« 2017年10月 | トップページ

2017年11月12日 (日)

今年もやっと栗ごはん*

17kuri_gohan

このあいだ近所のスーパーで見た栗。
とっても大きくてまるまる太っててツヤッツヤでぷっくり割れてて、見るからにおいしそうだった。POPには『最上級の栗!』って書いてあった。
茨城産の栗。

17kuri_gohan_02

それで栗なんか剝いてる暇もなかったのに思わず買ってしまったのだった。
買ったからにはダメになる前につくらなきゃならない。
こんな大きな栗。

17kuri_gohan01

渋皮煮にしてもおいしそうだったけどさすがにそんな時間はないし、それにお砂糖であまく煮るより栗そのものの自然な味を味わいたくて、やっぱり栗ごはんにすることにした。
洗った栗をボウルに入れて、熱いお湯をかけて数分置いて。
お湯に浸かったままの状態の栗をひとつずつ剝いてゆく。
思えばわたしの栗好きは母譲りだと思う。
あのひとは栗が大好きだった。
ただゆでただけの栗を包丁で半分に切って、スプーンですくって食べるのも好きだった。まだ小学校の低学年のころ、栗ごはんにする栗の皮を剝くのを手伝っていて、勢い余って栗を握った左手の人差し指の間接の上の皮をスパッと落としてしまった傷はいまでも残ってる。わたしが木を削るのにカッターナイフをうまく使えるのは、子どものころから包丁を使ってたからだと思う。
なんとか日が暮れる前にできました。
栗ごはん。

17kuri_gohan02

自分でつくると2合の白米に栗、ごろっごろ。
そして、ほくほく!
栗ごはんは、栗を剝いているうちはため息がでるけど、食べはじめるとおいしくて、またつくろうって思う。あともう1回くらいつくれるかな。
おかずは何にしようって考えて、厚揚げと小松菜の甘辛煮、鮭ときのこのホイル焼き、お豆腐とエノキタケのお味噌汁にした。
そして今日の空!

171112sky

晩秋から冬にかけての晴れた日はほんとに空がきれいで、雄大で、みとれる。
雲の複雑な色あい。
自然は偉大なペインター。

171112sky_01

| | コメント (1)

2017年11月11日 (土)

北風に乗って

17megumi_yamaguchi

風がめぐって、2回めの季節。
めぐみさんが亡くなってもう2年だなんて、月日が過ぎるのはなんて早いんだろう。
晴れて風がつよく、西高東低の典型的な冬の午後、北風に飛ばされるように『やまぐちめぐみ作品展』を観に行った。
外苑前、タンバリンギャラリー。

17tambourin_gallery

タンバリンギャラリーは、都会の中にあって海を感じる場所。
まばゆいばかりに真っ白なギャラリーの中に一歩足を踏み入れると、硝子窓の向こうに海が見えるんじゃないかと、いつもしばし戸の前に佇んで、ぼぉっとしてしまう。
白いコッパンにデッキシューズ、白とネイビーのボーダーTシャツ。
Marina del Rey。
そんな言葉が似合いそうな。
同時にここはこれまで、著作でしか知らない永井宏さんの気配を濃厚に感じる場所でもあったけれど、ひさしぶりに訪れたそこは何かが薄れて、いつかはここもなくなってしまうんだということをおぼろげに感じさせた。さみしい気分。

17tambourin_gallery01

それとは別に中は明るくて、いつものめぐみさんの色。懐かしさに包まれる。
個展のときにはいつも戸口のちかくに貼ってある、彼女のプロフィールと小さなモノクロの写真を毎回じっと見てしまう。
写真の中のめぐみさんは、茶目っ気と気難しさとアンニュイな雰囲気を纏った大人っぽいひとで、それはわたしが会っためぐみさんとも感じが違う。できれば元気なころのめぐみさんに会ってみたかったと思う。

17megumi_yamaguchi01

もう何度も書いているかもしれないけれど、めぐみさんの絵のよさはその色彩感覚の素晴らしさ。大胆な構図と、バランスのよさ。シンプルなモチーフに深みを与える、背景の複雑な塗り重ねのうまさ。そこから詩が生まれ、歌が生まれ、物語がはじまるような・・・・・・
繊細なようであってすごく感覚的にラフに描いたような、あまり描きこみすぎないよさ。見たことのない風景が醸しだすノスタルジー。絵の前に立つ人をぼんやりさせてしまう絵。

