« 原種の蘭 | トップページ | 100歳のおじいさんが作ったちり紙人形 »

2017年4月23日 (日)

サン・ジョルディの日。

17kotorihanaten_01

あんとす堂のえりさんが、今日23日を植物の本屋『草舟あんとす号』のオープンの日に決めたのは、今日が『サン・ジョルディの日』だったからだそうです。
スペインのカタルーニャ地方では今日23日は聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)の聖名祝日で、『本の日』とも呼ばれ、当地では親しい人に赤い薔薇と本を贈る習慣があるそう。
まさに本屋を開店するにふさわしい日!
そして、それがそのまま屋号にデザインされていたというわけでした。
わたしが例によって午後バタバタと家を出てお店に到着すると、ちょうど彼女のお友達ふたりが帰るところで、お店の前で記念写真を撮っていたので、ついでにわたしも撮らせていただきました。
お店の入り口で佇む、店主のえりさん。

17anthosdo_san01

彼女は職業柄もあるのだろうけど人の話を聴くのがとっても上手な人で、なおかつぜったい人を悪く言わない人。とても努力家だけれど、ふだんはそんなこと少しも匂わせずにいつもにこにこ笑ってる。彼女の大らかで温かい人柄に助けられている人はいっぱいいると思うし、会うといつもわずかな時間でも面白い話をいっぱいしてくれて、その後いろいろ考えさせてもらえる人です。あたらしいこのお店の中もとっても素敵で、りえさんならではのセレクトだと思える美しい本がいっぱい!
わたしは今日は給料日前でプアだったので何も買ってこなかったけれど、しっかりほしいのをみつけてきましたよ。
そして、この草舟あんとす号とアトリエコナフェさんの焼き菓子屋さんは扉一枚隔てて繋がっていて、草舟あんとす号から見たビューがまた素敵でした。

17conafe_san03

アトリエコナフェさんは、高校生になったお嬢さんに毎日、手のかかったお惣菜がたくさん詰まったお弁当を持たせる素敵なおかあさんで、そのうえオリジナルのお菓子も作れて本も出されている、いわば家事と仕事をしっかり両立している良妻賢母、デキる女のお手本みたいな方で、わたしなんかはちょっと近寄りがたい感じなのだけれど、かといってキツイ感じは全然なくて、静かでおっとりした知的な雰囲気の方です。
そして、そんな人柄はもちろん、コナフェさんの作るお菓子はとってもおいしい!
使う材料も見た目も食感も味も、それにラッピングにいたるまで、素朴だけれどセンスがあって、こだわりいっぱいのお菓子。いちどでも食べてその味を知っていたら、見たら買わずにいられません。いままではコトリ花店のイベントのときとか、コクテル堂さんでしか買えなかったけれど、これからは週に4日、営業日に行けばいつでも買えるなんて。しかも花屋の店頭や店内で売ってたときとちがってこれからはショーケースもあるから、クッキーだけじゃなくてケーキなんかも買えるかもしれません。たのしみ♪

17conafe_san01

というわけで今日ははじめて食べるバニラシフォン、白みそのスプーンクッキー、いちごのアイシングクッキー、フラップジャック、りすのクッキーを買ってきました。

17conafe

もう、このシフォンケーキがね、しっとり、ふわんふわんでおいしかった。
しあわせな味

17_vanilla_chiffon_2

2店ならんだ新しい店舗。
デッキはまだリニューアル途中みたいだし、何もないから気持ち殺風景にも見えるけど、だんだんにまわりになじんでいい雰囲気になってゆくことでしょう。
末永くつづいてほしいです。

17conafeanthos

そして、さっき草舟あんとす号で買ったばかりの本を眺める花屋の店主。
開店から今年10年めを迎えるコトリ花店にとっても、お隣さんの開店はきっとあたらしいステージのはじまり。一緒にがんばれる仲間ができるって、すごく心強いことだと思います。

17kotori_san

それにしても今日は滅多にないような美しい日だったなあ!
昨夜の土砂降りが嘘みたいに気持ちよく晴れて、風もなく、移ろいゆく光のなかで何もかもが輝いていて ・・・・・・

17kotorihanaten_02

季節はじき初夏。
わたしが1年で最も好きな季節がはじまります。

17kotorihanaten_03

|

« 原種の蘭 | トップページ | 100歳のおじいさんが作ったちり紙人形 »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原種の蘭 | トップページ | 100歳のおじいさんが作ったちり紙人形 »