いたりんご!
あたりまえだけど、りんごは採れたてがいちばんです。
ジューシーで香り高いうちにいただきましょう。
立冬過ぎて暖かな11月の午後。
今年もりんごの季節のはじまりです。

18apple_season_01

|

« 『挌』というもの。 | トップページ | 冬の白 *** »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『挌』というもの。 | トップページ | 冬の白 *** »