17megumi_yamaguchi02

何もしてないのに背骨が折れてしまうというような過酷な病状にあって、よくこれだけの、現実からかけ離れたファンタジーを自分の中に持ちつづけ、表現しつづけてこられたと思う。それはほんとうにすごいことだ。それで思いだすのはいつか(まだTVがあったころ)、チャンネルを変えてるときに耳に入ってきた、『アボリジニの絵が人に訴えかける強さを持っているのは、それだけ絵というものが彼らにとって切実だったからです。』というような言葉。めぐみさんにとっても絵を描くということは、日々の(表現という以上に)切実な糧だったのだと思う。

17megumi_yamaguchi04_2

絵は2年前の作品展のときよりずっと少なかった。
あのときほとんど売れてしまったから。
それでもこうやって有志たちが苦労して作品展をひらいてくれる。
誰かに遺言を遺したわけでも、後のことを託したというわけでもないのにこうやって友人たちが作品展をひらき、めぐみさんを偲ぶ場をつくってくれる。
それって、ほんとうにすごいことです。
ほんとうの意味で、愛ある個展。
そんな作品展は、絵の点数こそ少なかったけれど、懐かしい彼女の世界に浸るには十分だった。
そして2年経って絵の見え方も変わった。
これまではどの絵を見ても彼女のさみしさみたいなものを感じて心に澱が残るようだったのが、いまはどの絵からもしあわせな、あたたかい光を感じる。
それはこの2年の間にすべてが許し、許されたからだと思う。
やっと自由になっためぐみさん。

17megumi_yamaguchi03

めぐみさんは家族の縁は薄かったように思うけれど、友人にはとても恵まれた。
そして、その絵はたくさんの人たちに愛されている。
やっぱり一度の人生で全てを得ることはできないのかな?
それで何度でも生まれてくる。
昔にくらべて人の生まれ変わりのスピードはものすごく速くなっているというのを聞いたのは、もう20年も前のことだから、いまはもっと早くなっているだろう。もしかしたら、生きている間にまためぐみさんに会えるかもしれない。
こんど生まれ変わったら、めぐみさんは何になるだろう。
こんどは最初から絵描きになることを選ぶかな。
何を選んでも、こんどは健康な身体とこころを持って生まれてこれますように。
わたしは・・・・・・
ここまでの人生でひとりで子供を育てる苦悩もかなしみもやりきれなさも、もちろん喜びも、十分に味わったし、まだまだ先は長いから、この次は子供のいない、結婚もしない、自由な身を生きるのもいいかもしれないな。
そんなことを帰りの電車の中で思った。

17megumi_yamaguchi05_2

春に生まれて晩夏に亡くなっためぐみさん。
そのめぐみさんの待望の作品集が、来年の春ついに出版されるそうです。
タンバリンギャラリーでも予約することはできたけど、わたしはいくつか用があって高円寺のアムレテロンさんで予約することにしました。
めぐみさんの絵はとっても魚座的な世界で、めぐみさんに春は似合うと思う。
来年の春、作品集を手にする日がたのしみです。

17megumi_yamaguchi06

| | コメント (0)

BEAUTIFUL SKY

20171111sky

今日の夕空。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

冬のはじまり

17lilac_rose_04

このところめずらしく穏やかな晴れの日がつづいてずっと暖かだったけど、今日は曇りで暗い朝。・・・・・・ と思ったら雨が降りはじめた。
立冬過ぎて、ゆるやかな冬のはじまり。
長いステムの先に重い頭をのせてしなだれて、もう自力で咲きそうにないばらを切った。
11月のライラックローズ。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

朝抹茶

17omaccya

昨日、朝いちばんで滅多にないことお取り寄せした和菓子が届いた。
すやの栗きんとん。
一年にたった一度のお楽しみ。
大の好物。
でも、それだって毎年かならず注文するわけじゃなし。
そう思ったらなんだかお抹茶といただきたくなった。
ちょうど先日あやこさんからお茶杓ももらったことだし。
この町の駅前には、何故だか一年中ドンスカドンスカ景気よくサンバを流してるわたしにぴったりな変な茶屋さんがあって、昨日プールの帰りに寄って野点用の小さなお茶筅と抹茶を買ってきた。
この連休はめずらしく天気がよくて暖かで、それで朝寝坊するのがもったいなくて、今日も平日とおなじに起きて掃除して、ふぅ、と落ち着いてから朝抹茶。
正式なお作法はともかく、おいしいお抹茶の点てかたは何度もYouTubeで見ていたから、まずはそれのとおりやってみる。
まだ誰も起きてこない部屋に茶筅の音が軽やかに響き、お抹茶のいい香り。
ふんわり泡立ったお抹茶に、滋味あふれる栗きんとんは一段とおいしかったです。

