« カンパーニュでフレンチトースト | トップページ | 2017.02.24.AM 06:40.Morning sky. »

2017年2月23日 (木)

鳥は何を?

17hiyodori

最近は早起きするためにできるだけ早く寝るようにしているのだけれど、昨夜はいろいろあって寝たのは2時だった。
朝、目覚ましのアラームが鳴って30分も過ぎてからやっとのことで起き、カーテンをあけてふと見たら、お隣のベランダのフェンスにヒヨドリ。
そおっと足音を偲ばせて近寄ってカメラを構えたけど、いつもなら人の気配ですぐに飛び立ってしまうのに、このヒヨ、何やら前方をじぃっと見つめたまま物思いにでも耽っているかのようにぼおっとしている。
部屋にカメラを置きに行って、それからいつものようにアマテラスオオミカミをして終わってもいなくならない。
今朝は飛蚊症もいちだんとひどくて、頭も重かったからそれからソルフェジオチューナー528を鳴らして身体の調整を試み、ベランダの死にそうなバラにも聞かせ、ヒヨドリにも聞かせてみたら、周波数を察知したのか、それまでじっと前を見ていたヒヨドリがしきりに首を傾げはじめた。
すると前方から仲間が飛来してきて、ヒヨドリは嘴を大きくあけて鋭く2回鳴いた。
いったいその小さな身体のどこにそんな大きな声が隠れていたの、ってくらいに。
わたしが七田眞の右脳開発に興味を持ったのは、右脳がひらかれると猫や犬や鳥や植物の言っていることがわかって、会話できるようになるということだった。
そんなことが日常的にできたらいいだろうな。
そんなことができたらわたしは人と会話するより彼らと話すことを選ぶんじゃないだろうか。ときどき、もうとうぶん誰とも会いたくないし、誰とも口をきかずに黙っていたい、と思うときがある。
いつだって口は災いの元だから。

日の暮れに疲れ果ててコンピュータの前から離れて、宇宙人みたいな歯科医から最近また『1日20分以上ゆっくり歩くこと』というあらたなミッションをもらった娘と散歩に出かけた。ちょっと先にある中央公園までゆっくり歩きはじめたら、ふいにまた風が強くなってきて、またしても春の嵐の様相。
春独特の青い夜空に裸木の細い枝が繊細に揺れてうつくしく、夜の林の中を轟々たる風の音を聞きながら髪をなぶられるままに「ああ、タンゴが聴きたい」と思った。
いつも書いているけど春はタンゴ。
あの鮮烈にして優雅な破壊力。
家に帰ってフェデリコ・ヴァジェホスのソロ・アルバムを聴いた。
ブエノスアイレス午前零時、ミロンガ・アズール、アディオス・ノニーノ、天使のミロンガ・・・・・・
馬鹿みたいに指で机を叩きながら頭を振って。

|

« カンパーニュでフレンチトースト | トップページ | 2017.02.24.AM 06:40.Morning sky. »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンパーニュでフレンチトースト | トップページ | 2017.02.24.AM 06:40.Morning sky. »