« キャラメルバナナマフィンとカスタードプリン | トップページ | 鎌倉やさい »

2016年3月26日 (土)

困ったもんだなぁ・・・。

16toukaizakura_01

昨日めずらしく夜に家の電話が鳴って、出ると妹だった。
「あの、先日はお世話になりました」とあらたまって他人行儀にいうから何かと思えば、「実は今日、父が転んでケガをしてしまったんだ」というので、「ええっ?!!」とびっくりしてしまった。
担当医はもうお風呂に入ってもかまわないといってたから、てっきり昨日はいつもどおりデイサービスに行ってるものと思っていたけど、どうやらそうじゃなかったらしい。
退院した後に熱が出る場合もあるから、という医師の言葉を受けて、大事をとってデイサービスは来週からにしたのだそうだ。退院してからのここ数日も寒の戻りで寒かったから、まさか父が外に出かけるとは妹も思ってなかったんだろう。

ところが、昨日みたいな寒い日に、よりにもよって父は家から父の足だとゆうに片道20分はかかりそうなスーパーマーケットに買いものに行き、いっぱいに買いものをして両手荷物で家の近くまで戻ってきたところで、疲れて足がもつれたんだか何かに躓いたんだかわからないけど、転んでしまったのだという。下はコンクリートで、両手がふさがっていたから顔から転んであちこち切って血まみれになって倒れているところに若い男女が通りかかって、「だいじょうぶですか」と声をかけているところに近所に住む昔からの母の友達が自転車で通りかかって、こりゃ大変だ!とばかりにすぐに妹の職場を調べて妹に電話をくれたのだという。

妹の話を聞いてるだけでも事の顛末が頭に浮かんで、もうまったく。退院したばかりだっていうのに何やってるんだか・・・・・・ (>_<) という気持ちになったけど、いまの様子を聞くと、父は顔のあちこちをぶつけて腫れたり擦り傷ができたりしていて、見るも無残なことになっているらしい。舌も切ってしまったから、しばらくはまともにものも食べられない状態だという。
いったいそんなことになるほどスーパーで何を買ったのかというと、お味噌とかジャガイモとか、重いものばかり。しかもみんな家にあるものばかり。という妹の言葉を聞くと、父はもうほんとうにまともな判断力が全然なくなってしまったんだなあ、と思う。

入院するまでだっていろいろあって大変だったのだ。
それがやっと緊張するオペも終わって、無事に退院してまだたった2日でこれなのだから、一緒に暮らす妹のげんなり感たるやハンパないけど、今日は妹より近所のおばさんが烈火のごとく怒って、「どうせ娘のいうことなんか聞かないんでしょうから、わたしが言ってやる!」とばかりに痛い思いをしてへばっている父にこんこんと説教したらしい。
父としては泣きっ面にハチだけど、自業自得だからしかたない。

職場から現場に駆けつけた妹と家に帰り、忙しいなか往診に来てくれた近所の医師の処置を受けた後は父はしばらくしゅんとしてたけど、心配する妹を気遣ってか、いまは「おとうさんはだいじょぶだ。たいしたことない!」とカラ元気でいるとのこと。
唯一、不幸中の幸いだったのは見た目の酷さの割には骨折とかはしていなかったこと。
それで妹は、父の顔の腫れは今日より明日のほうが酷くなるだろうし、しばらくは流動食しか食べられないから何を作ってあげるとかいうのもないし、家で寝てるしかないからとうぶん1週間くらいはお姉さんは家に来ないほうがいいよ、という。
父の惨状を見たら姉はまたショックを受けるだろう、という妹の配慮なのだと思うけど、妹と話すなかで何度も「お姉さんは来ないほうがいいと思うよ」と繰り返すので、「わかった。それじゃあ、ほんとにしばらく行かないよ」といって電話を切った。

