« 懐かしのプアハウスで | トップページ | 台風一過 *** »

2016年8月19日 (金)

水瓶座の満月

16kohakukou

つい数日前、これまで誰にもいわずにずっと自分の中だけで抱えてきたことを、自分でも思いもよらぬ人に言ってしまう、ということがあって、いざ言ってしまったらなんだかとてもすっきりして、自分で思っていた以上にそれが自分にとって負担になっていたことに気づいた。やっぱり自分の中に溜めるのはよくない。

そんなことも含めて、いろいろなことがあったこの一週間は、どーん! とンタルデトックスの周期に見舞われたような感じでいたら、その極めつけが昨夜、家庭内で勃発した。
娘のぶっきらぼうな一言からはじまったトラブル。
それは、ここまで苦労して子供を育ててきて、親子ともどもほんとうにものすごく時間がかかったし、時間を費やしてきたけど、やっとなんとかなりつつあるかな、と思っていたわたしにとっては、心底がっかりしてしまうようなことで、久々に消えたくなった。わたしひとりじゃ足りなかったこともいろいろあったとは思うけど、でも子供ももう27と24だ。わたしはもうじゅうぶん、がんばった。それでまだこんなふうにいわれなきゃならないなんて、いいかげんにしてくれ。そんなに嫌なんだったら、もううちも解散しますか。君たちは君たちで勝手にやってください。という言葉が、ついに口から出たのだった。
それでも母親というのは因果なもので、そのあともいつものように買いものに行き、いつもどおりに夕飯の支度をするんである。そこに帰ってきた息子。この人はわたしとおなじで一瞬で物事を見ぬく超敏感体質で、そのうえ瞬間湯沸かし器ときてるから、事態はますますこじれることに。
・・・・・・ と、いつもならそうなるところなんだけど、昨日はそうならなかった。
途中まで息子の口のききようは喧嘩ごしだったものの、結果的に昨日は息子が岩窟王みたいにガンコな娘が長年ひとりで抱え込んでいたブロックをとっぱずす、という役割をしたのだった。びっくりした。(息子も、まさかこのタイミングでか、とびっくりしているようだった。)
息子の言いっぷりじゃ、また例によって過去にさかのぼって、いまとなっては到底わたしにはどうにもできないようなことをいわれるんだろうと思っていたら、それは思いもかけないことだった。
へ? それが長年、娘の心をブロックしていた漬物石? と思うようなものだった。
人が心中深く何を隠し持っているかなんて、血のつながった親子の間でだってそうそうわからないってことだ。聞いてしまったらなんだか気が抜けた。

けっきょく、何を食べたんだかわからないような食事の後で、やっと少し平常心に戻った息子に「言ってくれてありがとうね」といったら、息子は息子で「このタイミングでいうのがよかったかどうか、わからなかったけどね」という。
「どのタイミングも何も、今日のいまがそのタイミングだったんだよ。わかってよかったよ」とわたしはいった。
外に出ていること、目に見える問題なら片づけようもあるけど、内に秘めたこと、隠れた問題はいつまでたっても他人には片づけようがないから。
自分の暴言がきっかけで秘密をすっぱぬかれた娘も、なんだかすっきりした顔をしている。自分でさっさと言ってしまえばもっと早くにすっきりできたのに。なんてバカなんだ、君は。
なんてバカなんだろう、人間って。
いうおう一件落着したものの、なんだかすっかり疲れ果ててコンピュータの前に座ってメーラーを開いたら、石井ゆかりの占いに『今日は水瓶座の満月』で、しかも水瓶座は『ターニングポイント』とあって、思わず「それでかあ!」と思った。
うちは家族3人が3人、風の星座だから常に家の中には風が吹いているけれど、この一週間の重たいデトックスの合点がいった瞬間だった。

それで今日会った彼女も水瓶座だから、喫茶店に入って席に着くなり開口一番「ねえ、変なこと聞くようだけど、Tさんもこの一週間、すごく大変じゃなかった?」と訊くと、やっぱり「ものすごく大変だった!」という返事が返ってきた。
そうじゃなくても毎年8月はだめな月なんだそうだ。
それというのも8月は母からずっと戦争体験を聞かされてきて、終戦記念日からこっちはいつもそれを思いだして、毎年メンタルがどーん! と落ちるのだって。
彼女が「わたしの母は満州からの引揚者で」と言いかけたので、「うちの母は樺太からの引揚者だよ、それで日本に還る引揚船の中で6人きょうだいのいちばん下の子がはしかにかかって死んで、しかたなく海に葬られたんだ」といったら、彼女はびっくりして「おんなじだ! ・・・ うわあ~、いま鳥肌立った~」なんて言っている。
戦争によって何もかも奪われ、家族の写真一枚持ち帰ることもできずに、命からがら日本に還ってきたわたしたちの親たち ・・・・・・
そういう戦争体験を自分の親から聞くのも、せいぜいわたしより一世代下くらいまでなんじゃなかろうか。いずれ何も知らない人たちしかいなくなる。
彼女とは直接知り合ったわけじゃなく、一緒に仕事をしている友人を介してのつきあいだけれど、こういう縁もあるんだなあ、と思った。人の縁って、ほんとに不思議。

