« イモーテル ** | トップページ | シャルロット・オースティンの2番花が咲いた! »

2016年6月18日 (土)

今日のパンダ、今日の月。

160618panda

白い柵の間から撮ったパンダ。
パンダはすっかりこの家の庭が気に入ったみたいだ。

160618panda_01

ここは路地の奥にあって道に囲まれ、日当たりもいいし風も通る。
敷地は広くて家のまわりには花も咲いてるし、ハグハグできる草もある。
ゆっくりお昼寝できる木のステップだってあるし、黒猫きょうだいの友達もいる。
柵で仕切られてるから外の人間は入って来られないし、車やバイクからも安全だ。
今日は夏日の蒸し暑い日で、夕方通りかかるとパンダは室外機の風にあたってるところだった。なるほど、まだ今日あたり熱風じゃないしね。

160618panda_02

最近、パンダがぱっちり両目を開けてるところを撮れずにやぶにらみの顔ばかりなのは、眩しいからなのか、あの多頭飼いのおじさんが夜フラッシュを焚いて写真を撮るせいですっかりカメラを向けられるのが嫌になっちゃったのか。もともと猫はカメラが嫌いだ。でも、とくに夜、猫の顔の間近でフラッシュ焚いて写真を撮るのはやめてもらいたい。そんなの人間だってヤダと思う。

160618panda_03

パンダは今日は比較的元気に「にゃあ、にゃあ」と鳴いてくれたけど、それと同時に黒猫きょうだいがあたりかまわずうるさく鳴いて近寄ってきたからパンダにごはんをあげるのはあきらめて離れた。

160618panda_04

これまでなんどか真剣に捕獲を考える機会があったけど、パンダにとってはラッキーなことにこの通りは二軒続きで超猫好きの家が並んでいて、家主さんは先住猫がいて野良猫までは飼えないまでも、それなりにケアしてくれそうだからもうわたしが心配することもないのかな、と思う。
猫きょうだいだっているし、今年の冬は思いのほか暖かく過ごせるかもしれない。
そうなることを祈るよ。はっちゃん。

160618panda_05

さて、満月前の今日の月。

160618moon

|

« イモーテル ** | トップページ | シャルロット・オースティンの2番花が咲いた! »

今日のパンダ♡」カテゴリの記事

コメント

お外の子を家の中に迎えるのは
大変なことです。
出来ればお家で・・・そう思うのは
人のエゴかもしれません。

人慣れしたゴロゴロスリスリの子であれば
話は別なんですが・・・
(そういう子は虐待目的にさらわれます)

そうでなければこのまま見守られているのが
いいのかもしれません。

投稿: ノブタ | 2016年6月21日 (火) 22:12

ノブタさん、

そうかもね。
わたしもそう思います。
真夏の死ぬほど暑いとき、そしてそれ以上に雪降る厳寒のころともなると、
どうしたってまた心配になっちゃうんですけどね。
でも猫は自分にとって居心地のいい場所を見つけるのの天才だし、幸いこの
2軒続きの猫好きさんの家はこのあたりでは広い敷地の上に建っていて、
猫が隠れるところはいっぱいあるし、真冬になったら何か対策してくれるかも
しれないし・・・・・・
そう思って、ときどき安否確認するだけにしようかな。

投稿: soukichi | 2016年6月23日 (木) 23:34

Soukichiさんが、猫と暮らすのなら
お花を家に飾れなくなります。
猫は、700種類を超える植物がダメらしいです。

食べ物も魚介類や穀物もダメなものがあり
でも、ほとんどの猫のカリカリには
とうもろこしが入っていたり・・・

私のやっている預かりと里親さん探しも
結局はエゴの塊なのかもしれません。
そんな思いから上のコメント欄に
書いたのだけど、あとで読み返すと
まるでSoukichiさんがのことをエゴだよと
言っているみたいで、すみませんでした。

寿命は短くても、外で暮らす方がいい子もいて、
家で危険にさらされることなく、いつだってご飯が
食べられる猫とどちらが幸せなのか、私も
答えが出ていません。。。

でも、一度でいいから猫と暮らしてみて下さい。
今より倍の幸せを感じられるから・・・

投稿: ノブタ | 2016年6月24日 (金) 20:47

ノブタさん、

全然そんな風に受けとらなかったから心配しなくていいよ!
いつも思うんだけど、人に何かをはっきりいうときは相手に全幅の信頼を置くことです。この人ならわかってくれる、という・・・
少なくともわたしはそうされたいタイプですね。
わたしはノブタさんがどういう人かわかってるつもりだよ。
だから単純に言葉通りに受けとりました。
自分の考えがエゴじゃないかということについては、野良猫についてじゃなくてもよく考えます。

そして野良猫パンダのことについてはこれまでずっと考えてきたから。
花が飾れないどころか、まずこの4階の部屋じゃ無理ですね。危険すぎる。
万一、窓から飛び出されたりしたらそれでOUTです。
そして精油も焚けない。
CDラックも本棚もいまのままじゃだめですね。
それに、わたしは味噌をつくるから、猫の毛がふわふわしてたら困る。
子どものときに叔母の家で蓄膿症のヨークシャテリアの犬の毛入りプリンを食べさせられて以来、けっこうなトラウマです。

いつか・・・
ここから引っ越して環境が変わって、いろいろな制限がなくなったら猫と暮らすというのは夢ですね。
そういう日が来るかどうか、いまはわからないけれど・・・

投稿: soukichi | 2016年6月24日 (金) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イモーテル ** | トップページ | シャルロット・オースティンの2番花が咲いた! »