« 秋のライラックローズ** | トップページ | わたしのあたらしい相棒 * »

2016年10月 1日 (土)

Starting over *

16kinmokusei

今日は気持ちよく目覚めた。
それで昨日の夜の感じじゃ自分も含めて誰もわたしがプールに行けるなんて思ってなかったけれど、勢いプールに行くか行かないか考えはじめちゃって・・・・・・。
まだ咳をするとゼロゼロいうし、ことによっちゃまた風邪がぶり返す可能性もあるけど、でもけっきょく行くことにした。泳いで吉と出るか凶と出るかは行ってみなくちゃわからないし、それに人が努力して長く続けてきたことをあっさり続けられなくなってしまう理由なんていくらでもあるから。そういういのをずっと見てきたし、それに3週間も泳がなかったらますますプールに行けなくなる。

更衣室でさんざん鼻かんでからプールサイドに出て行くと、今月もコーチは人が変な泳ぎすると指さしてゲラゲラ豪快に笑ってくれるSコーチだ。人によっちゃ笑うのは失礼だという人もいるみたいだけど、わたしはこの人にゲラゲラ笑われるとむしろ一緒に笑いたくなるね。
アップの50を2本泳ぐとき、「すみません。風邪ひいて治ったりぶり返したりで、また2週間ぶりです」といったら「だいじょうぶなの?」と訊くから「今日もイチかバチかです」といったら、「やめてよ~」といわれた。
ま、自己責任ってことで、といって泳ぎだす。
息子がよくいうのは、(ギター弾いてて)どうやっても変な手癖がついて取れなくなってしまったら、しばらくはもう弾かずにいるのがいいんだってこと。
たまに水泳でもそれを体感することがある。
病み上がりだと無理して頑張る気持ちはハナからないし、そのぶん余計な力も身体についた変な癖も抜けて、自然に身体がまっすぐに伸び、ラクに泳げることがある。
でも、いかんせん今日は身体がペラペラで体幹ブレまくり。
途中ゴホゴホ咳をしながら、それでも50分泳いだ後には呼吸がずいぶんラクになった。
やっぱり身体はときどき日常の動き以外の運動で活性化しないといけない。
そういうことを全くせずに年をとるなんて、わたしにとってはもうありえない。
今日もおなじレーンで泳いでいたMさんは、定年退職する60になる少し前に水泳をはじめたそうだ。そのときはカエル泳ぎしかできなかった。(カエル泳ぎと競泳の平泳ぎはまったく別物)。それから21年つづけて、81になったいまは4泳法ぜんぶ泳げる。前は苦手だったクロールで、今日は過去最高の25を21ストロークで泳げたって。81で・・・・・・。
すごいことです。

これは水泳に限ったことではないけれど、水泳の面白さと難しさは頭(脳)と身体をどう連動させるかってこと。頭を使う。それと水中でのブレスと、水の重力に負けずに左右対称の動きをしなければならないこと。難なくクリアできる人もいるけど、わたしにとってはどちらも難しい。気持ちのデカさと肺活量、筋力と体力がいる。

わたしが水泳をはじめたのは40のときで、それから数年はメキメキ上達したし、筋肉もついて姿勢も良くなり、脚もまっすぐになってぴったりつくようになった。そして何より一年通してまったく風邪をひかなくなった。
それがいつのころからか泳力のほうはさっぱり頭打ちになって、最近じゃ上手くなるどころか自分の劣化スピードのほうが速すぎて前できていたことすらできなくなる始末。そして久しぶりにこんなひどい風邪をひくと、もはやかつての保険も切れたんだなって思う。
つまり、いままでのやりかたではもうだめってこと。

今朝、目覚めるなり目に入った書棚の本、『水泳の科学』を布団の上でおもむろに開いてみたら新鮮だった。そして水泳をはじめたころは通勤電車の中でもどこでも水泳のことばっかり考えていたことを思いだした。
もういちど、あのころの真摯な気持ちになって1からやり直さないとね。

街はどこもかしこも金木犀の匂い。
またこの季節がはじまった。
きょうもなんだか冴えない曇りだけれどよしとしよう。
今日、天秤座の新月。

|

« 秋のライラックローズ** | トップページ | わたしのあたらしい相棒 * »

Good Swim♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のライラックローズ** | トップページ | わたしのあたらしい相棒 * »