« 花泥棒 | トップページ | 二番花の季節 *** »

2017年6月15日 (木)

今年の梅雨の梅仕事 *

17nankouume

昨日、和歌山の山の実園さんから青梅が届いた。
無農薬の南高梅、紅さし2キロ。
箱をあけると和紙に刷られたきれいな絵とメッセージが付いていて、そこには「このたびは誠にありがとうございます。栽培期間中、農薬・除草剤は使用しておりません。よければ、気軽に山畑に遊びにきてください。自由きままに感じてください」とあって、こういうオープンなのっていいな、と思った。
遊びにきてください、と言われて、はいっ! と出かけられたらどんなにいいだろう。

まだ父が家に遊びに来ていた頃だからもう何年も前のことになるけど、夏の暑い日に自家製の梅シロップをひやし飴みたいにして出したら父がたいそう気に入って、うまいうまいというので、父がそんなにおいしいというんだったらまた作ろう、と思って、何年も作らずにいた。
それからもう何年になるのか、今年86の父にはこの夏を越えるのがいっそう大変になるだろうから、今年こそ作ろうと思ったのだった。

17nankouume_01

昨日は娘が休みだったから、夕方さっそく梅をきれいに洗って二人でせっせとヘタを取った。これがけっこう手間で、よく安い梅干しを買うとヘタ付きのままのがあるけど、こんな手仕事を考えたら、さもありなん、と思う。
ヘタを取ったら水でもういちどゆすいで水気を切り、布巾でひとつひとつ丁寧に水分を拭きとったのをフリーザバッグに入れて一晩冷凍。
それを今朝、氷砂糖と交互に瓶に入れた。

17siroop

思わず瓶いっぱいに入れたくなるけど、梅1キロに氷砂糖1キロ、それを4リットルの瓶に入れる、というのが1番みたいです。
前は梅を1キロしか買わなかったのかな。
うちには2リットルの瓶がふたつあるだけだったので4リットルのをもうひとつ買うとして、とりあえず1キロの梅を半分ずつ入れた。
そこにほんのすこし酢を入れるといいというので、りんご酢を10ccずつ投入。
酢を入れると酢の殺菌力でカビも生えにくく発酵もしにくく、なおかつできあがったシロップが爽やかでおいしくなるそうです。
これを冷暗所に置いて、1日に1回ゆすって10日から15日。
梅のエキスがしっかり出たら実を取り出して目の細かい布巾で濾し、シロップを鍋に移して弱火で15分加熱してアクを取り、消毒した瓶に詰めたらできあがり!
というわけで覚え書きレシピは、

● 梅      1キロ

● 氷砂糖   1キロ

● りんご酢  20cc

● 4リットルの瓶


できあがったシロップは冷たいミネラルウォーターで割ったり、ソーダで割ったり。
『梅はその日の難逃れ』といわれるほどの健康食材だし、夏はクエン酸サイクルで疲労回復に役立つから、お年寄りといわずとも常備してたらいいと思います。
できあがるの、いまから楽しみ

|

« 花泥棒 | トップページ | 二番花の季節 *** »

season colors」カテゴリの記事

コメント

去年は、申年の梅がいいと聞いて
梅干しを作りました。
スーパーに行っても梅がたくさんあって
うずうずしていたけど、梅シロップ
作ってみようかな。

投稿: ノブタ | 2017年6月18日 (日) 20:04

ノブタさん、

うんうん、梅の実って見てるだけでかわいいから、
スーパーで見かけるとうずうずしますね(* ̄ー ̄*)
でもって梅干しを作るのにくらべたらずっと簡単だから
ぜひ作ってみて!
おいしい、身体にいい、疲れがとれて最高!
お酒が飲める人はお酒とソーダで割ってもいい。
もうすぐ暑い夏が来ますねえ・・・・

投稿: soukichi | 2017年6月18日 (日) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花泥棒 | トップページ | 二番花の季節 *** »