« Birthday Eve@Posada del Sol ☆ | トップページ | 台風の爪痕 »

2018年9月30日 (日)

9月は散々な月

Dscf1744

昨日の午前中、仕事仲間にメールを書いていたら突然コンピュータの電源が落ちた。てっきりまた自分のコンピュータがクラッシュダウンしたのかと思ったら、机の上のヒマラヤソルトランプも消え、いままで動いていた洗濯機も炊飯器もみんな止まっている。玄関の配電盤を見に行くと、ヒューズが飛んでるわけではないので停電とわかった。
でも停電ならすぐに復旧するだろうと思っていたら、ぜんぜん復旧する気配がない。
窓から外を見ると、わけがわからず困って部屋から出てきた住人たちが話しはじめている。話しているのは一様に停電らしいということばかり。
書きかけの仕事のメールがぶっ飛んでしまったわたしは軽いショックをうけつつ、娘にiPhoneで事の原因を調べてもらうと、『山梨県で停電』というトピックのほかは、NTTのサイトで現在停電している地域を表示しているだけだった。次にツイッターを見てもらうと、あきらかに見慣れた近所の写真が投稿されていて、信号機の消えた路地を走る車や、電気が消えて真っ暗なコンビニの店内などの写真が多数出てきた。豪雨が降ってるわけでも雷が鳴ってるわけでもないのに、停電で信号機まで消えてるって、前代未聞の非常事態だ。
それで事故が起きたりしないのだろうか、と思っていたら、さっそく救急車と消防車がけたたましくサイレンを鳴らしながら何台も町を駆け抜けて行った。
いまこの町では、スーパー・マーケットも飲食店も銀行も郵便局も、それどころか病院も停電しているのだ。このあいだまで父が在宅医療をうけていた身としては、こんなに長く停電していたら医療機器が止まって患者の命にかかわるんじゃないかと、そんなことまで気になった。
電気の消えた町はしんとして、まるで世界の終わりみたいだった。
でも、電気が消えたくらいでワールズエンドを感じてしまう自分たちって、もうとことん野性を失ってしまったんだ、とも思った。
そんな様々な思いをめぐらしながら真っ暗なコンピュータのディスプレイを眺めていたら、のんきな娘が「信号機の消えた町を散歩しにいかない?」というので、朝ごはんを食べたあとパジャマのままでコンピュータの前にいたわたしは、薄暗い部屋のなかで身支度をはじめた。昨日みたいな天気の日だったらまだよかったのに、と思っていたら、突然パチッと電気がついて、何事もなかったようにまた炊飯器が音を立てて動きはじめた。
やっと復旧した。その間、約30分間くらい。けっこう長かった。
「よかったね」と娘がいった。
でも問題はそこからだ。
コンピュータは電源を入れたらすぐ立ちあがったけれど、メールの送受信ができない、サイトがひらかない。ルータを見たら『ひかり電話』のランプが消えていた。つまり電話回線もネット回線も落ちてて使えないってわけだ。それじゃコンピュータがあってもぜんぜん意味ない!
そこから溜め息つきつつプロバイダの登録確認書を探し出してサービスセンターに電話をすれば、書かれた情報が古かったようで現在使われてない番号だという。しかたなく104で調べてもらったカスタマーサービスに電話をし、支持されるままルータの初期化をしてみるけれど復旧しない。そこからさらにネットがつながってなくてもルータとコンピュータがつながっていればひらくという管理画面をひらこうとするも、どういうわけかひらかず、ここでできることはこれまでなので、ここから先はテクニカルサポートセンターに電話してくださいと電話番号を教えられ。そこでは物理的にルータの電源コードと電話ジャックを抜き射しするのをやらされ、でもやっぱりだめで、となるとこれは機器的な問題だろうと、最後はNTTの故障係に回された。そこで調べてもらうと建物自体の回線が反応しないということで、住宅全体の回線機器の故障かうちのルータの故障のどちらか、あるいは両方の故障ということが考えられる、とのことだった。まずは故障状況を見に行かせます、とのこと。それで自分は在宅ワーカーで、うちには自分のほかにももううひとり自宅作業をする人がいるのでできるだけ急いでもらえるとありがたい、というと、とっても快く「交渉してみます」といってくれたのだけれど、けっきょくのところは修理窓口が非常に混んでて最短でも週明け月曜日になってしまうとのこと。もうこの時点で万事休す。(だからこの記事をアップできるのもそれからで、9月の大半の記事とおなじようにリアルタイムにはできない。)訪問時間は当日に修理担当から電話がくるまでわからないそうだ。おまけにそれで機器的な問題が解決しても、初期化してしまったルータのインターネット設定をやり直さねばならないから、またもやプロバイダのカスタマーサービスに連絡しなけりゃならないってわけだ。ふぅ。やれやれ。
父の死の前後になぜか家電が次々に壊れてあたらしく買い換えたうえに設置工事代がかかり、そのうえ玄関と洗濯機用蛇口の修理まであって、最後は停電に電話回線切断にルータの故障か。そして明日は大型台風上陸ときてる。
そう思ったら昨日は疲れたのを通りこしてなんだか悲しい気持ちになった。
9月は散々な月だった。
10月は断舎離・掃除・クリアリングの月になるだろう。
自分をクリアーにすること。
そして、もういちど1からやりなおすこと。
(写真は今朝いちばんに会った訪問者。おっきなカマキリ!)

|

« Birthday Eve@Posada del Sol ☆ | トップページ | 台風の爪痕 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Birthday Eve@Posada del Sol ☆ | トップページ | 台風の爪痕 »