« 二月の花 | トップページ | Happy valentines ♡ »

2017年2月12日 (日)

味噌の寒仕込み完了!

17temaemiso

右の大きなボウルに入っているのは、味噌を作るために塩きりした玄米麹です。
今年の麹は、群馬県沼田市白沢の金井農園さんが丹精込めて育てた有機コシヒカリを福井のマルカワみそが玄米麹に仕上げたという、そら屋オリジナル。
去年はどうだったっけかな、といまこのブログを見たら、去年はなんとアップしてなかった。たぶん、味噌を作るだけで疲れ果ててしまったものと思はれる。
して、左のグレン・グールドのCDは今回の味噌作りのBGMでした。
なんたって大豆が煮上がった後は延々豆をつぶす単純作業がつづくので、沈黙だとツライ。毎年の味噌作りの相棒である娘に「何か聴きたいものある?」と訊いたら「歌が入ってないの」ときたから「さすが。わかってらっしゃる!」(人間の声を延々聴くのは疲れる)と思ったのだけど、あいにくノー・アイディアでした。
あんましこれはあわなかったね。

前にも書いたと思うけど、味噌作りの最大のコツ、というかポイントは、いかに大豆をやわらかく煮るか、です。すべてはそれにかかっているといってもいいくらい。
味噌作りでいちばん大変で疲れるのが煮上がった大豆をつぶすことだから。
豆が硬いと苦労する。だいいち、なめらかに仕上がらない。
今年は先月開けた味噌が意外と少なく感じたことから大豆をちょこっとだけ増やしたのだけれど、たかが300グラム程度増やしただけでもけっこう大変に感じました。
その理由のひとつには、今年はフードプロセッサーをまったく使わずにポテトマッシャーと擂り鉢・スリコギだけでつぶしたということもあると思う。
でも今年の味噌団子は固めで、いいお味噌ができそうです。

17temaemiso_01

午前中から大豆をふたつの鍋で煮はじめて、味噌団子ができるころにはもう夕方。
今回もカビが生えないように、味噌団子を詰め終わった後は分量外の塩を撒いて板酒粕でぴっちり蓋をして、さらにその上からぴっちりラップで覆いました。
重石はいつもの重めの皿と、100円で買える1キロ入りの塩袋。
今年も無事に味噌の寒仕込みが完了しました。

それにしても、、、、、、はぁ~、疲れた。もう、くたくた。肩イタイ。
たぶん、この分だと今夜も肩が痛くて眠れないこと必至。
わたしの母はなんでもやる人だったけど、味噌作りはしなかった。
たぶん、いま生きててもやらないと思う。
わたしがやってるのを横目で見ながら、「よくやるわねえ、そんなこと」っていうだろうなあ、と娘といいながら作りました。
これから流しの下で寝かすこと10ヶ月から1年。
今回もいいお味噌ができますように!

17temaemiso_02

今年使った材料(個人的覚え書き)

大豆(麦ダンス農園/ナカセンナリ)      1333グラム(864円)
玄米麹(マルカワみそ)              2000グラム(3300円)
塩(ヒマラヤブレンドパウダー)         610グラム(610円)
酒粕(大和川酒造)                4枚(292円)
*予想仕上がり量                 6キロ弱

170212sky

|

« 二月の花 | トップページ | Happy valentines ♡ »

味噌部発足!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二月の花 | トップページ | Happy valentines ♡ »