« 色づくつぼみ | トップページ | まるで台風一過 »

2016年5月 3日 (火)

静岡からいちごが届いた!

16beni_hoppe

今日、玄関のチャイムが鳴って娘が出ると、わたしが通販で買ったジャム

用のいちごでした。突然届いたのでびっくり!

今年は静岡は南伊豆のいちご園から来た『紅ほっぺ』。

実はうっかりジャム用いちごを買い忘れたことを5月になってから思いだし

あわててインターネットで検索して見つけた、これが最後のひと箱でした。

でも最後のひと箱といっても小粒ながらいちごの状態はとてもいい。摘み

たてを送ってくれたらしく新鮮で、ジャム用といいつつ悪くなったようなのは

ひとつも入ってなくて逆に驚いたくらい。

ただ去年は冷凍いちごだったからいつでも好きなときに作れたけれど、今

年は生だからそういうわけにはいかない。勢い今日はジャムを作らなきゃ

いけないことになって、連休で家にいると何かとやることができちゃうもん

ですね。まずはいちごを洗ってよく水切りしてからヘタを取り、水分を布巾

でとって量ります。

16beni_hoppe_01

大きなボウルに山盛りいちご。

1654グラムありました。甘さ控えめにして糖度は35%にしよう。

いちごのほかに使うのはミネラル分の多い洗双糖579グラム、それに国

産レモン1個。昨日、何気なくそら屋さんでグリーンジャンクションの大き

なレモンをひとつ買っといてよかった!

そして、うちではいつもパスタをゆでるときに使う大きなステンレスの鍋に

まず砂糖の3分の1量といちごの3分の1量を入れてざっと混ぜ、同じよう

に砂糖、いちごと順番に入れて、最後に絞ったレモンの半量をふりかけて

4~5時間置く。果汁が上がってきたところで鍋に火をつけ、きれいな木ベ

ラでやさしくかき混ぜながら砂糖を溶かす。いったん沸騰すると、そこから

はどんどん白い泡のようなアクが出てくるので焦らずそれをひたすらすくい

ときどき木ベラでかき混ぜる。いちごがいったん、ぶわあっとふくらんで色

が抜けたようになっていたのが、ふたたび濃い色になったころが果実に砂

糖が入った目安。沸騰から約30分後を終了の目途に、煮詰めてゆく。

ジャムテスト(コップに水を入れてジャムを一滴落とし、すぐに散らずに底ま

で着いたらOK!)をして、気持ちゆるめなくらいで火を止める。(それくらい

で冷えるとちょうどよくなります。)

ジャムが熱いうちに、あらかじめ煮沸消毒して自然乾燥させておいたビン

に詰めて、蓋をして完成! 冷えたら冷蔵庫へ。

今年は適当に家にあった大中小、様々なビンに詰めて8個できました。

まずはいつものボンヌママンのビン。

16ichigojam

今年はちょうどいい小粒のいちごだったので全くつぶさずに、見るからに

プレザーブスタイルです。娘いわく、赤クラゲの瓶詰めみたい、ですと。

ラベルに『赤クラゲの塩漬け40匹入り』と書いて酒飲みに進呈したらどん

な反応するかなあ? といって家族で笑ったのでした。アホな家族です。

寅印菓子屋さんのジャム瓶にも詰めてみました。

Soooo,CooooL!

16ichigojam_01

黒い蓋に、赤クラゲがいっそう際立ってます。

ビンに入りきらなかったのをひと口試食してみたら、うんまーーーい!

自分でいうのもなんだけど、なんだか今年はめちゃくちゃよくできました。

やっぱり素材がよかったのかなあ?

果実がまるごとゴロっと入った、甘すぎないいちごジャムのできあがり。

16ichigojam_02

よかった。これなら友達にもあげられそうです。

実はわたしのジャムを待ってくれてる友達がいるのです。

冷蔵庫を開けるといまはいちごジャムだらけで真っ赤だけど、うちの分数

個残したらあとはあげちゃうから、たぶんあっという間になくなっちゃうだろ

うと思います。

|

« 色づくつぼみ | トップページ | まるで台風一過 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色づくつぼみ | トップページ | まるで台風一過 »