« 風前の灯 | トップページ | 嵐みたいな »

2018年6月26日 (火)

ベルガモットの花が咲いた *

18monarda_didyma

去年ひとつも花を咲かせられなかったベルガモットの花が咲いた。
ベルガモットの花をはじめて見たのはコトリ花店。
変わった花を仕入れるのが好きな店主らしく、緑のガクから伸びた花びらが噴水みたいで、なんだかヘンテコな花だな、と思った。
和名は『タイマツグサ』。
これはホワイトだからあんまりイメージが湧かないかもしれないけれど、赤だとほんとに燃えさかる松明のよう。

モルダナといえば去年の初夏、パン屋さんに行った帰りに野火止め通りを走ってて、思わず「あ!」と自転車を止めたことがあった。
舗道の脇に、濃い赤紫のモルダナが見事に群生して咲いてて。
ハーブ園以外でそんなにたくさんのモルダナが咲いてるのを見たことがなかったから、こんなところにモルダナが、と思って驚いた。
よく見ればモルダナのほかにもチェリーセージやアナベルなどいろいろ植えてあって、どれも大きく育って元気な花を咲かせている。うちのベランダとは大違い。
土壌的には石やがれきがゴロゴロしてて、けしてよさそうな土とは思えないのに、いったい誰がこんなところに、こんなに上手にハーブを育ててるんだろう、と不思議になった。
そうしたら後日、花の手入れをしているおじいさんを見かけて話すことができた。
もとは農家をやっていて、リタイアしたいまは誰に頼まれてやってるわけでもないけど、ただ老後のたのしみとして、身体が動くあいだは、と思ってやっているという。
そうか、農家か。土と植物のことを熟知してるんだ、とわたしは思った。
その日も暑い日だったのに、80近くなってそれができるのはすごいことだと思う。
モルダナは、花が咲き終って秋になるとタネがまあるくボール状に残り、それがまたドライフラワーみたいで渋くてかっこいい。
そのおじいさんのおかげで、そんな秋のモルダナの様子を見ることもできた。
ささやかな生活のたのしみ。
そういうのを見るたびにわたしは地面ってすごい、と思う。
それにくらべて、わたしのベランダガーデンのハーブは小さな鉢の限られた土の中でいかにもひ弱な感じだけれど、宿根草のいいのは虫がいっぱいついて茎を短く切りつめても、冬に枯れたようになっても、水さえ完全に切らさなきゃまた元気に芽を出すこと。このモルダナも2年めにしてやっと咲いた。
ベルガモットは大好きな精油。
花も葉もとてもいい匂い。

|

« 風前の灯 | トップページ | 嵐みたいな »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風前の灯 | トップページ | 嵐みたいな »