« ばらに降る雨 ** | トップページ | 黄色いばら »

2016年5月10日 (火)

焼きたてスコーンで朝ごはん♡

16jamscone_01

同僚に手作りいちごジャムと一緒に焼きたてスコーンを送ったら「プロ級!」と褒められたのに気をよくして、ってわけでもないのだけれど、今朝もスコーンを焼きました。
スコーン焼くのもこれで何度めだろう?
前にも書いたけど、小麦粉に冷たいバターをなじませるのがすごく好きなのです。
なんどやっても気持ちいい。
これもある種のフェティッシュっていうのかなあ?
こんなにおなじものを立て続けに作ることも滅多にないので、だんだんうまくなってきました。それにつけても、このレシピの分量が覚えやすくて優れてるせいだと思う。
ヨーグルトを入れた生地のふわふわ感。
なんともいえません。
そして、食べておいしい。
前の記事でレシピをリンクしておいたのだけど、わかりにくかったみたいなのでここに書いておこうと思います。

***********************************************************

● 焼きたてスコーンで朝ごはん

< 材料 > 直径5センチの抜き型6個+α

 薄力粉  200グラム(全粒粉の場合は60グラムを全粒粉で。)

 きび砂糖   大さじ2

 アルミニウムフリーのベーキングパウダー 大さじ1

 塩ひとつまみ

 無塩バター 60グラム

 プレーンヨーグルト 60グラム

 玉子   1個

 牛乳   少々

< 作りかた >

 1.ボウルにそれぞれ計量した薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、

   ひとつまみの塩を入れてふるっておく。

 2.1のボウルに1センチ角に切っておいた冷たいバターを入れ、

   カードで切りながら混ぜ、バターが小さくなったら両手を使って

   擦り混ぜ、粉とバターをなじませる。

   目安はカッテージチーズか、おからみたいな感じにボソボソした

   ところでOK。   

 3.2の粉の真ん中をちょっと凹ませたところに溶き玉子、ヨーグルト

   を流し、カードでまわりから粉をかけるようにしてすくいあげては

   切りすくいあげては切りしてこねないように混ぜ、粉っぽいうちに

   ざっとまとめて打ち粉をした台にのせる。

   生地をやさしくハンドプッシュして平たくし、半分に切っては乗せ

   切っては乗せを4~5回繰り返し、落ちる粉を中に入れながら生

   地をふんわりまとめる。

 4.最後に丸くした生地をハンドプッシュで2.5センチ(わたしの場合

   は人差し指の第一関節程度)くらいに平たく伸ばし、ラップをして

   冷蔵庫で一晩寝かせる。

 5.朝になったらオーブンの天板にオーブンシートを敷き、200度に

   予熱する。

   生地を5センチのまるい抜型で抜き、抜いて余った生地は丸めて

   伸ばし、半月や三角に切って天板にのせる。(切り口は鋭いほう

   がいいので触らないように。)表面にハケで牛乳を塗り、200度の

   オーブンで15分焼いて、できあがり!

16jamscone_02

こうやって文章で工程を見ると面倒に思えるかもしれないけれど、慣れれば生地はあっという間にできるし、できた生地を冷蔵庫に入れておけば、翌朝は型抜きしてオーブンに入れたら15分で焼ける。
それで焼きたてアツアツのおいしいスコーンが食べられるんだから、自分で作るのに慣れちゃったらもうスコーンも買わないと思うなあ。

今日はマスカルポーネチーズといちごジャムをのせて。
朝はやっぱり珈琲。
うちではふつうの薄力粉で作るより、バターの風味がより感じられる全粒粉のスコーンが人気です。

|

« ばらに降る雨 ** | トップページ | 黄色いばら »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばらに降る雨 ** | トップページ | 黄色いばら »