« 銀木犀の香り | トップページ | フェアビアンカのつぼみ »

2017年9月14日 (木)

カニ缶でカニごはん

17kani_gohan01

今朝は仕事仲間とスカイプで話してるときにグラッときて、本棚のいちばん上に置いた器が転がりそうなほどの大きな揺れで、思わず「うわー!地震だー!」といいながら子機を握ったまま本棚を押さえたほどだった。
震源地は埼玉南部。
だんだん近くなってる。
こわい。
自分と子供が生きてる間は関東大震災なんて起こらないでくれと思うけれど、そんな虫のいい話はないか。

お昼は、妹がお香典返しでもらったという、いいカニ缶をおすそわけでひとつもらったので、それで作ったカニごはん。白米だったらもっとおいしくできたのかなと思うけど、うちは玄米。夜は息子が仕事帰りに外で食べてくるというからカニごはんがいっぱい余っちゃうのでこれをリメイクしてカニ雑炊にして食べる。
作家ものの手書きの桜のお茶碗は縁が何ヵ所かチップしていたのを、2年前だったか3年前だったかに国分寺のくるみギャラリーの『簡単金継ぎワークショップ』に行って自分で金継ぎしたもの。備前のマグカップとこれとふたつ持って行った。教えてくれた陶芸家の堀込和佳さんからは「初めてやった割にはうまい!」といわれたけれど、自分としては不満足な出来。わたしはおなじナンチャッテ金継ぎでも、筆を使って新うるしを塗るのがやってみたい。
日常のこんな小さないとなみと、それを一気に押し流してくような天災の予兆とが常に同一線上にあって、ときどき頭の中が白くなる。

|

« 銀木犀の香り | トップページ | フェアビアンカのつぼみ »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀木犀の香り | トップページ | フェアビアンカのつぼみ »