« 酉年、おめでとうございます! | トップページ | くろまめくろまめ »

2017年1月 1日 (日)

元旦の食卓

17gantan

2017年、元旦。の、あさごはん。
今年も自分で作ったのはお雑煮と紅白なますと黒豆だけ。
しかも黒豆はまだ鍋の中。
アーモンド田作りも作りたかったけど年末二日つづきの外出でそれどころじゃなかった。
暮れに友達から有機ゆずをもらったので、今年のなますはゆず入り。
あんまり酸っぱくなくて爽やかでおいしい。

毎年この日を迎えるたびに、「来年こそ自分でおせちを作ろう!」とか思うのだけれど、現実的にはいつもバタバタでいつもこれ。
そして『和食』が世界遺産になったように、『おせち』というのも遠い古の時代の日本の慣習、伝説の食として、いつか小学校の教科書に載るんじゃないのと家族と話すのもいつものこと。
それも嫌だから「来年こそ」と思って、なんでも形から入るわたしとしてはまずは気に入ったいいお重箱でも買って・・・・・・、なんて思うけれど、この程度のナンチャッテおせちですら食べてるうちにだんだんアンニュイになってくる子供ふたりを見てると、暮れの忙しいときにがんばっておせちを作ろうなんて気は全然しなくなってくる。
大体において、おせちはどれをとっても甘すぎる。
それに味が濃い。
いつも朝食は野菜か果物のサラダに、パンと珈琲、くらいしかとってない我々にはけっこう疲れる朝食といえる。わたしの歳でこうなんだから、わたしより若い世代の親たちなんてもっとおせち離れが進んでるんだろうなと思う。あるいは、もうとうにおせちなんかぜんぜん用意することなく、ただいつもより豪華なごちそうを並べるだけくらいのことになっているのかもしれない。

暮れまで忙しくしていた友達は、元旦に集まる家族のことを考えて、今年はおせちは買うことにしたといっていた。今日の今日まで巷で流行りの重箱に入った贅沢なおせちを買うことなんてまったく頭になかったわたしだけれど、デパートの地下であれやこれやお正月食材を買うことを考えたら、出ていくお金は一緒か、と思った。むしろ今日び、オーガニック食材を扱う通販サイトが売っている、消費期限が短くて添加物フリーの薄味のおせちを買ったほうが返っていいくらいかもしれない。
子供たちはお正月はお雑煮だけでいいというけれど、おせちが何もないのもなんだかさみしい気がするし、来年あたり一度買ってみてもいいかな。

わたしが一度はおせちをぜんぶ手作りしてみたいというのも、なんでもできないよりはできたほうがいいでしょう的考えと、ある種レジャーみたいな面白がりの気分が大半で、けしておせちそのものが食べたいわけじゃないから、そのためだけにいいお重箱を買うのは無駄かしらね?

そして、これだけは毎年欠かさない、お雑煮。
今年はうっかり三つ葉を買い忘れたので、ここにもゆずを入れて。
お餅はそら屋さんで買ってきた『そよかぜ農園』さんが杵と臼で搗いた玄米餅。
このお餅がまた市販の切り餅とちがってすごく厚みがあって、これで朝から死ぬほどお腹いっぱいになりました。

17ozouni

|

« 酉年、おめでとうございます! | トップページ | くろまめくろまめ »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酉年、おめでとうございます! | トップページ | くろまめくろまめ »