17omaccya01

実はお抹茶はすでに昨日の夜いちど点てていて、家族分のお抹茶碗がないから、あとのふたつは適当な代用品を使って点てたりしたのだけれど、それでわかったことは、いかにあやこさんからもらったこのお茶碗が使いやすいかってこと。わたしが野点かごに入れられるようにと買ってきたお茶筅は明らかにこの器には小さかったにもかかわらず、初心者のわたしにも実にお茶が点てやすかった。それで初めて、あやこさんが「これは練習によく使ったお気に入りの器なの」といった言葉の意味がわかったのでした。
道具って、やっぱり使ってみないとわからない。
使って初めてその美しさがわかる。
それは人間の身体や、内在する能力についてもきっとおなじだろうと思う。
今日みたいに朝からお菓子は食べないとしても、一人こころを落ち着けるのに朝抹茶、いいかもしれない、と思ったのでした。
お作法はともかく、これからもっと気軽にお抹茶が楽しめそうです。

17ocyasyaku

昨日届いた栗きんとん。
実家の分も頼んであったのだけど、賞味期限が短いから午後実家まで持って行くことに。それでついでに帰りにバスに乗って、中杉通りを通って阿佐ヶ谷に。CONTEXT-sでもういちどじっくり知樹さんの絵を見た。日が翳るとこのあいだより寒く、アグネスパーラーさんのあったかなチョコレートドリンクがおいしかった。
三連休のラストデー。

17kurikinton

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

アートなお皿に何のせる?

17tomokimisai

渡邉知樹さんの個展で買ってきたお皿、去年買ったのは壁に飾ろうと思ってまだできてないけど、今年のはふつうに使おうと思った。
「こんどのは釉薬がかかってるから使いやすいと思うよ」と三彩さん。
そのために土作りをずいぶん苦労されたようです。
今回のはいままでなかったような淡いピンクとか水色とか、きれいなパステル系もあって、それって世の中を見回してもありそうでなかなかない感じの色あいで、選ぶのにほんとうに迷いました。まだまだたーくさんあったお皿の中から娘が一枚選んだのは、左下の抽象画みたいなお皿。まるで紙に描いたみたいなタッチで自由な線が描かれてて、見るなりわたしもすごくいいと思った。わたしが選んだのは、いかにも知樹さんしか描けない変な(って相変わらず失礼ですみません)お花が描かれた2枚。さて、このお皿に最初に何のせよう? と思って、ケーキだな! と思った。
まずサイズがそんな感じだし、何より知樹さんは洋菓子屋さんに生まれた息子だったっていうから。子供の時は憧れた。家がケーキ屋だったらな、って。
でも現実はそんないいもんじゃなかったらしい。
興味のあるひとはこんど知樹さんに聞いてみてください。
さて一枚め、抽象のお皿にのせたのは、フランボワーズのジュレがのったカマンベールのチーズケーキ。
どうですか?
いい感じでしょ?

17tomokimisai01

ピンクの変なお花のお皿には、ガトーショコラ。
三角と三角の遭遇。で、ちょうちょみたいな。
淡いピンクと茶色ってよくあいます。
縁に描かれたお日さまみたいなギザギザがかわいい。

17tomokimisai02

でもってね、わたしがいま食べたいのってとにかく栗・栗・栗なんです。
それで、マロンブラン。
でもこれ、ただのせたんじゃ全然バランスとれなかった。
なぜってこれだけちょっと深さのあるお取り皿みたいだから。
それで自分で作ったブラックウォルナットのスプーンを添えたら、ちょっとはかたちになったかな。

17tomokimisai03

楽しくっておいしい、食卓に咲いたカラフルなお皿たち。
これも三連休の休日スペシャル

| | コメント (0)

