« 秋のセントセシリア | トップページ | 東京は46年ぶりの寒さ »

2017年10月15日 (日)

雨のもみじ市

2017momiji_ichi

お金の遣いかたでいちばん贅沢なのは旅だと思います。
旅って無形の財産だから。
だから何を置いても、少々無理をしてでも直感にまかせて行くときには行く年下の友人の行動力が時々とても羨ましくなってしまう。もちろん、自由の利く仕事だからということもあるだろうし、若さもある。ダブル・インカム・ノー・チルドレンということも大きいかもしれないけれど、それ以上に彼女が自分の人生のハンドリングができてるからなんだろうと思う。
わたしも行きたいところがあって500円玉貯金をしているのだけれど、なかなか溜まらない。途中でほしいものができて貯金箱を開けちゃうから。
でも時間が経ってもどうしても頭から離れないもの、惹かれてやまないものってきっと自分の深いところと関係してて、もうどうしようもないんだと思う。
わたしってほんとにダメだなあ・・・・・・。
またしてもブタの貯金箱を開けてしまった。
去年はわたしの相棒で生活の必需品(の、カメラ)。
今年は・・・・・・
べつにそれがなくても生きていけるけど、あったらやっぱりこの先ずっと末永くつきあっていける相棒。そして娘にだって引き継いでいけるもの。

西武線を使うものにとって京王線って、ぜんぜん縁がない路線なんです。
何度も乗り換えなくちゃならなくて不便だし。
滅多に乗らない。
しかも今日も朝から雨。

でも、どうしても会いたい人、手にとって見たいものがあって京王線に乗って出かけた。
先週みたいなお天気だったらどんなによかったでしょう!
あいにくの雨のもみじ市。
傘をさしてレインブーツで出かける。
でも雨の割にはけっこうな人だった。

目指すブースにその方は立っていらして、彼女にお会いするのは4月の『みどりのクラフト』以来、これで2回め。
はじめてのときは彼女を前にして妙に緊張してあわあわしてしまった。
今日もやっぱり内心あわあわしてたのかもしれない。
買う予定だったものはすでに誰かの手に渡っていて、でもそれよりかわいいサイズのものを手に入れることができた。
わたしのあたらしいたからもの。

たくさんの個性的な出店者たちによる魅力的な作品をゆっくり見て歩きたかったけど、何せ雨がひどくて店先をゆっくり歩いて一巡しただけ。
でもそんななかでもフード系のショップは行列ができていて、雨の中わずかに設けられた屋根の下で立ったままひしめきあって物を食べる人々・・・・・・
ここは天気さえよければ草っぱらにレジャーシートを広げてピクニック気分でごはんが食べられてサイコーなんだけど、立ったまま物を食べるのはわたしとしてはNGなのでドリンクを買うのもあきらめて、唯一『かいじゅう屋』さんの行列に並んだ。
やっとあと数人、というところでパンが売り切れて買えなかったけど。

雨がひどかったから相棒と行ったけど撮った写真は2枚だけ。
いつか、道を訊くためだけに入った西荻窪のお花屋さんがとても感じよく教えてくれたのでいつか花束をつくってもらおうと思っていたのだけれど、そのお花屋さんが出店してた。
看板が素敵だったのでパチリ。

2017momiji_ichi01

もみじ市は前に2回ほど行って、わたしはもういいかな、と思っていたのだけれど、今日あの方の来年の夢を聞いてしまったから、また来年も来るかもしれません。
そのときは友達と来たい。
天気のよい秋の河原ですごすスローでピース・オブ・マインドな一日。
そのころ、今日買ったわたしの相棒も1年分の年季が入っていることでしょう。

今日、かいじゅう屋さんで買ったチョコレートチャンクマフィンと大麦チョコクッキーとかぼちゃのクッキー。ご夫婦のあいだで小学生くらいの女の子が黙々と販売を手伝ってて、思わず「お手伝いえらいね」といったら、そのときはじめて硬かった表情が崩れて笑顔になってかわいかった。子どもって健気なもんです。
4月の『みどりのクラフト』で買ったユーリさんの白樺のまるかごに入れて。

2017momiji_ichi03

|

« 秋のセントセシリア | トップページ | 東京は46年ぶりの寒さ »

My Favorite Things」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のセントセシリア | トップページ | 東京は46年ぶりの寒さ »