« 寒い朝 | トップページ | 11月のスカボロフェアー »

2016年11月11日 (金)

コトリ花店9周年 *

16kotorihanaten_01

昨夜は肩関節の痛みがひどくて、けっきょく朝まで熟睡できないま、うつらうつらしながら土砂降りの雨の音を聴いた。そして自分がこんなふうにまだ温かい布団の中にいるときにも花屋は土砂降りのなかもう市場に向かっているんだ、と思った。
ひどい雨が降ろうが嵐になろうが日々コンスタントに働かなきゃならないのは花屋に限らず勤め人だっておなじだけれど、花屋は朝が早いし、真冬だって冷たい水を扱う仕事だから。火の気のまったくないところで終日、一冬働くのは、慣れているとはいったってどれだけキツイだろうと思うのです。
今日、コトリ花店9周年。
お店を始めるのだってとても勇気と決断力のいることだけど、それを9年もつづけてこられたってすごいことです。

夕方、雨がやんで一瞬明るくなりかけたのでいまがチャンスと外に出たら、やっぱりまだ降ってた。でもそのまま自転車飛ばしてコトリ花店へ。
店主と話していて、彼女のおかあさんが亡くなったのは去年の11月だったと思いだした。
あの日も夜からつめたい雨になった。
仕事が終わった帰りに雨のなかタクシーに乗って喪服を借りに来た彼女に、何か、なんでもいいからお守りになるようなものを持たせたくて、五芒星のクリスタルを渡したんだった。そんなもの彼女にはなんの役にも立たなかったかもしれないのに。
今年、ひょんなきっかけからあるひとのtwitterをずっと見ていて、彼女がはっきり言葉でそう書く前におかあさんが亡くなることがわかってしまって、夜中に心配でもういてもたってもいられなくなって衝動的に買ってしまったものを、いまだに彼女に渡せずにいる。もう渡せないかもしれない。自分でも何やってるのかと思うけど、わたしがすることはいつもあんまり変わらない。

花屋に9周年おめでとうをいって食卓にささやかな花を買って雨のなか帰る。
毎年書いてるかもしれないけれど、わたしが思うことはいつもおなじこと。
おばあさんになっても花を束ねつづけていたい、という彼女の願いがないますように、ってことだけ。
10年めに突入する明日からも健やかに元気で、願わくは自分に正直な仕事を!

1612mois_du_bouquet

|

« 寒い朝 | トップページ | 11月のスカボロフェアー »

コトリ花店」カテゴリの記事

コメント

かないますように!

投稿: (^-^) | 2016年11月15日 (火) 10:29

I think so!

投稿: soukichi | 2016年11月19日 (土) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い朝 | トップページ | 11月のスカボロフェアー »