栗あんぱん

17kurianpan

ケシの実がたくさんついた栗あんぱん。
とってもローカルな話をすると、からんどりえ展を出たあと近くにあったサンメリーで買ってきた。試食したらあんこがちゃんと栗の味がして、すごくおいしかった。それどころか、今朝食べたらところどころに大きな栗がごろっと入ってて、これならちょっと高くてもいいやって思った。1個200円。
栗あんぱんは、なんたってこの形が好き。
りんごとくるみのサラダと。
冬間近の秋色の朝ごはん。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

渡邉知樹展『静寂に抗う』に行って来ました。

17contexts_ing

気温がぐっと上がって穏やかな秋がもどってきたみたいな11月の晴れた午後、前からたのしみにしていた渡邉知樹さんの個展に行った。
阿佐ヶ谷の古民家ギャラリー、CONTEXT-s。
晴れた日のここはいつだって清らかな光にあふれてて気持ちがいい場所です。

1711tomoki_watanabe14

個展といってもこの展示は陶芸家の駒ヶ嶺三彩さんのing企画による、陶と絵画のコラボレーション。去年は初の試みだったせいか、なんとなく場に緊張感を感じたのだけれど、ここ以外でやったのも合わせるとお二人のコラボの展示もこれで3回めということもあって、今年はなんだかリラックスムード。今年は知樹さんの奥さんも在廊していて、3人笑顔で迎えてくれました。

1711tomoki_watanabe01

壁に飾られた絵画はもちろんなんだけど、この個展の目玉はなんといっても三彩さんのつくった器に知樹さんが絵を描いたアートな食器たち。住宅事情もあるし、絵を買うのは経済的にも物理的にもちょっとハードルが高くても、毎日使うお皿だったら割と気軽に買えるんじゃないかなと思う。とはいえ我が家はもうしまうところもないし、そうそうお皿ばっかり買ってもられない、と思うのだけど、そうはいいつつやっぱり熱心に見ちゃうんですよね。

1711tomoki_watanabe07

もう3回めともなるとマンネリ化してワンパターンになってるか、というと全然そんなことはなくて、むしろお皿も絵も進化してるんだよね。そこには土作りからやってる三彩さんの工夫や苦労もあるし、知樹さんの尽きせぬイマジネーションの力もあって、どれにしようか迷っちゃうくらいいいお皿がいっぱいある。どれもみんな一点ものだから、まずはお気に入りをみつけちゃわないことには落ち着かないのです。

1711tomoki_watanabe04

もうお皿はいい、といってた娘だって、しっかりお気に入りの1枚を確保してる。
それがまた実に知樹さんらしい、抽象画の描かれたいいお皿なんだ。
すごくバランスがいいし、それを選んだ娘はセンスがいいと思う。
そしてもちろん知樹さんだから、面白い絵もいっぱいある!

1711tomoki_watanabe06

1711tomoki_watanabe08

1711tomoki_watanabe05

迷いに迷った末、わたしも小さいお皿を2枚選んで、それでやっと落ち着いて絵を見ることができたのだけれど、今回もまた絵がいいんだ。
このところずっとピンクブームがつづいていた知樹さんが、ひさしぶりに描いたというブルーの絵ばかり12点。
雪の降リ積もった朝のような清潔でサイレントな景色あり、こんこんと湧いてくる泉のような不思議な静けさがあり、止まったような静かな海の、青の景色があり、波に流されて浜に上がったばかりの濡れた青の息遣いがあり・・・・・・
様々な静寂のなかで、たしかにそれに抗うような精緻で繊細なエネルギーの震えが感じられるような絵画たち。

1711tomoki_watanabe03

いい絵を見るといつも思うのは、いつでも好きな絵を買える財力と、その絵を飾るにふさわしい壁のある部屋に住みたいなってことですね。
それは簡単にあきらめちゃわないほうがいいのかなあ、と思うのと同時に、いつも思いだすのは『ハーブ&ドロシー』のことかな。彼らが素敵なのは、美術品の収集をすることにおいて先見の明があったとか、独自の審美眼を持っていた、ということ以上に、アートを通して今を最高に楽しんで生きているその姿じゃないかと思う。たとえ大したお金持ちじゃなくても、シャビーな狭いアパートに住んでいても。
わたしはマニアに興味はないし、あそこまでにはなれないとしても、そのスピリットの端っこくらいは齧りつづけていたいなって思うのです。

