« 夏風邪秋風 | トップページ | ムケッカをつくった。 »

2016年9月11日 (日)

『いつかみた あのこ』に会ってきました。

16megumi_yamaguchi

昨日、病み上がりのプール。
水の中でカラダが鉛みたいに重かった。
クロールで手を伸ばしてもカラダが滑るどころか、ぜんぜん進まなくて。
まるで水中でもがいてるみたいな。
それで思ったのは新鮮なお魚のパツッとハリのあるカラダのことで、あんなふうにハリがあってこそあのキレのある泳ぎができるわけで、とよん、としたカラダをしてたら絶対にそうはならないんだってこと。
これは体調が完全に戻ったら筋トレはじめなくちゃな、と思う。
毎日ちいさなことでもコツコツと ・・・・・・
そういうの、あんまり得意じゃないけれど。

そんなわけで昨日もだめだめスイマーだったけど、さいわい雨の天気予報が外れて一日お天気が持ちそうだったから、ゆうがた娘と連れ立って高円寺のAmleteron(アムレテロン)さんへ『いつかみた あのこ やまぐちめぐみ作品展』を見に。

アムレテロンさんのことは少し前から知っていて、前に神聖幾何学のことを検索しているときにここで扱っているサンキャッチャーがヒットして、いつか見に行きたいと思っていたのでした。そして今回即座に行こうと思ったのは、このDMになっためぐみさんの絵がとてもよかったから。わたしが好きな、めぐみさんの初期特有の絵。
『いつかみた あのこ』というタイトルもよかった。

はじめてお店の扉を開けて中に入って、目に飛び込んできた絵を見てびっくりしました。それはわたしがはじめてめぐみさんのブログで見て、とても惹かれた絵だったからです。
たしかそれはめぐみさんがセツ時代に描いた絵じゃなかったかと思う。
四六判半切の大きな絵で、荒涼たる冬の雪原を、頭にスカーフを巻いて分厚いコートを着た少女がふたり、いまにも歩きだそうとしているかのような絵。白い世界の中で少女たちの存在はとてもヴィヴィッドなのだけれどどこか薄氷を踏むような危うさがあって、それが魅力でもある。
素人のわたしが思うに、あまり絵を描き慣れてない人がいきなり四六判半切の大きな紙を渡されたら戸惑ってしまうんじゃないかと思うのだけれど、めぐみさんは臆することなく、大胆な構図で力強く描いてる。わたしが初期のめぐみさんの絵が好きなのは、カメラのファインダーを覗いて切り取ったような大胆な構図と、そこに共通してあるグレイッシュなトーン、どこかクラシカルな静謐さ、かな。少女たちの姿や顔かたちにしても、ただかわいいというんじゃない大人っぽい静けさがあって、その表情は読みとれそうで読みとれない、複雑に滲んでるような。
それで飽きずに眺めていられる。
まさか、ここであの絵を見られるとは思っていなかったので、まさに『いつかみた あのこ』に会えたような感じでした。ほかにも懐かしい絵がいっぱい。
一気に時間を引き戻されてしまったような感じ。
そして何より、店主さんのめぐみさんへの深い愛が感じられる空間になっているのが素晴らしかった。
ここへはまたきっと来るでしょう。
本棚で古書を見ていたら、今月誕生日の息子に贈るのにぴったりなのをみつけたのでその本と、わたしもいつか食べたことのあるめぐみさんのお菓子(ムジカ食堂のステさん再現)を買って帰って来ました。

16megumi_yamaguchi_01

そして今日、本物そっくりに再現されたこの黒糖レーズンくるみケーキを見ていたら、このお菓子って、端的にめぐみさんの世界を表わしてるなあって思いました。
夢があって、どこかお伽噺に出てくるお菓子みたいで。

16kokutou_cake

上にちょこんとのったチェリーはなんだか懐かしいレトロな味がした。
アイシングがかかってて、一見すごく甘そうに見えて実際に食べるとちょうどいい。
黒糖のコクのある甘さとレーズンのほのかな酸味、くるみのナッツ感が調和してとってもおいしかったし、めぐみさんの作ったのとほんとにそっくりでびっくりしました。(再現した人、すごい!)
食べながら、きのうアムレテロンの店主さんから聴いためぐみさんの話と、わたしが直接めぐみさんから聴いた話が、まだ病み上がりで混沌とする冴えない頭の中でぐるぐるして、わずか数年前にタイムトリップするようでした。
わずか数年前のことが、当たり前だけどすべて過去で、すべて懐かしくて、呆然としました。
これは過去にタイムトリップするお菓子ですよ。
心して食べよ。
なあんて、だーれもいわないと思うけど。

16kokutou_cake_01

『 いつかみた あのこ ~ めぐみめぐる ~  やまぐちめぐみ作品展』は、
高円寺Ameletronで、9月17日(月・祝日)までです。
※9/13(火)定休日 14:00~20:000(土日、祝日12:30~)

|

« 夏風邪秋風 | トップページ | ムケッカをつくった。 »

アートのある場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏風邪秋風 | トップページ | ムケッカをつくった。 »