« 風のある朝 | トップページ | 梅雨入り間近 »

2016年5月24日 (火)

生きる光

16spirit_of_freedom_01

午後、ますます風が強くなった。
今年はつぼみをいっぱいつけたスピリット・オブ・フリーダム。
まだこのばら本来の咲きかたとはいえないけれど、いくつかは木についたまま萎れることなく咲くことができた。よくがんばった。
要するに、わたしのやり方がダメなんだ。
来季はこのばらをオベリスク仕立てにしてみよう。
そういうばらはほかにもあるはず。

16florence_delattre

夕方、郵便局まで行った帰りに見た光景。
ちょっとさみしくなっちゃうようなシャビーなアパートなんだけど、玄関前のわずかなスペースを鉢植えの花でいっぱいにしていて、痩せたシャビーな初老の男の人がホースの先につけたハス口からシャワーのようにたっぷり水を撒いていた。その水が西日を浴びてきらきら輝いていて、きれいで、どんな環境にあっても花を育てる人っていいな、と思った。
同時に、どんな人生にも光があって、この世に生を受けたからにはそれをまっとうしなければならないという事実に打たれた。大げさじゃなく。

ライラックいろの小さなばらは、一見地味に見えるけど、どこか優雅で雰囲気のいいばら。
フローレンス・ディラットレという、名前もいい。

|

« 風のある朝 | トップページ | 梅雨入り間近 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 薔薇の花はきれいだけじゃなくてドラマがありますね 他の花にしても、 どんなひとにも光かあってというところはうなずいてしまいました。見落としてしまいそうになるときもあるけど。薔薇を育てたいなあ。いつか育てる予定しています話は変わりますがブルーはスカイブルーとか海の色のイメージなんです ナチュラルな、それでいてシンプルだったり広くて自由なイメージです。青色すきなんです。母もいまは落ちついて毎日を過ごしています。薬があっていたりスタッフさんもいい人に恵まれています。近況報告まで

投稿: ひろ | 2016年5月26日 (木) 12:52

ひろさん、よかった!

お母さま、合うお薬があって、いいスタッフさんに恵まれて
落ち着かれてよかったです。
離れて暮らしていたら遠くで気をもむだけでしょうから。

実はわたしもこの花に水をやる人を見ながら父のことを考えてました。
退院2日後に転んでひどい怪我をして人からわーっといろいろ言われて
以来、父はあまり笑わなくなって不機嫌な顔をしていることが多くなった
ような気がします。
だんだん身体が思うように動かなくなって、大事なことを覚えていられな
くなって、友達もいなくなって、危険だからと人からいろいろ制限されて
つまんなくなって、でも生ある限り生きてかなきゃならない。
でも、そういう人の人生にだって光り輝くときはあったし、いまだってそう
いう瞬間はあるんだと、そんなことを考えてました。
犬や猫など、動物もしかり、です。

ブルー、私も1番好きな色です。
3年前の誕生日だったかな、『晴れた日の海のように透き通る、爽やかな
ネオンカラー』というキャッチとともに輝くブルーの石に魅せられて、グリーン
ブルーアパタイトの小さな石がついたネックレスを買って以来、
それがわたしのお守りです。

ばら、いつか育ててみてくださいね。
ばらも一鉢か二鉢だったら全然たいへんじゃありません。
『星の王子さま』のように、自分だけのとっておきのばらを見つけて。

投稿: soukichi | 2016年5月29日 (日) 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風のある朝 | トップページ | 梅雨入り間近 »