« 柳は緑、花は紅 | トップページ | どうにもならなかったこと »

2018年4月 8日 (日)

四月の朝

18lavender

湿度がなくて気温低めの爽やかな朝。
わたしのベランダも日に日にばらがぐんぐん伸びてきて、だいぶいい感じになってきました。
去年は一年じゅう葉っぱしかなかったラヴェンダー。
2年めの今年はきれいに咲いた。
それから、ようやく大きくなってきたわたしのホワイトセージ。
セージって虫がつかないと聞いたのに、去年は白い葉の裏に同化するように白い綿毛みたいな虫がいっぱいついて、一時は枯れるかと思った。セージは湿度にも弱いから、そんな状態で夏越しできるか心配だった。それが徐々に調子を取り戻してきたのは秋になって気温が下がってきたころから。冬になっていくにしたがってほかの植物がだんだん休眠に向かうなか、セージは逆にどんどん元気になっていった。湿度さえなければ気温が低いのいっこうに平気らしい。植物も四季を通して一年つきあって、はじめてその性質がわかってくるなあ、と思う。ホワイトセージは生活の木ハーブ園でも滅多に入荷しないめずらしいハーブで、高温多湿の日本で育てるにはちょっと難易度の高い植物。
これを買ったのはシャレでクリスタルをスマッジングするためのホワイトセージを自家製できたらいいと思ってのことだったのだけれど、やっとそれが現実的になってきた。今日明日にも伸びたところを刈って天日干ししてみよう。

18white_sage

それから春の陽射しの中で気持ちよさそうに咲いている綿毛みたいなセルリア。
プリティピンク。

18seruria_05

晴れてさえいればいつも日当たりのいいベランダがあって、洗いたての洗濯物を気持ちよく干せる。そんなささやかなこともたしかなしあわせだと思う。
日々に感謝。

18seruria_06

|

« 柳は緑、花は紅 | トップページ | どうにもならなかったこと »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳は緑、花は紅 | トップページ | どうにもならなかったこと »