« チョコレートな朝 | トップページ | すばらしき世界 »

2018年2月18日 (日)

鳥の形を借りて線を引く@にじ画廊

18tomoki_watanabe_exhibition04

知樹さんの個展の初日に行ったとき、知樹さんの右目が赤く充血してて、あ、また朝まで描いてたな、と思った。
知樹さんはいつもそうだ。
リアルタイムに、いまこの瞬間でてくるものを大切にしてるから、いつも直前まで描いてるし、個展のあいだもずっと描きつづける。会期中は毎日在廊して来てくれた人と話し、家に帰って明け方まで描く。仮眠をとって、またギャラリーに向かう。だから個展のあいだはずっと睡眠不足。なんて気力があるんだろう!と思うし、よくそんなにとめどなく創意があふれてくるものだと感心してしまう。構図やバランスなんかはすでに知樹さんの中に定着した感覚としてあるんだろう、何も考えずに大きな白い紙に向かうと次々でてくる、躊躇なく手が動くってすごいこと。
だからギャラリーにはいつも描いたばかりの絵が並ぶ。
2回めに行ったときは階段を上がる途中で左の目の中に入ってきた色とかたちに「あっ!」と思った。娘もおなじように思ったみたい。そういう人間の一瞬の感覚っていうのもすごいと思う。

18tomoki_watanabe_exhibition03_2

18tomoki_watanabe_exhibition02_3

18tomoki_watanabe_exhibition13

18tomoki_watanabe_exhibition08

18tomoki_watanabe_exhibition10

18tomoki_watanabe_exhibition07

この日は奥さんのなっちゃんも来ていて、それから知樹さんのおかあさん、スワンさんも現れて、壁を見るなり「あ、絵が変わってる!」というあたり、さすが。もう何度も来ているらしい。チョコホリックの息子のためにゴディバのチョコレートを買ってくるなんて、なんてやさしいおかあさんなんでしょう。知樹さん、しあわせ!
それでスワンさんから知樹さんの幼少のころの話など聞きつつふたりで母の会をやってたら、そこに前に個展を観に行ったことのあるフォトグラファー、山口明宏さんもやってきて、しばしみんなで親子にまつわるぶっちゃけトークがはじまり・・・・・・
わたしは滅多に聞けないよその息子の本音が聞けて面白かった。
知樹さんも大きいと思ってたけどスワンさんも背が高くて大きくて、井の頭公園の池に浮かんでるでっかいスワンを思いだした。まさしくあんな感じ。足バタバタごんごん進む。
そこで撮った知樹さんとスワンさんのツーショット。
やっぱり親子、雰囲気が似てます。

1802pepepeswan

知樹さんがエライなと思うのは、仲間内で話しててもギャラリーに誰か入ってくると、さっとそばに行って「来てくれてありがとう」とお礼をいい、話のきっかけに今日、何を見て来てくれたのか訊くこと。展示を見に行っても作品の前で仲間内で固まってずっと話してて、作品がよく見れなかったりアウェイに感じてしまったりすることも多いから、そうやって観に来てくれた人への配慮ができるのはとてもいいことだと思う。どう言ったところで作品と人、両方あってのことだから。
知樹さんはわたしのことを「ぼくのガチなファンですね」というけれど、絵にしろ音楽にしろ好きなものがピンポイントでしか存在しないんだから、ガチなファンにもなろうってもんです。

18draw_a_line_by_borrowing_the_shap

絵みたいな知樹さん書き文字。
「どのような空を以って自由とするか/どのような檻を以って叫びとするか/問いかけている時/鳥は素直に飛ぶ」

18tomoki_watanabe_exhibition09

知樹さんはこの個展の後も、3/3から渋谷Bunkamura地下 NADiff modernで『Blue landscape』、4/14から鎌倉Wonder Kitchenでの『GOOD BIRDS』、4/3からタンバリンギャラリーで『渡邉知樹展(仮 )』、札幌Context-sでの『はじめてのように』、阿佐ヶ谷Context-s ing企画の『渡邉知樹個展(仮 )』と個展がずっとつづく。
ガチな(とか、ふだんは使わないけどこういう言葉)ファンのわたしとしてはどれもとっても楽しみだけど、身体を壊さないようにしてほしいなと思います。そしてせっせと500円玉貯金に勤しみます smile
ペペペ日めくりカレンダー風にいうとこの日は、『宝物をみつけた日』。

18meu_mar

|

« チョコレートな朝 | トップページ | すばらしき世界 »

アートのある場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョコレートな朝 | トップページ | すばらしき世界 »