« 静かで、やさしい時間 | トップページ | 梅雨寒 »

2018年6月16日 (土)

今日、プールで。

18potato

今日スイミングクラブに行って更衣室に入ったら「早苗ちゃん、早苗ちゃん!」と呼びとめられて、Fさんから紙袋に入ったジャガイモをもらった。「なかなか会えないから渡せなかったけど、これ除草剤も農薬も使ってないからすごくおいしいよ」って。最近、我が家はだんだん菜食傾向になってるから、こういうのがいちばんうれしい、といってもらった。長年プールに通ってると時々こんなことがあって、結婚しててもしてなくても、子供がいてもいなくても女同士、みんな生活者だから身近なものをあげたりもらったり。気の置けないつきあいは気楽でいい。

でもそのいっぽうで、ずっとプールで顔をあわせていた人がふと気がつくといつの間にか姿を見せなくなっていることがよくあって、平泳ぎがうまいことからわたしが『カエルのおじさん』(といっても年齢的にはもう、おじいさん)と呼んでいた男の人をしばらく見ないことに今日、はっとした。
おなじレーンで泳ぐHさんに訊くと、なんでも去年の暮れあたりプールで会ったときには、吐いたりもどしたりして近所の病院に行ったら胃からくる風邪だといわれた、と言っていたのだけれど、今年になって下のフロントで会ったら、いま休会届を出したところだって。どうしたの? と訊いたら、食道がんで黄だん症状が出ちゃって、手術もできないから抗がん剤をすることになった、抗がん剤でがんが小さくなったらまた来るよ、と言っていたという。でも、そのしばらく後に娘さんが来て退会届を出していったから、いま元気でいるんだかどうだか・・・。でも元気だったら、あの人のことだからプールに泳ぎに来ないわけはないしね、というので、びっくりしてしまった。
カエルのおじさんは毎朝5時に起きて10キロ近く歩いた後、家で朝ごはんを食べ、午後は月曜から土曜日まで毎日プールで泳ぎ、日曜は朝から一日野球の審判をしている、という人だった。背中が曲がっているのに器用に4泳法を泳ぎ、痩せているのにいったいどこからそんなエネルギーが出てくるんだろうと思うほど元気だった。
年をとった男の人はたいていひどく無口だったり気難しかったりして人とのコミュニケーションが下手な人が多いけれど、カエルのおじさんはその見た目に反してオープンで明るかった。わたしの後ろで泳いでるときはよく平泳ぎが苦手なわたしのキックの欠点を指摘してくれたものだ。キックが左右均等じゃないとか、ときどき煽り足になってるとか、キックした後にドルフィンをひとつ打つ癖があるとか。言われるたびに直しながら、わたしは、よく見てるよなあ、と思った。それだけ余裕があるってことだ。食道がんで黄だん症状が出ていて手術もできないといったら、それはもうあんまりよくない状況だろう。あんなに元気で明るかったカエルのおじさんがいったい何故・・・・・・。思わず考えないではいられないけど、おじさんの場合はちょっとやりすぎ、頑張り過ぎだったのかもしれない。自分では、こんなことこれまでずっとやってきたことなんだからちっとも大変じゃない、とか思ってたかもしれないけれど、身体のほうは徐々に疲れを溜めて、もう完全に回復できないところまでいってしまっていたのかもしれない。
わたしが読んだ免疫学の大家である阿保先生の本によれば、人ががんになる原因は『低体温と酸素不足』だということだ。また、昨日知ったばかりのエドガー・ケイシーの本によるとそれは『血液の質の劣化と、酸素供給能力の低下』であるそうだ。どちらもそのメカニズムを理解していればこのふたつの説が共通していることがわかると思う。そして、そこから逆算して、がんにならないためには何をすればいいかというのもいくつかサッと思い浮かぶけれど、いかにいい健康習慣を持っていたとして、それさえ人間の感情、ストレスと深く関わっていて、ストレスをうけるとすぐにぶれてしまう人間の感情のことを考えると、やっぱりそんなに簡単じゃないか、とも思う。

カエルのおじさんとわたしにはひとつ共通点があって、それは共にブレスに問題があるせいで背泳がいちばん好きで、得意だということ。男の人は背泳が苦手な人が多いからちょっとめずらしいけど、単純にずっと上を向いているから呼吸を意識しなくてすむからだ。特にクロールのように規則正しく、1、2、(まで息を止めて)3(で鼻から息を吐ききり)パアー(で顔を斜め横に傾けて息を吸う)ができないと、いつまでたっても長く、楽には泳げない。それを左右おなじようにできておなじピッチで泳げるようになればベストなのだけれど、何年やっててもいっこうにできるようにならない。たぶんそこにもフィジカルなことだけじゃなくてメンタルなことが関わってるんだと思う。
そんな似た者同士だからというわけじゃないけれど、食道がんなんて考えただけでも苦しそうで、元気だったときのカエルのおじさんの屈託ない笑顔が浮かんで、心底かわいそうになってしまった。もしいま病院に入院しているならお見舞いに行きたいところだけど、そんなとき他人の見舞いなんて返って迷惑なんだろうか。出産以外で入院したことのないわたしはそこがわからなくって、プールの帰り道、ひたすらホ・オポノポノしながら帰った。スーパー・マーケットで今季はじめて桃を買ったら、おいしい桃を買ってお見舞いに行きたくなった。

プールに通っているだけでもいろんなことがある。
毎回いろんなことを感じる。
何をしたところでいつ、どうなるかわからないのはおなじでも、できる努力はしないとならない。
今日も梅雨寒だったけど雨にならなくてよかった。
雨だったら重たいプールバッグを肩にかけて20分も歩かなけりゃならなかったから。そうじゃなくても肩が痛くてしかたないのに。
もらったジャガイモで今日はジャガイモとワカメのお味噌汁をつくる。
明日はジャガイモの入ったチキンカレーをつくろう。ゴメンナサイ、ドウカワタシヲユルシテクダサイ、アリガトウ、アナタヲアイシテイマス・・・・・・

|

« 静かで、やさしい時間 | トップページ | 梅雨寒 »

Good Swim♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かで、やさしい時間 | トップページ | 梅雨寒 »