« Lala * | トップページ | PATISSERIE TOOTH TOOTHの焼き菓子 »

2017年8月12日 (土)

木を削る時間

17hard_maple

昨日の夕方、ふと思い立って、とってもひさしぶりにベランダで木を削りはじめた。
昨日は一日降ったりやんだりで涼しかったから。
ほぼ七割り方削ってそのままになっていたバターナイフ。
ハードメープルはこれを入れてあともう1本。
ひさしぶりに握ったオルファのナイフはわたしの手によく馴染み、よく切れ、たったワンコイン程度で買えるナイフなのに、わたしはこれがすごく好きだな、と思う。
椅子をつくったり机をつくったり、そんなことにもすごく憧れるけど、わたしが日常でする木工(というより木遊びですね)は、このオルファのナイフ1本でできるくらいのことでちょうどいい。
いつか森の中で、ひとりで時間をもてあましすようなことがあっても、このオルファのナイフがポケットにひとつあれば、わたしは落ちている木の枝を拾って、大きな木の切り株に座って、いつまででも黙々と木を削っていられると思う。
そしてオルファの安いナイフとおなじように、わたしはハードメープルの木が好きだ。
はじめは堅くてまったく刃が立たないのに、削れば削るほどやわらかく、扱いやすくなってゆくこのハードメープルの木が。
誰とも喋らず、何も考えずに木を削る時間はそのまんま瞑想みたいなもの。
とても安らぐ。
そしてときどき自分が削った木のかたちを指でなぞって確かめながら、ああ、このバターナイフは誰にあげようかな、と思いめぐらす時間も好き。
わたしがつくったようなものを喜んでもらってくれる主要な友達にはもうほとんどあげたような気がする、でもまだ頭に浮かぶひとがいる。

仕上げ近くになってくると、だんだん繊細な作業が多くなってきて、よく切れるナイフが必要になる。
明日、近くのホームセンターまで行ってオルファの替え刃を買ってこよう。
それから紙やすりと、あたらしい手袋と。
まだ8月なのに汗もかかずに外で木を削っていられる涼しさ。
あたりが暗くなるころ、今年初めてヒグラシの声を聴いた。
さみしい夏。

|

« Lala * | トップページ | PATISSERIE TOOTH TOOTHの焼き菓子 »

My Favorite Things」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lala * | トップページ | PATISSERIE TOOTH TOOTHの焼き菓子 »