1711tomoki_watanabe02

さて、嫁の頭に脚付き大皿をのせて遊ぶ渡邉画伯。
そして、こんなことされても笑ってる鷹揚ななつみさん。
いつも自然な笑顔がとってもきれいなひとです。
これまで一度も喧嘩したことがないという、仲のよい夫婦。
知樹さんの絵に変な翳りがないのはそのあたりにあるのかも。

1711tomoki_watanabe10

そして、ここには写ってないけど知樹さんと三彩さんもいいコンビです。
お互いのいいところをとてもよくわかっていて、お互いリスペクトしてる。
持ってみたらわかるけど三彩さんのお皿はとてもよくできていて、陶芸の技術的なところは三彩さんの懐に預けて知樹さんが自由に絵を描くから世界にひとつしかない素敵な器になる。何より二人とも面白がりで自分たちで楽しんでるところがいいと思う。

1711tomoki_watanabe11

今回もとーっても楽しかったです。
わたしの写真じゃ実物の絵やお皿の良さの一端も伝わらないと思うから、興味のある方はぜひぜひCONTEXT-sに行って自分の目で見てください。

1711tomoki_watanabe12

作品を買うとペーパーバッグにもれなく知樹さんが絵とサインを描いてくれます。
それがまた笑えるのよー

ing(企画)渡邉知樹 個展『静寂に抗う』は、阿佐ヶ谷CONTEXT-s
2017年11月2日(木)〜8日(水) 12時〜19時まで。

ぜひお見逃しなく!

1711tomoki_watanabe13

ちなみに知樹さんが着ているTシャツは、いま小平の白矢アートスペースで同時開催している『からんどりえ展』で売っている、画伯一押しの絵柄。
このあと我々も見に行きました。

| | コメント (0)

今日のカフェめし!

17cafe_spile

CONTEXT-sを出るとき、テラスまで出てきてくれた知樹さんと三彩さんに、「この辺でこの時間にまだランチが食べれるとこってあるかな」と訊いたら、すぐに三彩さんが「スパイル!」って即答した。それでいわれた通りの道順で店の近くまで来てみれば、ああ、ここは前にCONTEXT-sでやった『旅する星カルマ』にランチ食べに行った帰りに照ちゃんと寄った店だ、と思いだした。あのときはカフェで利用した。お腹いっぱいだったのに2人でシェアしたケーキがとってもおいしかった。
遅くまでランチをやってるお店ってほんとに便利だけれど、ここは夜も遅くまでやっててちゃんとごはんが食べられる店だそうで、「ほんとにありがたくて重宝なお店」って三彩さんがいってた。
その言葉どおり、このボリューム!
いまあるランチの中からわたしが頼んだのは豚の生姜焼きトマトソースがけ、だったかな。新鮮なお野菜たっぷりなのがいい。それに副菜が枝豆の和えものとヒジキの煮つけの2品。玉子スープに、ちょこっとデザートのシフォンケーキ。
娘は温玉のせタコライス。
あっつあつで湯気ほかほかなのが出てきました。

17cafe_spile01

お店はお母さんとお譲さんでやっててお母さんが作ってるのかな。
家庭の味っぽくてとってもおいしかったです。
かなりボリューミーだったのだけどごはんもぜんぶ食べてしまった。
そしてこのシフォンケーキがまたコリアンダーの味がしておいしい。
素朴でありながらクォリティが高いごはんセットで、三彩さんが重宝がるのも頷けました。
食後はわたしはホットチャイ、娘はめずらしくカモミールティーなぞ頼んで。

17cafe_spile02

「着てる服とお茶の黄色が補色でキレイ」といったら、「紺と黄色は補色じゃないよ。紫と黄色が補色」といわれちまった。そういう失言、よくするんだよね、わたしって。
スパイルは住宅街の人通りのある路面にあって大きな窓から中が丸見えなんだけど、そんなこともあまり気にならずに落ち着ける。店内はブロカントがセンス良く飾られていてお洒落なんだけどスタイリッシュ過ぎなくて、アットホームな雰囲気。
母娘でもカップルでも友達同士でもまたおひとり様でも心地いい店と思いました。
阿佐ヶ谷の使えるお店、間違いなし!

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