« ヤロウの花が咲いた * | トップページ | ファッションを殺したい。 »

2017年7月 3日 (月)

You And The Night And The Music ♪

170703sometime

それまでずっと気になりながらやれないままでいたこと、やらずにいたことがある日あるとき何かのきっかけでぽん! とやれてしまうことがあって、自分でもなんだか目の覚める思い。
それがどんなに些細な、つまらないことであっても。
それで昨日は自分のなかですごくはっきりしたことがあって、今日ここに来ました。
今日の夜ごはん。

170703sometime01

スミノフレモネードとトマトとアンチョビのピザ。
これ1杯くらいでちょうどいい、アルコールだめなわたし。
そしてけっきょく2ヶ月ぶりのサムタイム、竹内直カルテットの今日のメンバーは、竹内 直(sax) / 片倉 真由子(p)/ 須川 崇志(b)/ ジーン・ジャクソン(ds)。
ベースの須川崇志さんとドラムスのジーン・ジャクソンさんを聴くのはわたしは今日が初めてかな。
月曜日のジャズバーはふつう、あんまり入らない。
なんたって仕事はじめの月曜だし、『毎日が日曜日』って人でもないかぎり月曜の夜から飲もうって人は少ないから。
でも月曜から入るのが直さんのすごいところ。
知った顔も近くの席に座って、はじまった今夜の最初の曲は『Dedicated To You』。
いつもの直さんの音が鳴りだして、心底ほっとするひととき。

170703sometime02

そして今日は2曲めに行く前に、今日誕生日のお客さん二人のバースデー・タイムがあった。バンドのメンバーがバースデー・ソングを奏で、キッチンからローソクの立ったバースデー・ケーキが運ばれてきて、知らない人の誕生日をみんな笑顔で拍手でお祝いする。
こういうのもなんて平和でしあわせなひとときなんでしょうね。
自分だったらこんなの恥ずかしくてパスですけどね。

170703sometime06

そして2曲めのタイトルを直さんがMCしたとき、「やった!」って思った。
まるで以心伝心みたい。直さんの音でこのメロディーがずっと頭に流れてて、昨日から今日書く記事のタイトルをこれに決めてたから。
『You And The Night And The Music』。
もう、片倉真由子さん飛ばす飛ばす。それでウッドベースの須川さんも忙しい忙しい。激しく動く感度のいいベース。でもってジーン・ジャクソンさんのドラムはあかるくって楽しい! 軽いけど音がカタくて芯があって底力があってパンチが効いてる。リズム隊が盤石だと音楽はまるで生きものみたいにグルーヴィーでダイナミックでサイコーにたのしい。でも、この曲を強力に牽引してるのは片倉真由子さんのピアノ。この曲で一気に体温が1、2度上がったような。ミュージシャンの顔にはすでに汗。でも聴いてるほうも熱い熱い!
これで今夜が約束されたようなもの。

170703sometime03

そのとおり、今夜はひっさびさに直さんのハードボイルドな音も聴けたし、それに直さんはもちろんだけど、今夜は片倉真由子さんの歌に酔いしれましたねえ・・・・・・
ジーン・ジャクソンさんとの相性がすごくいいんだと思うけれど、彼女のピアノがこれほど入ってきたのは初めてかもしれない。素晴らしかったです。
ジーン・ジャクソンさんは笑顔がとってもチャーミング。
そして須川さんは梅雨時の湿度とは無縁の爽やかさ。
すってきな人でした。
そして今日は選曲、曲の並び共とてもよかった。
メリハリが効いていて。
直さんがやる曲はアレンジしたのもオリジナルも変則的なリズムを多用した複雑な曲が多くて聴いてるだけでも難しそうなんだけれど、それについてけるだけじゃなくてリードして時に激しく煽って、それでアンサンブルがカチッと決まるんだからバンドのメンバーもすごいもんです。
今日もファースト、セカンド大盛り上がり。
みんな「イエー!」言いまくり。
「ほかのメンバーは全員聴いてるけど直さんだけは聴いたことがなかったの」とおっしゃってた、わたしのふたつ隣りの女性も大いに盛り上がってた。
きっと今夜の1回で直さんのファンになったことでしょう。
そんな今夜のセットリストを記憶のままに。

170703sometime04

1st.

1.Dedicated To You
2.You And The Night And The Music
3.You Must Believe in Spring
4.Dream Dancing
5.Lost In The Stars (Kurt Weill)
6. Hello,Saunders(直さんオリジナル)

2nd.

1.I Concentrate On You
2.All The Things You Are
3.You Are So Beautiful
4.This is new (Kurt Weill)
5.What Kind of Fool Am I?
6.Kokiriko(直さんオリジナル)

アンコール:Take the "A" train

170703sometime07

件の女性は直さんがアレンジした(しまくった)『All The Things You Are』が、「わたし史上最高のAll The Things You Areでした」といってらしたけど、それもほんとうにめちゃめちゃかっこよかったけど、わたしはクルト・ワイルの2曲がよかった。
とくに『This is new』の真由子さんの凄まじいピアノ!
彼女をじっと見ていて、すごいピアニストって冷静と情熱の間にいる猛禽類みたいだって思いましたよ。
それで実はセカンドの5曲めのタイトルがよく聴きとれなくて、終わったあと直さんに訊いたら、「What Kind of Fool Am I? わたしってどういう種類のバカ?、って意味だよね」というので、「それってそのまんま直さん?」と言ったら(相変わらず失礼ですみません!)、直さんいわく、「みんな!!!」と。
それで、「バカっていいよね。音楽バカ、絵描きバカ、女バカ」と言って帰ってきたのでした。バカになれるもの、つまりバカになれるほど好きなもの、寝食忘れて熱中できるものがあるって、ほんとうに素晴らしいことです。それで、それくらい音楽が好きで精進しなかったら今夜みたいな演奏はできないってことだ。
いやあ~、今夜も最高でした。
行ってよかった!

|

« ヤロウの花が咲いた * | トップページ | ファッションを殺したい。 »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤロウの花が咲いた * | トップページ | ファッションを殺したい。 »