« 8月の朝ごはん | トップページ | 夏日 »

2016年8月 3日 (水)

新月にPEPEPEさんから絵が届いた!

1607pepepe

新月の今日、PEPEPEさんこと渡邉知樹さんから絵が届いた。
知樹さんには5ヶ月も待ってもらって、やっと手に入れた絵。
わたしがはじめて買った絵。
全紙サイズだからかなり大きい。

わたしがまだ家族以外誰にも絵を買うことを話してなかったとき、いつも行く美容院で壁に飾られた絵を見ながらJ君にそのことを話したら、「それはいいですね! 絵でもなんでも、ほんとに気に入ったのを見つけたらぜったい買うべきです。ぼくは昔からそういう考えです」とJ君が断言したのでちょっと驚いちゃった。
昔からよく育ちがいいとか悪いとかいうけれど、ふつうの人には想像もできないような貧しくて過酷な環境で育ったJ君のどこからその考えが生まれたのだろうって。
まぎれもなく彼は、子どもだった自分を取り巻く親や周囲の人すべてを反面教師として、その環境から出るべく努力していまの美意識、美学を築き、お金の遣い方をチョイスしてきたのだけれど、それって素晴らしいことだな、と思った。
世の中にはお金がたくさんあっても自分の家に花など買わないって人もいる。
生活に必要なもの以外、それこそ絵なんか買ったら連れ合いに怒られるっていう人もいる。
それがわたしなんかよりずっと豊かな暮らしをしている人たちだったりするから、ちょっとびっくりする。
幸い、わたしの家の家計はわたしがマネッジしているのでわたしが何を買おうが誰に文句をいわれることもないし、二人の子供はともにクリエイティブ系の人間だから、むしろわたしが生活のこと、現実的なこと以外にお金を遣うことを喜んだりする。息子もJ君とおなじ。
「絵を買うなんてそれはいいね! そういうことにお金を遣うのはいいことだと思う」というし、娘は娘でわたしに絵の値段を聞いて「そりゃ、安いくらいだね」っていう。
おもしろいね。子供のころ、わたしはよく母に「あなたはビンボー人の子のようじゃない」っていわれたものだけど、うちの子二人もおよそビンボー人の子のようじゃありません。

いま思うと、わたしが滅多にないこと自分のためだけに大きな買いものをするときって、きまって何かの転機のときだった。
ということは、これもまた何かの転機なのかな。
と、行動したあとにいまさら考える。
これまでアートを所有することに全然興味がなかった(というか諦めていた)わたしに何か変化があったとしたら、それは花や鉱物なんかとおなじように、絵もまた生きたエネルギー体だということを真に感じたからだと思う。

昔から素敵な靴というのは持ち主を素敵な場所に連れて行ってくれるというけれど、この素敵な絵がわたしたちを素敵な場所に連れて行ってくれたらいいなと思う。
どこか、この絵の似合う場所に。
そしたらわたしはバイバイ・ブラックバードを歌いながらこの町を出るんだ。
たくさんの大事なものを失ったこの町から。

絵には花の木が描かれた封筒が付いていて、中にはいつものPEPEPEさんのヘンな鳥の絵(いつもヘンなヘンな、っていってますけど、これって褒め言葉ですからっ!)とメッセージが。
でもこのヘンな鳥はいつも以上に素晴らしい。
逆立ったトサカも、ふっとい身体も、木の根っこみたいな立派な脚も、でっかい翼もなんだか堂々と威厳があって鳥の王みたいです。

1607pepepe_01

そうだ、突然だけどカメラの三脚を買おう!
友達がピクチャーレールを付けに来てくれて、めでたくダイニングルームの壁にこの絵が飾られたら、絵と一緒にみんなで記念写真を撮ろう!
とってもHAPPYな顔の写真になりそうです(^-^)

カードの裏。
ZZZ ・・・・・

1607pepepe_02

|

« 8月の朝ごはん | トップページ | 夏日 »

アートのある場所」カテゴリの記事

コメント

上手く収まるといいですね。楽しみ

投稿: jose | 2016年8月 6日 (土) 07:36

joseさん、Thanks!

いつになるかなあ?
絵がぶじ壁におさまったら、お知らせしますからぜひ見にきてください♪

投稿: soukichi | 2016年8月 7日 (日) 15:19

joseさん、追伸!

joseさんに送ろうと思っている本(文庫本)をもう一度読み直そうと持ち歩いてるときにザッバーン!とゲリラ豪雨にあって持ち物まで濡れてしまい、本がひどいことになってしまったのだけど、新たに手に入れようとすると時間かかってしまいそうなので、悪いけどこのまま送ります。
中身はすごくいい本です!

投稿: soukichi | 2016年8月 7日 (日) 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月の朝ごはん | トップページ | 夏日 »