そんな、彼女にとってはただでさえ落ちる8月だというのに、昨日は極めつけにショックなことがあったという。
それを聞いてわたしが思うには、やっぱりそれは起こるべくして起こったことで、それは彼女に重大な何かを教えているのだった。
つまり、自分をスポイルする相手にまで自分の身を粉にして何かを与えつづける必要はない、ってこと。もっと言えば、そんな相手にまで好かれる必要もなければ、『いい人』と思われる必要もないのだということ。大体において、自分と関わる万人に好かれようと思ったり、いい人だと思われたいと思うこと自体、無理な話だし、馬鹿げたことだと思う。
今日、娘の話をしたら思わず泣いてしまった彼女はじゅうぶん優しくて、いい人で、それを知っている人はたくさんいるのだから、なんてことを彼女に言った。
彼女にも『水瓶座の満月』、『ターニングポイント』という言葉は大いに合点がいったみたいだ。「わたし、昨日は塩まきました!」というので、わたしもこれから帰ったら掃除して香焚くと思うよ、といって店を出た。

いまは、これまで隠れていたものや目に見えなかったものがどんどん出てきてしまう時代。
嘘や詭弁、欺瞞やごまかしが通らなくなった時代だと思う。
なんでもボーダレス、なんでもシースルー。
いいことでも悪いことでもなんでもあからさまになってしまう時代。
自分の本音を隠せなくなった時代。
だから社会の闇に潜む陰の意識や悪、汚いものや醜いものや見たくないものもどんどん出てきてしまうのだけれど、そんな時代だからこそいまは何が出てきても、外で何が起ころうともブレない場所、平安な場所、イハレアカラ・ヒューレン博士いうところのポイ(POI:Peace of  I )みたいなものを自分の中につくる必要があるのだと思う。
それには常に自分自身と、自分のいる場を浄化しつづける必要がある。
そして本音を隠しておけない時代、ということは、いいかげん自分に正直に生きよ、ということでもあって、早く『ほんとうの世界』にならないかな、と思う。
言いだしたらキリがないけど、医師や病院は患者がほんとうに良くなるためだの医療を行い、薬剤メーカーは患者がほんとうに良くなる薬をつくり、食品会社は自分の家族に食べさせたいと思うおいしくて身体にいいものをつくり、環境に配慮した農業や企業がスタンダードになり、世の中から女性を搾取する商売がなくなり、うるさいだけのくだらない音楽がなくなり ・・・・・・
自分がほんとうにいいと思う、自分がほんとうにほしいと思うものだけを世の中に提供する人たちが増えないかなって。

わたしがそう言った即座に「そんな世界になるわけない!」と思った人は、そういう意識の集大成によっていまの世の中が形作られているんだからね、と言いたい。
そしてそれを絵空事にしないためには、まずは自分が澄んだ水の一滴にならねば、とか思うのです。

夕方、家に帰って熱い大気でむっとする部屋の窓という窓を開け放して、汗だくになって掃除して、いまやっと琥珀のお香を焚いた。
琥珀のお香は場の浄化、瞑想や精神の安定にはとてもよいそうです。

|

« 懐かしのプアハウスで | トップページ | 台風一過 *** »

season colors」カテゴリの記事

コメント

琥珀のお香。。
最近、よく目にしていましたが、そういうことなのですね。

わたしも水瓶座。
ちょうど先日の満月を見上げていました。
確かに何ともいえない停滞に入っていました。
自分を見直しちゃうような。
波、ってありますね。

投稿: ble | 2016年8月24日 (水) 15:23

bleさん、お久しぶり。

bleさんとはいつもお久しぶり。
元気ですか?
それともあんまり元気じゃないのかな?
でも相変わらずキレイなんだろーな!

わたしは七転び八起きです。
基本ネアカなんです。
感謝しろと子供にはいってます。
こういう明るい(アホな)親で。

波ってのはたしかにあるね。
サーフィンみたいにうまく乗れたらいいのにねwave
でもいつだって自分を見直すのはいいことです。

いつかほんとに会えるといいね!

投稿: soukichi | 2016年8月27日 (土) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしのプアハウスで | トップページ | 台風一過 *** »