« 今季最後のいちごジャムと絶品パンケーキ | トップページ | ゼラニウムの香り »

2016年5月21日 (土)

人生の謎

16rose_in_the_bottle

明日は満月だから、朝おきてから2時間しゃかりきに掃除して、それで時間がなくなってキッチンでRのことを考えながらサラダを作りはじめたらなぜか自然と『Golden Slumbers』を口ずさんでいて、『Golden slumbers fill your eyes/Smiles awake you when you rise/Sleep,pretty darling,do not cry/And I will sing a lullaby』って、いま起きたばかりなのにね。それから『アビー・ロード』のB面の流れでそのまま『Boy, you're gonna carry that weight/Carry that weight, a long time』と歌って、あ、それでか、と思った。

授業の予習をするために入った昼間のハイテックなカフェ・バーで、テーブルにランチ(いまでも覚えてる、焼いたマフィンに大きなフランクフルトソーセージ、フライドポテトとサラダが載ったアメリカンなランチプレート!)を持って来た店員の男の人が、いったん厨房に下がったと思ったらすぐまた出てきて、わたしの前の椅子を引きながら「ここに座っていい?」というから、頭を『?マーク』でいっぱいにしながら「どうぞ」といったら質問攻めにされた。
それがすべてのはじまりだった。

ひととおり質問に答えて、これじゃなんだかまるでお見合いみたいだねとわたしがいったら、Rはオレはロックバンドでドラムを叩いてるんだ、こんどここでみんなで集まるから君も来ないか、といった。バンドのメンバーを紹介するよ。
みんなカッコイイぜ。
そのときR21。わたしは20。
21という若さですでにRにはフィアンセがいた。それがTちゃんだ。
あのときはまさか、RともTちゃんともこんなに長いつきあいになるとは思わなかったし、ましてそのあとRから紹介されたバンドのメンバーの1人と結婚することになるなんて、ぜんぜん思いもしなかった。人生はわからない。

そんなだから、非常事態が起きたとき、多少躊躇はしたけど真っ先にRに(SOSの)電話をして、「わたしが結婚した責任の一端はあなたにもあるんですからね」なんていってしまったのもある意味しかたがないというものだ。
Rは「そうだな。わかった」といった。
変なひとだ。

Rもわたしも唯一無二の相手と結婚したはずだった。たぶん。
わたしの結婚はダメになったけどRは無事円満につづいてる。(たぶん)
でも、わたしは男と女ってなんだろう、夫婦っていったいなんだろう、と思う。
わたしにとってはどちらも謎でしかない。
ただ、男の謎の一端についてわかったことがあるとしたら、ときどき一家の長とか、世帯主とか、家族って重いよ、ってこと。
やってみてわかった。

そして多くの謎に包まれた去った人のブラックボックスについてはわたしにはもはや解きようもないけど、Rの謎はいつか解かれて愛する人に分かち合われ、ハッピー・エンディングを迎えることができるんだろうか。
友達として、そうなることを望むけど、いずれにしてもみんな我慢してないでもっと自分に正直になったほうがいいね。
自分がどうしたいのかはっきり言ったほうがいいよ。
傷ついて免疫力の落ちた細胞が病になる前に。

それで、いっときの感情にまかせて人に何かをいったりするのはよくないとは思うんだけど、いつか、わたしが抱える謎についてあなたと話す日はくるんだろうか。
それともそんな機会はついぞくることなく、終わりを迎えるんだろうか。
R、どう思う?

|

« 今季最後のいちごジャムと絶品パンケーキ | トップページ | ゼラニウムの香り »

モノローグ」カテゴリの記事