« 雷!火花!暴風雨!大粒のひょう!そして虹のしっぽ | トップページ | Des lettres de Paris / 巴里からの手紙 »

2017年7月19日 (水)

漢方美人茶

17kanpoubijincya

植物の本屋、草舟あんとす号のえりさんは、アーモンド色の大きな目をした肌のとってもきれいなひとです。
そのえりさんにあやかって・・・・・・ というわけではないのだけれど、彼女がすすめる『漢方美人茶』を買ってきた。ちょうどいつも飲んでる有機熟成三年番茶が切れちゃったから。
お茶の入れ方は三年番茶とおなじ、野田琺瑯のポトルいっぱいに沸かしたお湯に大さじ2杯のお茶っ葉を入れて、弱火で煮だすこと5分。(番茶はもっと。)
できあがった熱々のお茶はほのかにどくだみの香り。
味は思ったより癖がなくて、芳ばしくて飲みやすい。
沸かしたては温かいのを飲んで、ポットが冷めたらそのまま冷蔵庫に。
これも三年番茶とおなじだけれど、この漢方美人茶、冷たいのがとってもおいしかった!
芳ばしくてすっきりした飲み心地。
舌の上でほのかに自然な甘み。
これなら水みたいにごくごく飲める。

袋の裏の原材料のところには、はぶ茶(肝臓の働きを助け、目の働きをよくし、便秘を改善します)、はと麦(お肌を美しくし、悪い水をとります)、どくだみ(身体の体毒を取り、鼻炎、湿疹、便秘に効果的です)と書いてあって、わあ、いまにぴったりのお茶だー! と思いました。
つまりデトックス系のお茶。
夏の高温多湿の時期は身体がむくみやすい。
一日クーラーの部屋で座ったまま仕事をしていると夕方には脚がパンパンになって大根みたいに太くなるし、身体の水分バランスが悪くなると内耳もむくんで難聴になりやすい。そのうえ紫外線のダメージとクーラーによる乾燥のせいで、夏は一年でいちばん肌がだめになる。汗をいっぱいかくと、あっという間に汗疹になるし・・・・・・

というわけで、夏のあいだはせっせとこのお茶を飲むことにしました。
温かいのや常温のや冷たいのを、そのときどきの気分にあわせて。
その名の通り、美人になれるとよいんですけど。

|

« 雷!火花!暴風雨!大粒のひょう!そして虹のしっぽ | トップページ | Des lettres de Paris / 巴里からの手紙 »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷!火花!暴風雨!大粒のひょう!そして虹のしっぽ | トップページ | Des lettres de Paris / 巴里からの手紙 »