« 雨の朝、デュセス・ドゥ・ブラバン。 | トップページ | ココナツ・ソイミルク小豆白玉 »

2016年9月14日 (水)

夏剪定はお済ですか?

16jubilee_celebration_10

激しい雨の音で目が覚めてしまって、朝5時。
それからどうやっても眠れないのでしかたなくベランダに出て、そういえば昨日ばらのナーサリーから『夏剪定はお済ですか?』というメールマガジンがきてたな、と思いだして剪定をはじめた。
昔から「ばらをやっている」というときまって相手から「ばらは難しいから」といわれるのにはもう飽き飽きしているけれど、ばらには季節ごとにやるべきことのルーティンがあって、それをきっちりやれなくても、ポイントさえ押さえていればなんとかなるものだと思う。
ただ、そうはいっても狭いベランダではおなじように世話していても枯れていくばらもあって、持って生まれた個体差もあり、それもしかたのないことだと思う。
いつか、表紙の美しさに思わず手に取ったばらの特集の園芸誌の中に、有名な方なのか、見るからに口やかましそうな園芸女史の写真の横に、「いくら好きだからといって狭いベランダでたくさんの品種のばらを育てるのは、ばらの健康を考えるうえでいささかも感心しないからやめたほうがいい」というようなことが書いてあって、至極ごもっともだけど、しょせん狭い自分のベランダをどんなふうにばらでいっぱいにしようがわたしの勝手だわ、と思ってパタリと閉じてしまった。
世の中にはそう広くないマンションのベランダで一千本のばらを育てて育種家になってしまった人だっているんだしね。
夢はどこからはじまるかわからない。
いつものことだけど、ベランダでばらの世話をしていたらあっという間に3時間が過ぎてしまった。

上のばらがぜんぶひらくとこうなる。
My eys wide open.

16jubilee_celebration_11

|

« 雨の朝、デュセス・ドゥ・ブラバン。 | トップページ | ココナツ・ソイミルク小豆白玉 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の朝、デュセス・ドゥ・ブラバン。 | トップページ | ココナツ・ソイミルク小豆白玉 »