« きっとうまくいく! | トップページ | 冬の白 »

2016年12月15日 (木)

バジルのぱんのピザトースト

16basil_pan

土曜日にもらってまだ残ってたパンを今日ピザトーストにして食べる。
なんの問題もない。
いまは冬だから、添加物フリーの天然酵母パンでもカタくなるくらいで悪くなったりはしないから。
思った通りだ。
このバジルのパン、ピザトーストにすごくあう!
薄く切ったバジルのパンにマヨネーズとケチャップとフレンチマスタードをバターナイフでかしゃかしゃっと塗って、半分割したチョリソーとプチトマトと細切りピーマン、それに溶けるチーズとイタリアンハーブソルト、オーリーブオイルをちょこっと垂らして焼いたピザトースト。ただこれっくらいのことがすごくうまい。
それにタマネギとプチトマトのサラダ、珈琲。

今月は出かけることが多かったから比較的外食も多かったけど、いつもはほとんど外食はしない。1人で出かけるとお茶もしないで帰って来てしまうことが多い。だからたいていのものは自分でつくって食べているけど、それでじゅうぶん、おいしいと思っているから、たまに外食してあんまりおいしくないと、こんなものにこんなに払うなんて、とがっかりしてしまう。
家で食べるものって、なんでもないようで手間がかかってるから。
このパンもそう。
パン職人が一生懸命、仕込みに12時間もかけてつくってる。
バジルのぱんは江古田ヴィエイユ、大山哲司さん作。
バジルはご両親の畑から送られてきたものだそう。
ヴィエイユさん、いまは素敵な冬の巻きもの展をやってるみたいです。

|

« きっとうまくいく! | トップページ | 冬の白 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きっとうまくいく! | トップページ | 冬の白 »