« 京都三昧 | トップページ | 川越八幡宮 »

2017年3月26日 (日)

本日も京都三昧

17kyou_tsukemono_2

昨日買った土井しば漬け本舗のお漬け物と京都東山亭のちりめん山椒で、今日は朝がゆ。お漬け物は昨日、店員さんが「いまは絶対これ食べてね~、旬の味、春の味じだから」といってた、ふきのとうと白菜。
たしかに、ふきのとうはほろ苦い春の味。
どうして京都のお漬け物ってこんなにおいしいんだろうなあ。
ちりめん山椒もふんわりしっとりやわらかくて薄味のところに山椒がぴりっと効いてておいしい。
こんなのを食べてるだけでもう京都に住んでもいいような気になってくるけど、ハイ、よくわかってます。しょせん、東京っ子の幻想だってこと。

ちなみに緑の竹のお箸は京都土産です。
京都に着いた日、泊まったホテルの1階にわたしの好きな公長齋小菅の本店が入ってて喜んだのでした。
帰る日にここでみつけた赤いお箸を娘にお土産に買って帰ろうと見ていたら、妹がわたしの息子と娘に青と赤のお箸を買ってくれるというので、じゃあ自分のもお揃いで買おうと緑のを買いました。小ぶりで華奢なお箸。
竹のお箸って細くて先が尖っているので一見使いにくそうに見えるのだけど実際はそんなこと全然なくて、いつかギャラリー無垢里で萩原末次郎さんの菜箸をいくつか買ってみたら、その使い良さに驚いてすっかりハマったのでした。以来、愛用品。

17koucyousai_kosuga

緑が鮮やかな青もみじの箸置きは昔、某百貨店の特選和食器売り場で働いていたときに買った清水です。
清水というと思いだすのは中学の修学旅行で行った清水寺で、バスで到着してすぐにどこか坂下の店の広間に通されて、散らし寿司とお吸い物を食べた。何を食べてもあんまり味がしなくておいしくなくて、京都ってこんなに薄味なのかとがっかりしたこと。それから清水焼きのお店に入ったらほんとうにきれいな焼きものがいっぱい並んでて、器好きの母に何かお土産に買って帰りたかったけど自分のおこずかいで買えるものなど何ひとつなくて、母をここに連れてきてあげたいなあ、と強烈に思ったことなど、思いだす。
昨日、京都のれん市から帰ったあとに息子とも話したのだけれど、京都は父と行くより母と行ったほうが断然楽しかっただろうし、喜んでもらえたと思う。何を見ても、何を食べても。
けっきょく、母を京都に連れてゆくことはできなかったのだけど・・・・・・
いまさらながら、生きて元気なうちに連れて行ってあげたかったなあ、と思う。
まさしく親孝行、したいときには親はなし、です。
最後の最後になって父の願いをかなえてあげられたから、まっ、いいかな。

17kyoto_04_2

|

« 京都三昧 | トップページ | 川越八幡宮 »

父と行く京都・番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都三昧 | トップページ | 川越八幡宮 »