« 水瓶座の満月 | トップページ | 夏の終わりの線香花火 »

2016年8月23日 (火)

台風一過 ***

160823sky

朝6時、蝉の声で目が覚めた。
みんみん蝉とオーシーツクツク。
台風が去って俄然、鳴くときを知ったような勢い。
昨日、久しぶりにすごい豪雨で目の前を走る多摩湖線が脱線して、それがYahoo!のトップニュースになっていたのにはほんとにびっくりしたけど、今日は台風一過の青空。一気に蒸し暑い。

そして今日は週1東京の病院に通院しているSさんが遊びに来て、遅いお昼を一緒に食べた。昨日は夕方まで買いものに行けなかったから予定が狂って、カレーとサラダくらいしか作れなかったけれど、Sさんはおいしいおいしいといって食べてくれた。
昔から人の家に行くのも人を家に招ぶのも好きです。
たまに誰かが来ていいのは、家の中が片づく!(笑)
昨日は豪雨に乗じて、ずっと気になりつつ放ったらかしていたマガジンラックとレターラックと本棚を片づけた。大量の紙ゴミ(ほとんど仕事の資料)を大きなゴミ袋2つ捨てたら、ウソみたいにきれいになった。息子なんか「床まできれいになった」というくらいに。部屋の波動が変わった。まさしく細部は全体を制す、といったところ。ここから先は断捨離、掃除あるのみ!

Sさんとはこれまでメールや手紙でやりとりしてきて、顔をあわせるのはこれで2回めだけれど、ちゃんと話すのは今日が初めて。やっぱり書き言葉と会って話すのとは全然ちがう。
Sさんはいたずっらっぽい笑顔の人で、これまでも言葉の端々からSさんはきっとお母さん子なのだろうなあ、とは思っていたけど、やっぱりそうらしかった。そしてそんなSさんを見ていたらSさんの泣くところが想像できた。もうSさんの母もわたしの母も死んでしまっていない。そしてSさんは、いい意味で日本がいまよりずっと自由で大らかだったころに、けっこう悪いことをいっぱいしているのだった。一歩間違ったら死ぬようなこと。多かれ少なかれ昭和の子供ってみんなそうだよね。それが音楽やる人間だったらなおらさね。
Sさんと話している最中も帰ってからも何かに似てる似てると思っていたのだけれど、うちの子供たちいわく、ラッコだってさ。なるほど!

今日Sさんに、関口教会で売っているという、ルルドの泉のメダイをいただいた。
関口教会と聞いても全然ピンとこなかったのだけれど、それが自分が結婚式を挙げた東京カテドラル教会だと知ってちょっと驚いた。なぜかこれで古い過去の記憶が浄化されるような気がした。
Sさんが帰った後、メダイをつけられそうなチェーンを探したけれどなかなかなくて、母にもらった一粒パールのネックレスに通してみたら、はじめて通った。
それでチャームをぜんぶはずしてチェーンを磨き直して、もういちどつけた。
母にもらったパールと、母とおなじ、9月生まれの息子の生誕記念のベビーリングと、メダイ。何かがひとつにつながったような思い。

16medal_2

Sさんとは、わたしの友達と過去に音楽仲間だったことがもとで知り合った。
人の縁が持つ不思議。
わたしは音楽が好きだから、いつも音楽には恵まれる。
音楽をやる人とも。

今日の穏やかな、凪のようなうつくしい夕空。

060823sky

|

« 水瓶座の満月 | トップページ | 夏の終わりの線香花火 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水瓶座の満月 | トップページ | 夏の終わりの線香花火 »