« 真夏の梅ジャム | トップページ | シュエルヴァーズ »

2017年7月15日 (土)

夏のごちそう

17toumorokoshi

今日、昼過ぎ、プールに向かって自転車をこいでたら、青空にビルの白い壁、眩しくそよぐ緑が目に入って、ああ、またこの季節が来たんだ! と思った。
リネンのワンピースを風に翻しながらペダルを強くこいで。
陽に曝される素足。
今日のプールも厳しいコーチで散々だった。
でも今日もプールに行けたことがすべて。

プールから帰ってとうもろこしをゆでた。
子どもの頃、わたしはとうもろこしが大好きだった。
いまみたいに家にクーラーもなかった子どもの頃、母がゆでた熱々のとうもろこしを食べるのは、それこそ夏のごちそうだった。
でもうちの子はそんなにとうもろこしが好きじゃない。
食べるの面倒くさい、とかいって。
いまはもっとおいしいものがたくさんあるから。

わたしのとうもろこし好きは母譲りなんだと思う。
あのひとはおよそアウトドア派じゃなかったから真夏のドライブなんかも実は行くの嫌なんだけど、ただひとつ、田舎を走ると畑のある通りのあちこちで売ってる採れたてとうもろこしだけが目当てで、よくドライブに行ったもんだった。
夏に海水浴に行くのはサザエの壺焼きとはまぐり焼きが目当て。
つまり、母がよく言ってた『欲と二人連れ』ってやつ。
でも、そのおかげで季節の味覚はその情景と共にわたしの中にしっかり刻まれた。
それは一生、失せることはない。
たぶん、いまの日本に足りないのはそういう感覚だね。

とうもろこしをゆでる。
せっかくだからおいしいゆでかたを調べたら、皮をむいてヒゲを取ったとうもろこしを鍋に入れてひたひたの水を入れる → 水が沸騰したら3分ゆでて火を止める → 塩を1リットルあたり大さじ2くらい入れたら4分待つ、とありました。
そのとおりにやってみたら、おお、うまい、うまい!
思わず買ってきたお昼のパンより先に食べちゃった。
これぞ夏のごちそう。

|

« 真夏の梅ジャム | トップページ | シュエルヴァーズ »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の梅ジャム | トップページ | シュエルヴァーズ »