« 白いトレリス | トップページ | 朝がゆ *** »

2016年4月10日 (日)

85歳を祝う

160410koya_2

去年の父の誕生日のお祝いは吉祥寺の美登利寿司に父と妹、わたしと息子と娘の5人で行った。ものすごい長蛇の列で、なんと2時間以上も待たされてやっと豪華なお寿司にありつけたのだった。
今年、父の85歳を祝う誕生会は妹がみつけた阿佐ヶ谷の中華料理屋へ。
といっても円卓を囲むような豪華なのじゃなくて、ごくごくカジュアルなランチ会。
なんたって肝心の父がもう小鳥程度しか食べられないのだからしかたがない。
店は上海台所というだけあって、賑やかな食堂みたいなところ。
ここは昼も夜も混んでるのだそうで、店内は賑やかだった。

ランチタイムでもメニューに書いてあるものは何でもできる、ということだったけれどランチが手頃でおいしそうだったから4人で別々のものを頼んでシェアすること。
それ以外に一品料理を何品か。
ランチはメインのお皿がひとつに、ごはんに中華スープにパスタのサラダ。
ごはんはおひつでやってくる。
出てきた料理は近頃のランチにしてはめずらしく皿にあふれんばかりのボリュームで、みんなでシェアするのに十分な量。ただし、日本料理と違うのは、こちらの食べるペースに関係なく、できた順にどんどん持ってこられてしまうことで、瞬く間に狭いテーブルがいっぱいになった。

いつものことなのだけど父は変わった人で、どこに行っても付きだしに出てきたなんてことない料理やスープばかり食べていて、そんなことしてるとそれだけでお腹いっぱいになっちゃって肝心の料理が食べられなくなるから、と妹がいくらいっても聞かない。
きっと家でもいつもそうなのだろうけど、妹はちょこちょこまめに世話を焼くけど父にはそれが鬱陶しいらしく、父は人がどう食べようがいいじゃないか、いちいちうるさい、といっている。今日は家を出る前にすでに父が不機嫌になるようなことがあったらしく、いちど不機嫌になったら一日駄目なんだよね、と妹。

その不機嫌な顔で口いっぱい頬張って食べているわがままジーサンの顔を見ていたら感謝の気持ちなどからはほど遠く、せっかくの日曜にみんな時間つくって集まってるのにやれやれ、という気持ちになった。
(今日は息子は来なかったけどこれだもん、しかたがない。)
よほどタイミングでも合って体調もよく、気分でもよくない限り父にとってはもう食べることすら楽しみではなく、まるで仕事か義務のようだ。
そういう人と一緒に食事をしても楽しいわけもなく、ただひたすらテーブルの上の皿を温かいうちに片づけるのに集中してお腹いっぱいになった。
どれも四川料理というほど辛くはなかったけど、エビチリも白身魚の甘酢ソースも大根餅も小龍包もスープもおいしかった。

怒涛のランチタイムが終わってテーブルが片づき、もうお腹いっぱいだったけどさっぱりしたくて女三人だけ食後に杏仁豆腐を頼んだ。
でもこれはさっぱり、というよりまったり濃厚で量もたっぷりすぎた。
おいしかったけど食後はフルーツと一緒にシロップに浮かんだあっさりのがよかった。

帰りはまた来た通りみんなでバスに揺られて近くのバス停まで帰り、実家で妹に頼んで録画してもらっていたデヴィッド・ボウイのドキュメンタリーを見た。すごく面白かった。
とくに往年のヒット曲がどんなふうに作られたかというところ。
当時のプロデュサーやミュージシャンがまるで昨日のことのように話すエキサイティングな口調や、実際に再現してみせる音や、何より何十年も経ったいまでも彼らがミュージシャンでありつづけていることに圧倒された。
唯一無二の、不世出のアーティストでありながら自ら戦略的にビジネスに参戦していくところや、多面的な人格を演じて他人に正体を掴ませないところがウォーホルにすごく似てると思った。
父は最初こそ真剣な顔でテレビの画面を見つめていたけど、すぐにうとうとしはじめた。

それを見ながら昔、わたしがまだティーンエイジャーだったか20代の前半だったころ、テレビ中継されたシンディ・ローパーのライブを夢中で見ていたら父も一緒になって最後まで見て、見終わるや「この人の歌いいね。感動した!」というので、「シンディ・ローパー聴いて感動するなんて父センスいいよ!」といったことを思いだした。
あのころは父もまだ若かった。
父はもともと気が長くて穏やかな性格の人だった。
母は年じゅう怒りんぼだったけど、父は基本いつもにこにこしていた。
でもすべては歳月の向こうに消えてしまった。

160410koya_01

上海台所 鍋家(KOYA)
ランチタイムは11時から午後3時までで、ランチのメニューはマーボ豆腐の770円からエビチリソースの900円まで6種類。ごはんはおかわりし放題。
お味とボリュームからしてこのお値段はリーズナブル。
阿佐ヶ谷駅からはすこし歩くけど、また機会があったら行ってみたい。

|

« 白いトレリス | トップページ | 朝がゆ *** »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

誕生日を祝えて良かったですね。
お元気に過ごされること祈っています。
昔の事ですが、パールセンター入り口に
小さい小さい大衆中華料理店があり、
餡かけ風の焼きそばが美味しくて良く通いました。
阿佐ヶ谷は青春の城下町です。

投稿: 気まぐれ | 2016年4月11日 (月) 21:27

気まぐれさん、

メッセージありがとうございます。
わたしの願いもそれだけです。

阿佐ヶ谷、気まぐれさんが通った頃とは当然ちがうと思うけど、
でも、いま行ってもきっと楽しい街なんじゃないかと思います。
いろんな意味で面白い街です。
何かの折りに東京に来られるといいですね(^-^)

投稿: soukichi | 2016年4月16日 (土) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白いトレリス | トップページ | 朝がゆ *** »