« 春財布 | トップページ | チョコレートな朝 »

2018年2月 8日 (木)

ユロカフェさんのきれいでおいしいごはん

18_hulot_caf

なぁーんかどっかまだわたしは完全じゃないみたいで、駅に着いてホームに降りちゃってから忘れ物に気づいて家まで戻ったりして、予定よりずっと遅れて着いた。
吉祥寺にじ画廊、渡邊知樹個展『鳥の形を借りて線を引く』。
何度も書いてるけれど知樹さんの絵をはじめて見たのはここ、にじ画廊での『花、花、ギガンテス、花』のとき。まだたったの2年前。
あのときはピンクという色のパワーが圧倒的だったし、とにかく勢いがあって魅せられた。その後につづく『食卓のある風景』では爽やかで新鮮な食卓を見せ、『言葉になってしまう前に』では頭の中で何かがフィックスする前の自由で幻想に満ちたドローイングを展開し、『そして空について語り合う』では到底想像することもできない絵描きの視点、頭んなかを垣間見せた。記憶にあたらしいところで『静寂に抗う』では自分の中の沈黙と向き合い、ひしめき、はみでようとするものを端正で美しい世界として描いた。
知樹さんの絵は、いつもちがっていつも新鮮。
今回の絵を見ながら、いまはこんな繊細なエネルギーなんだなあーと思った。
タイトルどおり、鳥が降ったばかりの雪の上を、町を俯瞰しながら飛んでるような絵。ギャラリーに入ってすぐの左の壁にあったいちばん大きい絵がよかった。
でもね、今日はなんだか飛蚊症がひどくて目の前がチラチラするのと、ほかに写真を撮ってる人がいて邪魔したくなかったのと絵を見ているうちにボーっとしてきちゃったのとで、相棒と一緒に行ったのに1枚も写真を撮らずに出てきてしまった。
でもいつもたいてい知樹さんの個展は最低2回は行くことになってるし、今回は会期が今日から20日までとちょっと長いから、時間を変えてまた何度も行こうと思う。
そこに行きさえすれば好きな絵が見られるってほんとにとくべつなことです。

ボーっとしながらギャラリーを出たあとは、西荻のたすカフェさんにユロカフェさんのランチを食べに。時間ぎりぎりに間にあってよかった。
ユロカフェさんのつくるごはんは見た目もきれいでオリジナリティーあふれるおいしいごはんです。
アートを見た後に食べるにはサイコーなんじゃないかな。
今日のランチのメニューも変わってて、最初に出てきたのは『いちごとビーツ、赤い実のサラダ、いちごとチョコレートとドレッシング』。
メニューを見ただけでバレンタインだってわかる。
いちごとチョコレートのソースでサラダを食べるのなんてはじめてだったけど、チョコに浸してからりと焼いた薄切りのバゲットも入ってて、このサラダおいしかったです。
そしてメインは前に食べておいしかったからまた食べたかったボルシチ。

18_hulot_caf_01

牛肉がとろけるおいしさ。
といって、ビーフシチューよりさっぱりしてて。
これ自分でも作りたい。
娘が食べてたのもおいしそうだった。
写真はないけど、『ココアのパスタ、くるみソース』。
ココアの板パスタはユロカフェさんの手作り。
手がこんでます。
デザートには『ショコラショー』や『ゴルゴンゾーラ入りベイクドチーズケーキ』なんかもあって、ここ珈琲もおいしいからお茶もしていきたかったけど家にまだ息子が買ってくれたフィナンシェがあるからグッと我慢して帰ることに。
今日もたすカフェは時間がゆっくり流れてて、わたしほんとにここ好きだなあ。
きれいに片づきすぎてなくてきっちりしすぎてなくて明るすぎなくて本がいっぱいあっていろいろちょうどよくて、うっかりすると自分の部屋みたいにくつろげて、パトリス・ジュリアンの『カフェは第2の部屋』なんて言葉を思いだす。この感じは東京っ子は好きだと思うな。
チョコホリックのわたしはユロカフェさんのバレンタイン・メニュ―目当てにここにもまた来ようと思います♪
あっという間の2分の1ホリデー。

|

« 春財布 | トップページ | チョコレートな朝 »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春財布 | トップページ | チョコレートな朝 »