« はじまりの気 * | トップページ | ひなまつり »

2017年3月 2日 (木)

エクストラな休日に

17le_vesuve_02

遠方から訪ねてくる人あって、当初彼女はわたしがいつも行ってる花屋に行きたいとの希望だったのだけれど、あいにく彼女が東京に滞在する期間と花屋が滅多にないこと連休をとった日がぴったり重なってしまって、昨日は滅多にないことわたしもお休みをとって一日彼女につきあった。
いつもの花屋の代わりになりそうなところと思って頭に浮かんだのは、前から一度行ってみたいと思っていたふたつの花屋。
どちらにしようか迷って、でも夕方には武道館に行くという相手のことを考えたら土地勘のあるこっちを選んだ。
南青山にある、ル・ベスベ。

17le_vesuve

ル・ベスベというとすぐに思い浮かぶのはいつも『アンドプレミアム(&Premium)』という雑誌の表紙と巻頭ページを飾っていた美しい花の写真。
いったいこんなナチュラルで素敵なブーケをつくるのはどんな方だろうと思ったし、雑誌に紹介されていた店の佇まいにもとても惹かれた。そして3年前にル・ベスベの店主でフラワーデザイナーの高橋郁代さんが急逝されてしまってからは、後に遺されたお店がどうなったかも気になっていた。
一度行ってみたいと思っていた気持ちがこんなかたちで実現するなんて。

17le_vesuve_01

できれば主のいるときに来たかったけれど、でも主亡きいまもお店はちゃんと存続していて、今日も近所のマダムと思しき女性が熱心にお花を選んでいました。
あいにく今日は先が長いから花を買うことはできなかったけれど、いつかまた訪れてみたい。
でもやっぱり花を買うためだけにここに来るのはちょっと遠いかな。
骨董通りを抜けて高架下の地下道を渡った向こう。
表参道からは徒歩12、3分てところ。
でも、もしル・ベスベのブーケを贈られることがあったら?
それはもうほんとに素敵でしょうね!
夢にだけ見ておこう。
それにもし自分の夢が叶ったら、腕に抱えられるだけの花束を自分のためにつくってもらってもいいし!

17le_vesuve_03

はじめて行くところってたいてい実際より遠く感じられるものだけど、骨董通りを端から端まで往復したらけっこう疲れてお腹もすいて、次に向かったのはイタリアンレストランHATKE。

17hatake

平日で、もう1時を回っていたのにけっこう混んでいてちょっぴり待たされた。
待っているあいだに出て行く人たちを見ていたら、名前はすぐに出てこないけどテレビをまったく見ないわたしでも芸能人とわかる人たちが何組か・・・・・・
立地の割には静かだしリーズナブルでお食事もおいしいので南青山で友達とごはんのときは選択肢のうちのひとつにしているのだけれど、いつの間にかここは芸能人御用達のお店になったのかな。
ここに来るとかならずオーダーする平日50食限定のハタケ・ランチ。

17hatake_01_2

一見いつもおんなじように見えるけどもちろんそんなことはなくて、毎回その季節の旬のオーガニック野菜を中心に作られたアンティパストの10種盛りプレートはいつ食べてもおいしい。
それに今日はとっても濃厚でおいしかったポタージュスープとフォカッチャ、アンチョビの隠し味が利いた海老と小松菜のショートパスタ、ドリンクと小さなドルチェがついて1350円はやっぱり安いと思うな。

そしてここに来てはじめてちゃんと話すことができたHさん。
東京に来る直前まで縫っていたという、着物をリメイクしたガウンを着てらした。
すごく好奇心旺盛、チャレンジ精神旺盛でエネルギッシュな方でした。
今回数年ぶりに来たという東京での滞在期間も毎日スケジュールがぎっしり。
わたしにはとうていそんなのはもう無理だなと思いました。
お正月に二泊三日でパリに行った友達が、毎日二食でひたすら美術館にだけ通っていたと言っていたけれど、わたしもそんなのがいいなと思います。

ここでランチタイムのあいだお喋りして、食後は1階にあるニコライ・バーグマンのフラワーショップを眺めた。今日2軒めの花屋。
ここでnicolai bergmann というロゴの入ったリボンのかかった黒い箱が届いて、あけたら宝石箱みたいなフラワーボックスだったらどんなに素敵でしょう、という話をして楽しんだ。
夢は大事ね。
好き嫌いはあるかもしれないけど、とてもスタイリッシュな花屋。

ラストは九段下近くということで神楽坂に移動。
かもめブックスにも大洋レコードにも行ってみたかったけどもうそんな時間はなかったので紀の善へ。
今日はどこに行ってもはじめての方と一緒だからよかったものの、わたしってじっつにワンパターンだなと思います。
食べるものまで決まってますもん。
紀の善ときたらクリームあんみつです。
彼女はここではくるみ汁粉を食べてた。
それもおいしそうだった。

イレギュラーな休日の一日。
はたして彼女は楽しめたのかどうか・・・・・・。
けっこうたくさん歩いたのに疲れも見せず、今日のメインイベントである武道館に向かって行きました。

17kinozen

|

« はじまりの気 * | トップページ | ひなまつり »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

すてきな1日でした。新しい世界の扉がまたひとつ見つかり感動した昼下がりのことでした。お花屋さん巡りは楽しかったですよ。お花は心をなごませますね。本当にありがとうございました(*^_^*)

投稿: ひろ | 2017年3月 7日 (火) 00:31

ひろさん、

先日はお疲れ様でした。
お花屋さん、もう一軒のほうが立地的にも好みだったかなあ、と
あとで思ったりしましたが、楽しめたならよかったです。
仕事を休んでのあんな時間はわたしも滅多にとれません。
あのあと、わたしのほうは一気にいろいろなことがあって、
まったく心休まる時がありませんでした。
お返事遅くなってすみません。
ひろさんもまたとうぶんはお仕事に励む毎日でしょうか。
三寒四温の折り、大事にされてください。
そしてこれからもチャレンジ精神旺盛に、いろんなことにチャレンジ
していってください。
着物をリメイクして作ったガウンコート、
きれいな色のリネンで作っても素敵かもしれませんよ♪

投稿: soukichi | 2017年3月11日 (土) 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじまりの気 * | トップページ | ひなまつり »