そうして今日、プール帰りに水道道路を通ればここ数日よりずっと暖かく、昨日はショックと怒りと落胆のほうが大きかったけど、ひとあし早く満開の桜の下にいたら、父もほんとに馬鹿だなあ。退院してすぐの昨日みたいな寒い日にあわてて出て行かなくても、今日まで待ったら暖かくてのんびり休み休み歩けてイタイ思いしなくてすんだのに、という不憫な気持ちになった。
前にも書いたけれど、父の脳のCT画像を見た医師が頭を抱えてしまったほど、父にはできることとできないことのギャップがあって、行動が予測できないのだからいけない。
たとえば医師が信じられなかったことのひとつに夕飯の買いものがあるけれど、父は問題なく買いものができるどころか、買ったものをいちいち帳面に付け、味噌汁と野菜炒め程度の簡単な料理だったら自分でできるし、洗いものもする。電話番号を見ながらだったら電話もかけられる。そして、これはわたしたちでさえ驚くことだけど、シルバーパスで都バスと都電を使って最も安い交通費で自分の好きな浅草に片道3時間近くかけて行って帰ってきたりする。それも近所の人や娘へのお土産を買って。
そんなふうだから、一緒に暮らしていると父がどの程度キケンな認知症患者なのかわからなくなってつい自由にさせていると、今回みたいなことになる。
といって、犬や猫みたいに紐でつないだり家に閉じ込めとくわけにもいかないし。
ほんとうに困ったもんだなぁ・・・・・・

プールの日は帰ったら帰ったでやることがいろいろあって泳いだだけで疲れてるし、目の下にはゴーグルの痕もついてるから基本もう家から出たくないのだけれど、夕飯の準備をして子供たちだけ食べさせたあと父に一筆書いて、もう夜の8時をまわってから朝焼いたプリンと一緒に、まとめ買いしたレトルトおかゆだの野菜ジュースだの重いものばかり持って実家に行った。もう遅かったし疲れていたので家には上がらず、玄関で荷物だけ渡してとんぼ返りして来た。
このあと1週間は妹のいうとおり実家には行かないつもり。
来週はいろいろ予定も入ってるし。
それで1週間と少しもすると、父の85歳の誕生日がやってくる。

16toukaizakura_02

|

« キャラメルバナナマフィンとカスタードプリン | トップページ | 鎌倉やさい »

父の認知症」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。

お父様の怪我、大事に至らなくて良かったです…!

そして妹さんとご近所の方の暖かさが 心にじわり。

伯母から布団干しや買い物の手伝いで呼び出されるのですが、最近仕事を始めたことと花粉症の悪化で一度 布団干しを断った(というか、無理よねと伯母が諦めた) 数日後に職場で体調を崩した話を伯母にしたら、心配されるどころか 外面がいい!と叱られました(笑)

(職場で)いい顔せずに無理なことは、無理とハッキリ言いなさい!と。

私が一番、気を使ってるのは職場の人にではなく身内、特に伯母に対してなので返す言葉もなく…

伯母の望む日に布団干しの手伝いができなかったことで、この言われようです。


母にしても伯母にしても
自己肯定力の高さというのか他者への否定的な捉え方は、どこからくるのだろう?と不思議だし少しわけてほしいくらいです。


投稿: 宵子 | 2016年4月18日 (月) 09:45

宵子さん、

メッセージありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

父のことは・・・、ほんとにね。
顔面骨折でもしてたらまた病院行きのとこでした。

これは年寄りだけに限ったことじゃないけど、意識、
頭で考えていることと実際にできることのギャップが
大きいんだと思います。
頭はいつまでもかつて自分が元気だったときのことを覚えていて、
まだそのときと同じようにできると思ってるから。
実際は、もうとうにできなくなってるのにね。

これは前にもいったかもしれないけれど、
宵子さんは繊細で優しいから、
人の言葉を受けとめ過ぎちゃうんだと思うよ。
もっと大ざっぱ、いい加減でいいのかもしれない。
年寄りの機嫌というのはとても気まぐれで変わりやすく、
それにいちいちまともにつきあってたら身がもたない。
それに彼らは私たちよりずっと忘れやすい。
いい意味でもっと『適当』につきあったほうがいいよ。

でもって年寄りのそういうのは、『自己肯定力の高さ』とは
いわないんじゃないかなあ?
少なくともわたしには、非常に自己中心的な、ワガママにしか
見えません。

まずは宵子さん自身ができないことをはっきり「できない」ということ、
自分を大事にすることを自分に許すこと、から、宵子さん自身の
自己肯定力がつくられていくんじゃないかと思います。

自己肯定力は相対的に何かとくらべて向こうが間違っててこっちが正しいと
いうことじゃなくて、何がどうあれ、ありのままの自分を「よしとすること」
だと思います。

問題だらけ、不備だらけの不完全な自分を「よし」とすることって
なかなか難しいけどね(^-^;

投稿: soukichi | 2016年4月23日 (土) 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャラメルバナナマフィンとカスタードプリン | トップページ | 鎌倉やさい »