« アイルランドパンで朝ごはん | トップページ | 温室へ »

2017年10月 1日 (日)

UFOPIA ☆

17ufopia

ほんとうにごめんなさい。
わたし先入観や偏見はそれほど強くないほうだと思うんだけど、でもでも音楽だけは好き嫌いがはっきりしてて、ピンポイントでしか好きなものが存在しないから、正直言ってこのCDを聴くのがこわかったんです。
でもそれでもこのCDを買ってしまったのは、YouTubeでプリミ恥部さんの歌いかたを見てすごく驚いたから。それはそのまま、音声の専門家である医者の友人がいつも言うところの、喉の奥(声帯)が大きくひらいた発声で、それはプリミ恥部さんが自ら歌を歌っているというよりは、何か背後からもっと大きな力に突き動かされているような、歌というより、喉から圧倒的なエネルギーが放出されいているような感じに見えて、「これは本物だ」と思った。それで歌を、音楽を聴くというよりは、そのパワー全開の圧倒的なエネルギーを、まるでシャワーを浴びるみたいに浴びたら気持いいだろうなあ、と思ったからでした。
このCD、届いたのは実は宇宙マッサージをうけた翌日なのだけど、自分ひとりになって聴ける時間を待っていた。なぜならうちの人たちはわたし以上に好き嫌いのはっきりした、容赦ない人たちだから。

でも今朝、娘が「(プリミ恥部さんの)CDまだ届いてないの?」とわたしに訊くので、「昨日届いたよ」といったら、じゃあ聴いてみよう、ということになって、いまわたしのBOSEくんがまたヘソ曲げているのでPCのトレイに入れてまずYouTubeで聴いたとき一番好きだった『ウィリートゥミー!A1tz Crybaby Mix』を聴いたら、これがびっくりするくらいいんだ。
UFOPIA
まず音質が素晴らしい!
単にクリアーな音質というだけじゃなくて、空気感のある録音。
アコースティックとエレクトリックがいい感じに調和した洗練されたサウンドと、プリミ恥部さんの透明な声が今日の晴れた秋空高く、どこまでも広がってゆくようで、とても気持ちがいい。
もしかして秋の空って最も宇宙と繋がってるんじゃないかと思ったほど。
1曲聴き終わって息子が「すごくクォリティが高いね」といい、娘には「なんだ、全然ふつうに聴けるじゃん。もっと気持ち悪いのかと思った」なんて言われてしまった。すみません!すみません! まわりに妙な気を遣っていたのはわたしでした。

それでアルバム1枚まるまる通して聴いたのだけど、とてもよかった。
まずPCのおまけみたいなスピーカーで聴いたのにすごくきれいな音で聴けたのにびっくり。つまりサウンドクリエイターとかエンジニアがいいんですね。
プリミ恥部さんの歌、声には欲とか我、エゴみたいなものがぜんぜん感じられなくて、すごく透明でピュアで、かといって神さまの啓示みたいに強いというわけでもなく、ふつうの人間としてよわくはかなく、一過性の若さも見せていて、聴いててめずらしく嫌じゃなかった。
息子いわく、いまのJポップみたいに商業主義的なところがないのはもちろん、宗教だったりスピリチュアル的な偏りがなくてポップスになってるところがいい、と。
で、一緒にやってるひとたちのセンスがすごくいいんだと思う。
プリミ恥部さんの曲も歌詞もとてもいいんだけど、おなじことをセンスのない人たちとやったらこうはならなかっただろうと思うから。
それはサウンドだけじゃなくてアートワークもそうで、すごく凝ってるんだよね。
デザイン全部に意味がある。
UFOPIAというタイトルは誰でも一見してわかるように、UFO×UTOPIAの造語なんでしょうね。プリミ恥部さん目指すところの、調和のとれた光しかないノン・バーバルな愛の世界。
でも愛憎ふくめて幸不幸、喜怒哀楽ぜーんぶあるこの三次元空間だからこうゆう歌がつくれるんじゃないかとわたしは思うんだけど、どうなんでしょうね?

UFOといえば子どものころに、親が家にいないので母親のかわりに夕方洗濯物をとりこんでたら、あけた窓から小さな円盤が部屋の中にシュルシュルシュルっと入ってきて、部屋の隅の服の下に潜りこみ、こっそりあけて見たら小指ほどの墨みたいな宇宙人が乗っているのでものすごくびっくりして飛び上がり、ドキドキしながらもう一度めくってみたらいなくなってた、という経験を持つわたしなのだけれど(初めて他人に話した)、いまとなっては単にそれが空想癖のひどかった子どもの幻想なのか、妄想なのか、はたまた白昼夢(夕方だけど)だったのか、まーったくわからないわたしです。

今日は息子と娘が出かけてから、もう1枚買ったプリミ恥部さんのジャケ無しファーストアルバム、『supervielle』(シュペルヴィエル)も聴いてみたんだけど、プリミ恥部さんのコアというかエッセンスというか原点というか、そんな初期のナイーブな輝きが詰まった音源ではあるけどUFOPIAよりインディーズっぽい感じで、わたしはサウンドデザインされたUFOPIAのほうが好きだった。
聴けば聴くほど洗われていくような音楽。
いろんな先入観とっぱずして聴いてみる価値あり! です。

17supervielle

purimichiv / supervielle

|

« アイルランドパンで朝ごはん | トップページ | 温室へ »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイルランドパンで朝ごはん | トップページ | 温室へ »