« リフ編みのワークショップ | トップページ | チリコンカルネとバゲット »

2017年11月27日 (月)

『手仕事の庭』のスワッグ

17herb_swags01

昨日やっとのことでワークショップを終えてあたふたと電車に乗って待ち合わせ場所にたどり着くと、すでにTちゃんは賑やかな店内の片隅でビールを飲んでいるところだった。それでこっちはすっかり疲れ果てているというのに、人の顔を見るなり「それにしても昔とぜんぜん変わらんな!」というから、「何いってるの、変わったって! めちゃくちゃ老けたじゃない! それにそっちこそちっとも変ってないよ!」というと、向こうは向こうで「俺だってめちゃくちゃ老けたよ!」といい返す。
やれやれ・・・・・・・。
つまり、わたしたち、めちゃくちゃいい歳になったってことよ。

席に着いてノン・アルコールドリンクが運ばれて乾杯して一息ついたところで、「ところで今日、なんのワークショップだったと思う?」とわたしが訊くと、Tちゃんは「そうよ。それを聞こうと思ってたところだよ」という。それでわたしは「Tちゃんは笑うかもしれないけどさ。めちゃめちゃかわいいよ。メルヘンだよ」といいながらトートバッグの中からリフ編みのオーナメントをとりだした。するとTちゃんはそれを手に取ってしげしげと眺めながら、「編み物のワークショップか。そういや、うちのカミさんのおかあさんがすごく編み物のうまい人でな、服でもなんでも作りよる」というから、わたしも「うちの母も和裁、洋裁、編み物なんでもやる人でうまかったよ」なんて話した。
昨日もジェロニモは混んでいて、店内は賑やかで暖かく、鉄板の近くの席にいたわたしはちょっと暑いくらいだった。昨日も例によってタコスとチョリソとチリコンカルネとステーキを食べた。それから帰りに駅ビルのコーヒーショップに寄って、珈琲をのみながら仕事の話をした。
Tちゃんと会うのもこれで今年最後、
動き出す電車の中から、ホームに立っていつまでもにこにここっちを見ているTちゃんを見ながら、この人ももはやソウルメイトみたいなもんだな、と思った。

そしてワークショップの終盤、必死でリフ編みを編んでいる参加者の脇で、ギャラリーの宇佐美さんが床に広げた大きな紙の上で束ねていた、いま手仕事の庭から摘んできたばかりのハーブ。そのときもハーブのいい香りが自分のところまで漂ってきていたけど、電車のシートに座ってスワッグの入った紙袋を膝の上にのせると、ティーツリーの甘い香りがふわっとしてきて、思わず目をつむってそのまま乗換駅までアロマセラピーしながら帰った。

緑の硬い小さなつぼみの付いたミモザの葉っぱ、ティーツリーにローズマリー、ローリエにレモンマリーゴールド、それに・・・・・・、なんだったっけかな。
ぜんぜん豪華じゃない、素朴なスワッグだけど、今年はこういうの家に飾れないんじゃないかと思っていたから、思いがけなくこんなのもらえてとてもうれしい。
何よりこのスワッグには作ってくれた人のおもてなしのこころが詰まってる。
それに不格好だけど自分で一生懸命編んだ雪のオーナメントも付いている。
クリスマスって、なにもとくべつ豪華な飾り付けがなくても、贅沢なご馳走がなくても、ただ身近な大切な人のことを思って温かなこころで静かに、しあわせを感じてすごせればいいものなんだな、とあらためて思った。

このリフ編みというのは、トルコのボディタオルからきている編み方で、でもこの雪の結晶の編み方は、昨日の先生、はまや まいさんのオリジナルだそうです。
雪のオーナメント、編み方を忘れないうちにまた編んでみなくちゃ!

17rif_ami

|

« リフ編みのワークショップ | トップページ | チリコンカルネとバゲット »

手仕事の温もり」カテゴリの記事

コメント


オーナメント、暖かみのある可愛さ!

おもてなしの気持ちのこもったスワッグとお似合いです。
(*´ω`*)

私もリブ編みに挑戦してみたくなりました。
かなりの不器用なので完成するか不安ですが(笑)

相変わらずのんびりペースですが
はじめての場所でアロマのワークショップに参加して、
楽しいお話しにスイーツ、そしてもりもりの
ユーカリと一緒に帰った道は足取りが軽やかで、
清々しかったです。

投稿: 宵子 | 2017年11月29日 (水) 00:54

宵子さん、

おひさしぶりです。
文面から宵子さんの声が聞えてくるようです。
元気そうでよかった!

リフ編みね、
コツをつかめばそんなに難しくないと思うんですよ。
はじめてかぎ針編みやった人でも時間内に完成できたから。
それと毛糸の質にもよるのかな。
これは羊毛のロービングヤーンというゆるい撚りをかけた太めの糸だったから、
よけいにたくさんの糸を引く抜くのが難しかったんだと思う。
あと、かぎ針はこの場合、木製じゃなくて金属のほうが滑りやすくてよいかも。
もし宵子さんがほんとにやってみたかったら(わたしが完璧に覚えたらだけど)、
うちに来てくれたら教えるよ confident

はじめての場所でワークショップに参加できたってすごいと思います。
来年はそんなふうにどんどん外に出てゆけるようになるんじゃないかな。
そうなるといいね♪

投稿: soukichi | 2017年12月 1日 (金) 12:35

ありがとうございます。(*^^*)
波はあるけれど、外に行きたい気持ちが、一年前より強くなっていて、少しずつですが行きたい場所へ✨

幼い頃に祖母から鍵ばり編みをならったことがあるのと
訪問介護を始めた頃にも自己流で編んでいたことが
あります😌
真っ直ぐにしか編めないのですが(笑)
金属製の鍵ばりのほうが滑りはよくほぼ初心者の私には、木製より良いかも。

リフ編み(前回はリブ編みと書いてしまいました💦)
習いたいです!(*^^*)

今よりも外出が気楽なものになったら、ぜひお願いしたいです💞


投稿: 宵子 | 2017年12月 4日 (月) 04:21

宵子さん、

元気になったらいつでも声かけてくださいね♪
でもその前にわたしがマスターしなきゃね!
あれからすぐに近所に毛糸を買いに行ったんですけど、近所じゃ売ってなかったの。
それでまだ復習もできてません。
時間ができたら吉祥寺のユザワヤにでも行ってみようかと思ってます。

PCにくれたメールにも今夜お返事書きますね~♪
遅くなってほんとにごめんなさい。

投稿: soukichi | 2017年12月14日 (木) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフ編みのワークショップ | トップページ | チリコンカルネとバゲット »