« 渡邉知樹展/食卓のある風景 | トップページ | とりあえずいたからよかったけれど・・・ »

2016年6月 3日 (金)

ざわめく緑

16moving_green

昼間の猫たちはどこにいるんだろう?
火曜日に見たパンダの様子があまりに元気がなかったからひどく気になり、風の音に落ち着かなくなって追われるように家を出てきたけれど、ふだんあれだけあちこちで見かける猫が1匹もいない。
ちょうどわたしが路地を曲がったとき、パンダのことを『はっちゃん』と呼んでるおばさんが家の中から不安げに出てきて、庭のまわりや家の裏やら、何かを探してる風な様子だったけど、パンダについてはこの3日まったく見ない。(おばさんの庭の柵の陰には手つかずのカリカリが入ったボウル。)
それで立て込んだ路地の間をくまなく目で探しながら歩いていて、唐突に目の前にひろがった風で動く緑をただ茫然と眺めている。

強い風に右に左に煽られて、きらきら輝きながらざわめく緑。
その下には白や紫の紫陽花の一群。

きれいだ、と思わず近寄って見ると、紫陽花の葉は見事に食い荒らされていて見渡すかぎり穴ぼこだらけ。
これだから紫陽花は嫌なんだ。
紫陽花とかムクゲとか芙蓉って、害虫が付きやすいからきちんと消毒しないとあっという間に害虫の温床になって汚いだけ。

がっかりして轟々たる風の中を路地に引き返す。
けっきょく、わたしは1匹の猫のこともわからないし、1人の人間のこともわからないんだ。
猫も謎、人間も謎。
この世はわたしにとっては謎だらけ。

それにしても嫌なのはこの風。
おまけに気温が下がって風がいちだんと冷たくなってきたことだ。
これじゃわたしはますますパンダのことが心配だ。
外猫でこれなのだから飼い猫となったらどんなだろう。

そんなことを思いながら路地の反対側を抜けようとしたところでこんどは「だいじょうぶですか!!」という大きな声がして、道端に集まっているたくさんの人・・・・・・
見ると、老婦人が道端にうつ伏せに倒れていて、顔をしたたか打ってしまったのか鼻から鼻血がダーッと出ている。
ああ・・・、と思わず力が抜けそうになった。
このあいだの父もきっとこんなだったんだろう、と思ったら目の前の老婦人の姿が父の姿に変わってしまって、一気に心臓がドキドキした。
もし、わたしがその場に遭遇してたら寿命が縮まったに違いない。

最近、いいことと悪いこと、楽しいことと不安なことがほぼ同時に起こるので落ち着かない。
季節の変わり目っていつもそんな風だといってしまうこともできるけど。
猫が行方不明。

|

« 渡邉知樹展/食卓のある風景 | トップページ | とりあえずいたからよかったけれど・・・ »

season colors」カテゴリの記事

コメント

外猫達は、いつもいるだろうと安心していたら
ふといなくなります。
私が連れて帰る子達はみな、えさやりさんが
心配するだろうから、声をかけていくけど
30年も猫にえさをやり続けている知り合いの
おばさんは色々なことを経験して、見てきたんだなぁと
soukichiさんの記事を読んでふと思いました。

また、パンダと会えますように。
心配かけたらあかんのよ、パンダ。

投稿: ノブタ | 2016年6月 7日 (火) 18:52

ノブタさん、ごめんよ!

この記事だけアップしたらぜったい心配するコメントがくるだろうなあ~
と思いつつ、時間がなくてつづきを書けないままアップしちゃいました。
パンダとはこの翌日会えたんだけど、なんだかやっぱり元気がなくてね、
ますます心配しちゃったんだけど、毎晩バスルームでセルフヒーリング(怪しい?)
するときパンダにも宇宙のエネルギーを送ってたら、翌々日くらいにはまたごはんをもらいにくるようになって、例によってアホなので、わたしってアニマルヒーラーになれるかもなあ! とか子供たちにのたまっておりましたですcoldsweats01

ただ、まだ本調子じゃないのかなあ・・・
声がちょっとハスキーなことを考えると風邪をひいてるのか。
季節の変わり目、そして梅雨時っていうのは外猫さんにたちにとっても体調を崩しやすい時なんでしょうねえ・・・

ノブタさんのいうことはほんとだね。
いままでもパンダ以外の野良猫はみんないつの間にかいなくなりました。
そして、これまでも何度か真剣に考えたけど、今回もまた捕獲することを考えた。
それでいっそノブタさんに電話してみようかとか考えてたらコメントがきたのでびっくらしましたです。
ただ、パンダはどう少なく見積もってももう5年以上は野良やってる生粋の野良猫なんだよね。
そして周囲の人から近所の子どもみたいに声かけられてるの見て、まだそれなりにしあわせにやってる野良猫なのかなあ、とか。
いろいろ考えちゃいますね。

やさしいコメント、ありがとうheartcat

投稿: soukichi | 2016年6月13日 (月) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡邉知樹展/食卓のある風景 | トップページ | とりあえずいたからよかったけれど・・・ »